「世間話が苦手」「嫌なコミュニケーションからは全部逃げている」と語るIT批評家の尾原和啓氏。それでもNTTドコモで「iモード」、Googleで「Android」の立ち上げに参画するなど数多くの企業で実績を残してきた。コミュ障でも仕事を上手く回せる秘訣はあるのか──ニッポン放送のアナウンサーで「元・コミュ障」の吉田尚記氏がその真髄に迫った。

 * * *
吉田:いきなりですが、尾原さんはコミュ障であることを自認されていると?

尾原:そうなんです、僕、コミュ障なんですよ。正確には、自分が価値を見出す場所でしかコミュニケーションをしないっていう特化型です。自分にとって嫌なコミュニケーションからは全部逃げているんですよ。リモート飲み会も何回か参加したんですけど、無理だった。

吉田:避けているコミュニケーションってどんなものですか?

尾原:世間話が無理なんです。過去と現在を確保するためのコミュニケーションに興味が持てないんですよ。要はマウンティングのための会話ですよね。あなたの昔の自慢話なんか興味ないよって話で(笑)。

 昔は「巨人・大鵬・卵焼き」の3つの話題を出せば誰とでも会話できたといわれていましたけど、パーソナライズ化されたネット空間で生きる現代人は、隣の人と自分が見ている世界がまったく違うってことがあるじゃないですか。一人一人に違うコミュニティが存在し、しかもそのコミュニティ内なら、好きな話を好きな相手といくらでもしゃべれる。わざわざ好きでもない話題を追いかけて、ほかのコミュニティの人間と会話する必要があるのか?って思っている人もたくさんいると思うんです。

吉田:いわゆる、「世間」というものがもう存在しないんですよね。僕、VR(ヴァーチャルリアリティ)に凄く興味があって、深く関わっているんです。そこで体験した盛り上がりを、ある大手テック企業の人にお話したら、「え、VRってもう下火なんじゃないの?」と言われてしまって。こんな近くで大きな「分断」があるんだと驚きました。

 だからこそ、どんなに分断された、パーソナライズ化された社会でも「視界がまったく違う人ともコミュニケーションをしていこうぜ」ってつもりで活動しています。

尾原:「越境」って言われる行動ですよね。自分の世界の中に閉じこもっている限り、その世界の外側にあるものを認識できないので、境界線を越えて外に向かおうよって話で。遠くにあるものとつながることで、新しい選択肢があるってことに気づける。今まで日本という国は、比較的「越境」をしなくてもいい環境だったんですよね。ただ社会がここまでパーソナライズされてしまって、隣の人とも見えている世界が違うというようになると、あちこちで強制的に「越境」が起こっちゃうわけですよね。「越境」がそうやって社会の大前提になる一方で、それぞれのパーソナライズされた世界の中に閉じこもるという選択肢もあるわけじゃないですか。

吉田:閉じこもるって選択肢を選ぶ人がたくさんいるのは間違いないと思います。でもそういう人たちって、パーソナルな空間に安住する一方で、潜在的な恐怖を抱えていると思うんですよね。選択肢がない中で閉じこもるのって、ものすごい恐怖だと思うんです。だから実際に使うかどうかは別として、武器を持っていれば、恐怖に駆られずに生きていけるような気がするんです。そういう意味もあって新著(『元コミュ障アナウンサーが考案した 会話がしんどい人のための話し方・聞き方の教科書』アスコム刊)ではコミュニケーションの技術を「武器」って表現したんですよね。

尾原:拝読しましたがすごく有用な武器を提供しているなと。この新型コロナによって、旅行をはじめとした物理的な移動が難しくなったときに、必然的に自分の好きの偏愛空間の中に引きこもれる方向に技術が進んでいていくのは避けられないことと思います。だけどひとつの世界に支配されることは、当然自分が狭くなってしまう可能性も抱えるわけで。それを防ぐために「越境」できる能力を持つということは、確かに大きな「武器」になりますよね。

尾原流「越境コミュニケーション」のコツ

吉田:尾原さんは分断された人と人を繋ぐことでイノベーションを生み出してきましたが、コミュニケーションが必須だと思うんです。それなのに世間話が苦手でコミュ障だという尾原さんのコミュニケーション技術にすごい興味があるんです。

