あの有名人に、実はこんな趣味があった……という話でよく引き合いに出されるジャンルのひとつに鉄道がある。最近では、鉄道ファンの意外な有名人といえば、将棋の藤井聡太王位・棋聖だろう。その藤井二冠が「乗りたかった」と惜しむ、今は使用されていない車両「189系」に乗ることが出来るようになったことについて、ライターの小川裕夫氏がレポートする。

 * * *
 将棋界の新星・藤井聡太二冠の快進撃が止まらない。史上最年少でプロ棋士デビューを果たすと、7月には史上最年少で8大タイトルのひとつ、棋聖を獲得。続けて8月には、王位戦を制して最年少二冠を達成した。

 初タイトルの棋聖を獲得後、日本テレビ系列のワイドショー番組「ZIP!」は桝太一アナウンサーが藤井新棋聖を訪ね、手土産として持参した鉄道模型をプレゼントした。桝アナが手渡した鉄道模型は189系と呼ばれる車両で、その顔には旧国鉄特急の雰囲気が漂う。そんな189系は、長野県を中心に2019年まで活躍した。

 189系の模型を受け取った藤井新棋聖は、満面の笑みをつくった。その一方で、「乗りたかった…」と悔しそうな表情を見せる一幕もあった。

 以前から藤井新棋聖が鉄道ファン、なかでも”乗り鉄”であることは将棋ファンの間では知られていた。同番組により、藤井新棋聖の鉄道好きな一面がお茶の間に広く知れわたることになった。同番組内で、藤井棋聖が乗りたいと熱望したのが東海道新幹線の最新型車両N700Sと、今では使われていない189系だった。189系は、急勾配で鉄道の難所と言われた信越本線横川-軽井沢間の碓氷峠に対応した1970年代製造の車両だったため長野運転所に集中的に配備され、在来線特急「あさま」に主に使用された。だが「あさま」は1997年に廃止されているので、2002年生まれの藤井二冠が「乗りたかった」のは、おそらく2019年3月まで走っていた、同じ189系車両使用の快速列車「おはようライナー」(長野県塩尻駅-長野駅)のことだろう。

 N700Sは最高時速360キロメートルまで出すことが可能で、7月1日から営業運転を開始。今後も第一線で活躍する藤井新棋聖なので、タイトル戦の対局で地方にも頻繁に移動するだろう。移動の際にN700Sを利用することは間違いなく、乗車するのは時間の問題と言っていい。

 一方、平日の朝に通勤客を運んでいた快速列車「おはようライナー」は昨年に運行を終了し、それとともに189系も現役から姿を消した。現在も平日朝の快速列車は走っているが、新型車両に置き換えられている。どんなに藤井新棋聖が乗りたいと願っても、走っていないのだから乗ることは叶わない。だが、その189系に「乗る」ことができる場所がある。

 1970年代に製造された189系は、「おはようライナー」以前にさまざまな列車として活躍してきた。特に「あさま」や「あずさ」などの特急列車として長野県を中心に走っていたこともあり、長野県民にとって愛着は強い。

 それだけに、引退後は長野県内の博物館や公園などで引き取る話が浮上しても不自然ではない。しかし、長野県内には鉄道車両を保存・展示する大規模な博物館が存在しない。

「『189系を長野県で引き取り、保存することはないのか?』といった問い合わせはありましたが、特に県民から強く要望されている話ではありません。引退後した後も189系をJR東日本が保管しているところまで、県では把握しています。しかし、それを県で引き取るという話は出ておらず、交渉もしていません。今般、コロナ対応で各所に予算を割かなければなりません。そのため、税金を支出してまで189系を保存することに理解を得られるとは考えにくいです」と話すのは、長野県企画振興部交通政策課の担当者だ。

 長野県が189系を保存・展示する気配は今のところないようだ。

 一方、長野県と接する群馬県安中市の碓氷峠鉄道文化むらには、多くの引退車両が保存展示されている。そこには、189系もある。

「碓氷峠鉄道文化むらには、特急列車『あさま』として活躍した189系が2両展示されています。189系は長野県と縁の深い車両ですが、群馬県でも人気の高い車両です」と話すのは、碓氷峠鉄道文化むらの大塚弘通館長だ。

 同施設には、2両の189系が保存展示されている。ひとつは、赤とベージュの車両。これは国鉄色と呼ばれるカラーリングで、往年の鉄道ファンは懐かしさを感じるだろう。

 そして、もうひとつがグレーとアイビーグリーンの車両。一般的にはモスグリーンと表現される深緑色は、厳密にはアイビーグリーンと呼ばれる。このグレーとアイビーグリーンのカラーリングは、JR色と認識されている。JR色の189系は、碓氷峠の最終列車として運行された記念すべき車両でもある。

 展示されている189系は特急「あさま」として走り、引退後に碓氷峠鉄道文化むらに引き取られた。藤井新棋聖が乗りたかったと熱望した「おはようライナー」と同じ189系。車両の形状も同じで、車体のカラーリングも同じ。つまり、藤井二冠が乗り逃した列車と同じ車両が保存・展示されている。

 同施設には、189系のほかにも鉄道史を彩ってきた貴重な車両が多く展示されている。それにも関わらず、予算面や人手不足もあって最近は展示車両のメンテナンスに手が回っていなかった。

 189系も長らく放置されたままになっており、車体の塗色は剥げ落ち、一目で老朽化しているとわかる状態だった。

「10年以上前から、色を塗り直したいという希望がスタッフ間で出ていました。しかし、車体の色を塗り直すだけでも1000万円近い費用がかかります。そうした多額の費用を捻出することが難しく、ゆえに放置されたままになっていたのです。ところが、鉄道愛好家から多額の寄付があり、それで資金を工面できたのです」(同)

 こうして、碓氷鉄道文化むらに保存展示されていた189系は、綺麗にお色直しされる。そして、7月12日にファンの前でお披露目された。

「7月12日にお披露目会をしたわけですが、9月13日に改めて正式なお披露目を実施する予定にしています。藤井二冠が乗りたいと希望していた『おはようライナー』に使用された189系車両は、長野総合車両センターに眠ったままです。中に立ち入ることはできません。しかし、ここに展示されている189系は車内に入ることができますし、運転席に座ることも可能です。多忙な藤井二冠ですからスケジュールの都合もあると思いますが、9月13日のお披露目に招待したいと考えています」(同)

 本来なら、189系に興味を示すのは鉄道ファンぐらいしかいない。しかし、今をときめく藤井聡太二冠が「乗りたい」と口にしたことで、189系を保存・展示する碓氷鉄道文化むらがにわかに注目の存在になっている。引退した車両がブームを起こすという、不思議な現象が起きるかもしれない。