8月25日放送の第8話が平均視聴率16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録するなど、絶好調のドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)。劇中で家政夫の鴫野ナギサ(大森南朋)が作る料理も話題となっている。そこで、料理家の栗原心平さん監修のもと、ドラマに登場した「ナギごはん」を再現します。

※材料は2人分です。レシピはすべて公式インスタグラムより引用。

【料理の監修は…】
料理家 栗原心平さん/料理家・栗原はるみさんの長男で、幼い頃から得意だった料理の腕を生かし、テレビや雑誌で活躍中。公式YouTube「ごちそうさまチャンネル」も人気。

煮込みれんこんハンバーグ

 第1話に登場。チームリーダーになったメイ(多部未華子)は、ナギサさん作り置きの『煮込みれんこんハンバーグ』を食べながらプレゼン資料を作る。

「いつものハンバーグに粗めに切ったれんこんを混ぜてシャキシャキ歯ごたえをプラス。繊維質も摂れて栄養面もバッチリです」(栗原さん)

■材料
れんこん…70g
A[合いびき肉…250g、卵…1個、薄力粉…大さじ1/3、塩…小さじ1/3、ナツメグ…小さじ1/6、黒こしょう…適量]
B[デミグラスソース缶…1缶、赤ワイン…大さじ2、ローリエ…1枚]
C[ケチャップ…大さじ1/2、中濃ソース…大さじ1/2、塩…小さじ1/4]
(付け合わせ)ゆでたブロッコリーやにんじん…適量

■作り方
【1】デミグラスソースを作る。小鍋に[B]の材料を入れて中弱火にかけ、混ぜながら熱する。全体がなめらかになったら[C]を加え、赤ワインのアルコールが飛んだら火を止める。
【2】れんこんは1.5cmの厚さに切ってから乱切りにし、水にさらしてアクを抜いたら水気を拭きとる。
【3】ボウルに[A]を入れて手でよく混ぜ、粘りがでてきたら【2】を加えて混ぜる。2等分にし、手のひらに打ち付けるようにして空気を抜いて楕円形にまとめる。
【4】フライパンを熱して油をひかずに【3】を入れ、ふたをして中火で焼く。焼き色がついたら返し、さらにふたをして焼く。
【5】両面に焼き色がついたら【1】を加える。ソースが煮立ったら弱火にしてふたをして、時々ハンバーグを返しながら焦げないように約6分煮込む。器に盛ってソースをかけ、付け合わせを添える。

野菜たっぷりカレー焼きスパゲッティ

 第3話に登場。ナギサさんの短期契約最後の日、ナギサさんが作った野菜たっぷりカレー焼きスパゲッティを食べながら「今後はひとりで家事もこなす」と誓うメイ。仕事も多忙なメイが、体を壊さないかナギサさんは気にかかる。

「冷蔵庫にある野菜を入れたヘルシースパゲッティ。作り方は簡単ですがカレー味という斬新さで、手抜き感ナシのお助けメニューです」(栗原さん)

■材料
れんこん…70g、玉ねぎ…50g、にんじん…30g、
ソーセージ…2本(50g)、にんにく(薄切り)…1片、
サラダ油…大さじ1/2、スパゲッティ…160g、
バター…10g、麺つゆ(3倍濃縮)…大さじ2、
カレー粉…大さじ1/2、青のり…適量

■作り方
【1】れんこんは3〜4mm厚さのいちょう切りにして15分ほど水にさらし、水気を拭きとる。玉ねぎは繊維に沿って薄切りに、にんじんは5cm長さのせん切りにする。
【2】ソーセージは5cm長さの斜め薄切りにする。
【3】鍋に湯をわかし、オリーブ油・塩各適量(分量外)を入れて、スパゲッティを表示どおりにゆでる。
【4】フライパンにサラダ油を熱し、にんにく、れんこん、ソーセージを入れて中火で炒める。れんこんに半分ほど火が入ったら玉ねぎ、にんじんを加えて炒め合わせる。
【5】ゆであがったスパゲッティは水気をよくきり、【4】のフライパンに加えてからめる。バター、麺つゆ、カレー粉を順に加え、手早く中火で炒め合わせる。器に盛り、青のりをふる。

鶏胸肉の旨辛しらたき和え麺

 第4話に登場。改めてナギサさんと本契約を結んだメイ。ナギサさんは、早速メイの「ジャンク&ヘルシー」のリクエストにこたえて200kcal以下の『鶏胸肉の旨辛しらたき和え麺』を用意。

「蒸し鶏は使い回しがきくので作り置きに便利。香り高いねりごまやたっぷりの薬味で、低カロリーメニューとはいえ満足間違いなしです」(栗原さん)

■材料
・鶏胸肉の蒸し鶏(作りやすい分量)
鶏胸肉…300g、水…500cc、酒…大さじ1

・鶏胸肉の旨辛しらたき和え麺(1人分)
しらたき…200g
A[しょうゆ・みりん・酒…各大さじ1/2、砂糖…小さじ1]
B[蒸し鶏のスープ…大さじ2、しょうゆ・みりん…各大さじ1、オイスターソース・すし酢・白ねりごま…各小さじ2、砂糖…小さじ1 豆板醤…小さじ1/3、ザーサイ(みじん切り)…10g]
白すりごま…小さじ1
蒸し鶏・トマト・きゅうり・パクチー・白髪ねぎ・ラー油・にんにくチップ(好みで)…各適量

■作り方
【1】鶏胸肉の蒸し鶏を作る。鶏胸肉は室温に戻し、皮を除いて厚さを半分に切る。
【2】厚手で深さのある鍋に水、酒を入れて火にかける。沸騰したら【2】を加え、ふたをしてすぐに火を止め、そのまま3時間以上おいて余熱で火を通しながら冷ます。蒸し鶏のスープはとっておく。
【3】しらたきは下ゆでして水気を切り、長さを半分に切る。フライパンを熱してしらたきを入れ、中火でから煎りする。
【4】しらたきの水分が飛んだら[A]を加え、焦げないように気をつけながら炒め、汁気がなくなったら白すりごまを加えて火を止める。
【5】ボウルに[B]を混ぜ合わせてタレを作る。蒸し鶏は5〜6mm厚さのそぎ切り、トマトは7〜8mm幅の拍子木切り、きゅうりは細いせん切りにし、パクチーは葉を摘む。
【6】器に【4】を入れて【5】のタレをかける。蒸し鶏、きゅうり、トマト、白髪ねぎ、パクチーを順にのせる。好みでラー油、にんにくチップをかけ、全体を混ぜ合わせながらいただく。

◆撮影/菅井淳子

※女性セブン2020年9月10日号