尾原:世間話は苦手ですけど……例えば、未来はこの方向にあるとわかってるんだけど、終着点ははっきり見えてないという状況で、どうやってそこに辿り着こうか、ってことを話すのは大好物です。ほかにも、どこかの未来に向かおうとしてるときに、今お互いが何にわくわくしているか、みたいなことを探索的に話すのも好きです。

吉田:目的がある会話がお好きなんですね。

尾原:だから僕の「越境」ってすごい特殊で、「越境」のための「越境」というものをほとんどやったことがないんです。つまり、あらかじめ目的地を決めてから飛ぶんです。最近、エストニアの人とお話ししたんですよ。僕が求めているオープンイノベーションの極致ってオープンガバメントじゃないですか。だとしたら、オープンガバメントの最先端であるエストニアについて知らないといけない。だからエストニアの人と話そう……そういう順番で決めたんです。

吉田:エストニアの人とどういうふうにお話しされるんですか?

尾原:エストニアの歴史を勉強して、エストニアにおけるインターネットのキーパーソンのインタビューを見て、彼らの思想パターンを“装着”してから行くんです。だからいわゆる、未知の環境に飛び込んでいって、フィールドワーク的に「これは何?」って探りながら……みたいなことはやらないんですよ。ネットにこれだけの情報が溢れている現代では、目的地を決めた段階で、その目的地の言語や歴史、価値観を事前に予習できるわけじゃないですか。

吉田:スマホ1つでいくらでも検索できますもんね。

尾原:特にヨーロッパの人と会うときは、そういう下準備が凄い破壊力を発揮するんですよ。その国の歴史や古典の引用をしながら話すと、相手側が「こいつは俺たちにリスペクトがあるやつだ」って受け止めてくれるので、胸襟をすごく開いてくれるんです。だからこそ逆に、誰彼構わぬ世間話というやつが本当に苦手なんですよ。

吉田:一方で、尾原さんは自身が関係していないカンファレンスにも平気で行くじゃないですか。そのときはどうしているんですか?

尾原:全然分野の違うカンファレンスに行っても、それこそカンファレンス中にいくらでも調べられるじゃないですか。ミーティングやスピーチの途中で、自分のアンテナに引っかかるような発言があったら、その発言者についてその場で一気に調べて、それで話しかけに行きます。さきほどの吉田さんの表現を借りるなら、「武器」を手にしてからしゃべりに行くんですよね。だから僕はパーティでもほとんど、狙い撃ちしかしないんですよね。いわゆるパーティトークはほとんどやらないですね。

吉田:なんでも目的、議題のある会話にしてしまうんですね。

尾原:そうです。なので、人から声をかけられたときは、ものすごい無愛想なんですよ。そこはちょっと、やっぱり変なコミュ障なんで(笑)。

吉田:(笑)

尾原:事前にこちらがリサーチできていない相手とわざわざ話すのって、すごく効率が悪いと思っていて。だから、声かけてくださった方が万が一、実はすごい人でしたってあとからわかった場合は、とても丁寧なメールでフォローして、Zoomでお話しさせてくださいってするんです。

今の日本に一番足りない存在

尾原:イノベーションって、本来なら交わらない、遠くにあるもの同士をかけ合わせることで生まれるものなんですよね。

 今、一番枯渇している資源って未来なんです。未来を作ろうって起業家はたくさんいるんですよ。その起業家にお金を払うキャピタリストもいっぱいいる。エンジニアもだいぶ増えた。ただ、起業家自身が、自分ができるイノベーションに気づけないというシチュエーションが多いんですよ。そういうときに、この人とこの人を掛け合わせると化学反応が発生するんじゃないか……そういうマッチングをして行く先を指し示す人が、僕のような「カタリスト(媒介者)」や「フューチャリスト」と呼ばれる存在で、今の日本で一番足りてないと思うんです。

吉田:それでいうと僕の本は、そういう「カタリスト」や「フューチャリスト」になりたい人のための本って言ってもいいんですかね(笑)。

尾原:異なるコンテクストの人たちをコミュニケーションによって繋ぎ合わせて、新たなコンテクストを生み出す人たちが「カタリスト」なんですよ。言語が「越境」の壁みたいに思っている人がとても多いと思うんですけど、一番大事なことって、言語以上にお互いの価値観の壁をどうやって乗り越えて仲よくなるかって技術です。だから吉田さんの今回の本って、まさにそのための技術が凝縮されていますよね。

