日本各地には、絶景を楽しめる天空に浮かぶかのようなテラスがある。数あるなかから、長野、滋賀、三重、福井の、それぞれ特色を持つ天空テラスを紹介しよう。

■SORA terrace(標高1770メートル)

 北志賀高原の「竜王マウンテンパーク」頂上にあるテラス。天候の条件があえば、雲のじゅうたんが一面に広がる幻想的な別世界が広がる。雲海発生率62.9%以上(2019年パーク調べ)と、高確率で雲海に遭遇できる。眼下には北アルプス、妙高山のパノラマが広がり、天気のいい日は日本海の佐渡島を望める。最寄りの湯田中駅から無料シャトルバスも運行し、10月上旬以降は紅葉も見られる。

【住所】長野県下高井郡山ノ内町夜間瀬11700
【年内の営業期間・時間】11月3日まで。通常は9時〜19時、9月13・20〜22日は8時から、9月12・19〜21日は21時まで
【休業日】9月7日〜11日
【料金】往復乗車券大人2500円

■びわ湖テラス「Grand Terrace」(標高1108メートル)

 琵琶湖を望むレジャー施設「びわ湖バレイ」の敷地内、打見山の山頂エリアにある広大なテラス。山頂までは全面ガラス張りのロープウェイで約5分。3段構造のウッドデッキからは、雄大な琵琶湖を一望できる。カフェやダイニングも併設され、高級リゾート地に来た気分に。

【住所】滋賀県大津市木戸1547-1
【年内の営業期間・時間】11月23日まで。通常は9時半〜17時、土・日・祝は9時〜17時(営業施設・時間は時期により異なるので公式サイトで確認)
【休業日】定期休業期間あり。公式サイトで確認
【料金】往復乗車券大人3000円

■横山天空カフェテラス(標高140メートル)

 伊勢志摩国立公園内にある展望テラス。日本有数のリアス海岸は息をのむ美しさで、ウッドデッキからは英虞(あご)湾に浮かぶ約60の小島と、折り重なるように突き出た半島を一望できる。四季折々の自然も満喫でき、テラス内のテイクアウトカフェ「ミラドール志摩」では、志摩産あおさドーナツ(300円)などオリジナル商品を販売。

【住所】三重県志摩市阿児町鵜方875-20
【年内の営業期間・時間】展望テラスは常時開放 カフェは9時〜16時半
【休業日】荒天日

■三方五湖に浮かぶ天空のテラス(標高400メートル)

 美浜・若狭町にまたがるレインボーライン山頂公園に、4月にオープンした5つのテラスから。一番人気の「美浜テラス」では足湯に入りながら、日本海と国指定の名勝「三方五湖」を一度に眺めることができる。「五湖テラス」では、大きなソファに横になり寛ぎながら絶景を楽しめる。山麓のカフェでは、鯖のへしこなど地元特産品を使ったメニューも販売。

【住所】福井県三方上中郡若狭町気山18-2-2
【年内の営業期間・時間】9時〜17時、12月は9時〜16時半
【休業日】無
【料金】入園料大人900円

※週刊ポスト2020年9月18・25日号