歯周病治療でどのような選択をするか、歯を失ってしまった時にどのような治療を選ぶかは、非常に重要だ。保険か自費かを含め、費用が大きく異なる選択肢が示されることもある。それぞれの選択肢で何が異なるのかを患者自身も知っておいたほうがいい。『週刊ポストGOLD 得する医療費』より、ジャーナリスト・岩澤倫彦氏(『やってはいけない歯科治療』著者)がレポートする。

 * * *
 歯周病は細菌による感染症で、40歳以上の歯を失う原因1位。厚生労働省の調査によると、成人の8割が歯周病だ。

 歯周病は、歯肉だけが炎症している状態の「歯肉炎」と、炎症が広がり、歯を支えている土台の骨(歯槽骨)を失う「歯周炎」に大きく分けられる。

「歯肉炎」の段階なら、歯周基本治療であるSRP(※歯石やプラークを除去するスケーリングと、歯石などが付着していた部分を滑らかにするルートプレーニングの略称)と、患者が正しいセルフケアを実践できれば、完治可能だ。

 それを放置すると、「歯周炎」に進行して、骨を失う。この段階になると、完全に元のようには治せない。最悪の場合、進行して、歯が抜けてしまう。

 歯周病治療の第一人者・スウェーデンデンタルセンターの弘岡秀明院長は警鐘を鳴らす。

「歯周病はサイレントディジーズ(静かなる病)と呼ばれています。歯肉からの出血以外に、痛みなどの自覚症状がないまま、歯周炎に進行してしまうからです。大半の患者は、歯がグラグラ揺れるようになって、初めて歯周病に気付くのです」

 治療内容は保険と自費でほとんど差異はないが、治療期間だけは別だ。

 保険は治療手順や内容が厳しく規定されている。すぐに治療したくても、1回目は基本的にレントゲン撮影などの診査、診断で終わる。そのため、保険は自費に比べてどうしても治療期間が長くなる。

 自費の治療費は保険に比べて高額だが、治療内容に制限がないため、患者の状態に合わせて柔軟に対応してもらうことも可能だ。

 基本的な治療で大半の歯周病は治癒するという。

「歯周病治療の質は、SRPを担当する歯科衛生士の知識と技術に左右されます。専門的なトレーニングを受けたスキルの高い歯科衛生士がいるクリニックを選ぶことが重要です」(弘岡院長)

 大事な歯を失った時、必ず10年先のことを想定して、治療を選択したい。治療費の安さだけで決めると、次々と歯が抜けていく「抜歯ドミノ」が起きる場合もある。

インプラントは「ワンピース」と「ツーピース」で大違い

 抜歯後の主な治療法としては4つあるが、それぞれにメリット&デメリットはある。

 保険診療で一番安いブリッジは、支台となる左右の歯を鉛筆の先のように細くしてしまう。上からクラウンを被せるためだ。このように、歯を大きく削ると、歯の寿命を短くしてしまう可能性が高い。

 次に費用が安い部分入れ歯は、左右の歯にバネをかけて固定する。歯を削る量は少ないが、外れやすい、強く噛めない、などのデメリットがある。部分入れ歯が食事中に外れて、「誤飲」する事故も後を絶たない。

 インプラントは、チタン製の人工歯根を、抜歯した跡に埋入する治療だ。しっかりと噛めるし、外見からは天然歯と見分けがつかない。

 ただし、以前から問題となっているのは「格安」「激安」と宣伝されている、ワンピースタイプのインプラントである。たとえば10年後、他の歯が全部抜けてしまうと、残ったインプラントが自身を傷つける凶器となってしまう場合もあるのだ。標準的なツーピースタイプなら、上部を外すだけでリスクを避けられる。

 インプラントの権威・小宮山彌太郎院長(ブローネマルク・オッセオインテグレイション・センター)は次のようにアドバイスする。

「インプラント治療しかないとか、結論を急がせる歯科医は疑うべきでしょう。そして、必ずセカンドオピニオンを受けて、理解を深めた上で治療を決断してください」

 また、インプラントの耐久性には、手術後の定期的なメンテナンスが大きな影響を与える。

 セルフケアと合わせて、しっかり取り組まないと、インプラント周囲炎(歯周病と同様の症状)が起こる。悪化すると、インプラントが脱落する場合もあるので注意が必要だ。

 歯科医院選びも重要なポイントになる。「治療の前後に丁寧な説明を行う」真摯な姿勢が一つの基準だ。いずれの治療も「保険か、自費か」で費用が大きく異なる。費用だけを見て治療法を選ぶことには、リスクがあることを知っておきたい。

※週刊ポスト2020年10月1日号増刊『週刊ポストGOLD 得する医療費』より