吉田:それは考えてなかったです。その話を聞いていて思ったのが、人ってイノベーションしたいという欲求が本能としてあるんじゃないかなと。僕がこうしてコミュニケーション術にこだわるのも、たくさんの人が「コミュ障」であることを恐れるのも、人間には本能的にイノベーションしたいという欲求があるからなんじゃないかと思って。

尾原:ちゃんとした学説があるわけじゃないんですけど、個人の直感としては人間って、本質の中にイノベーションを起こすことが組み込まれている生物だと思うんですよね。これだけたくさんの生物がいる中で唯一人間だけが、こんなにはびこっているわけでしょう? 自然界にも鳥や魚のように、越境する生物はいるわけですけど、基本的にルートが決まっているんです。人間だけが、どう考えても生存帯域を越えたところまでどんどん進出した。その原動力はいったい何かっていうと、やっぱりイノベーションだと思うんです。人間って生物は道具がなければ、ここまでのさばることができなかったわけです。優位性を担保するためにはどんどんと新しい道具を発明する必要がある。先ほども言ったように、イノベーションって遠くにあるもの同士を「かけ算」することで生まれるものなので、そうするとやっぱり遠くにいる人間とコミュニケーションした方が新しい道具が生まれやすいんですよね。

VR空間への「越境」は宝の山

尾原:吉田さんがVRに深くコミットしているとうかがって、僕が期待したのは、VR空間でのコミュニケーション術の開発なんですよ。アバターはこうしたほうがいいとか、こういうダンスを入れておくといいとか(笑)。

吉田:僕の今の課題が、まさに仮想空間への「越境」です(笑)。

尾原:絶対いいと思いますよ。すでに「バ美肉」(※)って話もあるじゃないですか。男性が女性型のアバターを使用して女性らしさを武器している一方で、普段、女性に対してこんなにバイアス・呪いをかけていたのか、ということに気づき始めている。VR空間での新しいコミュニケーションの技術は、これからたくさん出てくると思うんです。そういう技術って、特許を取れる可能性もあるので、絶対特許取っていたほうがいいですよ。

【※バ美肉/男性が、美少女型のアバターを使用して、VR空間上で美少女として振る舞うことや活動することを意味するネットスラング】

吉田:え、特許取れるんですか?

尾原:特許を取れるものっていっぱいあるんですよ。例えばiPhoneで、画面を一番端までスクロールしようとすると、画面がバウンドするじゃないですか。これって特許技術ですからね。この機能があることで、iPhoneって他社のスマホにない身体性がある。そうやって考えると、VR空間でも相手に警戒されないように適切なかたちでフェードインする方法とか、いろいろインターフェイスのアイデアが考えられると思う。

吉田:確かに、そうですね。

尾原:VRって技術も、放っておくと結局パーソナライズによって分断された世界のひとつになってしまうと思っています。VR空間から新たなイノベーションが生まれるためには、VR空間独自の「越境」の技術がまた必要になると思うんです。だから吉田さんには、是非「VR版コミュ障を克服する方法」を編み出して欲しいですね。

吉田:是非、期待していてください(笑)。

◆取材・文:坂下大樹

【プロフィール】吉田尚記(よしだ・ひさのり)/1975年、東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。ニッポン放送アナウンサー。ラジオ番組でのパーソナリティのほか、テレビ番組やイベントでの司会進行など幅広く活躍。また漫画、アニメ、アイドル、デジタル関係に精通し、「マンガ大賞」発起人となるなど、アナウンサーの枠にとらわれず活動を続けている。2012年に第49回ギャラクシー賞DJパーソナリティ賞受賞。新著『元コミュ障アナウンサーが考案した 会話がしんどい人のための話し方・聞き方の教科書』(アスコム)が話題。

【プロフィール】尾原和啓(おばら・かずひろ)/1970年生まれ。京都大学大学院工学研究科応用人工知能論講座修了。マッキンゼー・アンド・カンパニーにてキャリアをスタートし、Google、NTTドコモ、リクルート、楽天などの事業企画、投資、新規事業に従事。経済産業省対外通商政策委員、産業総合研究所人工知能センターアドバイザーなどを歴任。著書に『IT ビジネスの原理』『ネットビジネス進化論: 何が「成功」をもたらすのか』(共にNHK 出版)、『アルゴリズム フェアネス』(KADOKAWA)、『あえて数字からおりる働き方: 個人がつながる時代の生存戦略』(SBクリエイティブ)、共著に『アフターデジタル』『ディープテック』(共に日経BP)など。