10月1日から全国で順次開始されるGo Toイートキャンペーン。新聞やテレビ報道を見ているだけだと「やり方がよくわからなくて面倒臭そう……」と最初から諦めている人もいるのではないか。少しの手続きとコツさえ掴めば、家族との食事や会社の飲み会など、様々な場面で得することになるのだから、まずは知らなきゃもったいない。

 まずGo To イートキャンペーンの利用方法には、地域の販売窓口で「プレミアム付き食事券」を購入する方法と、飲食店のネット予約で「オンライン飲食予約ポイント」を貯めて使う方法の2つがある。

 より手軽に利用できるのが「プレミアム付き食事券」で、これはキャンペーン登録店で使える食事券のこと。500円券と1000円券があり、購入額の25%が上乗せされて販売される。たとえば、1万円分購入すると1万2500円分を外食で利用できる。

 これを踏まえ、気になるギモンをQ&A形式で解消していく。

【販売窓口はどこ?】
 自治体によって異なるが、商工会議所、コンビニ、郵便局、スーパーなどで販売される見込み。事業予算に限りがあるので、早い者勝ちや抽選になると予想される。

【全国どこでも買える?】
 47都道府県で食事券を購入できるようになるというが、食事券は購入した自治体内でしか使えないので注意が必要。

【近くに買える場所がない場合は?】
「販売方法は、『販売窓口に並ぶ』以外に『ハガキやネットによる抽選』『ネット申し込みで先着順』など、自治体によって異なります」(消費者問題研究所代表・垣田達哉氏)

 例えば香川県は往復ハガキの抽選方式で、当選したら引換所で購入する。自分が住んでいる都道府県のHPで確認したい。

【何度でも買える?】
「回数や総額の制限はありません」(農林水産省Go To Eatキャンペーン準備室)

【買うときに必要なものは?】
「本人確認ルールは設けていないので、身分証などは必要ありませんが、各自治体の案内を確認してください」(同前)

【クレジットカードでも買える?】
 地域によってはできる。広島県のHPではクレジットカード決済ができると明記されているが、「商工会議所では現金しか使えないなど、自治体や販売方法によって制限ができるかもしれません」(同前)

【人にあげてもいい?】
 原則、本人しか利用できない。広島県では券に購入者の名前が印字されるので、他人に譲渡しにくいシステムになっている。

【Go Toトラベルのクーポンと併用できる?】
 先行して始まったGo Toトラベルでは、10月1日から旅行代金の15%が「地域共通クーポン」として還元され、旅先の飲食店で使える。

「Go ToトラベルとGo Toイートの両事業に参加している飲食店なら、プレミアム食事券と地域共通クーポンの併用は可能です」(同前)

【使えるお店はどうやって調べればいい?】
 各都道府県や食事券発行業者などがHPで発表する。店舗の入り口には「Go Toイート」のステッカーなども貼られるので、それも目印に。

【お釣りは現金で返ってくる?】
 返ってこない。500円や1000円以上の食事をして超過分を現金で支払うのが賢いやり方だ(現金との併用は可能)。

【他のポイントとの併用はできる?】
 電子マネーや他のポイントと併せて支払うこともできる。クレジットカードとの併用も可能だ。

【テイクアウトでも使える?】
「店内飲食ができる形態で、テイクアウトをやっている登録店なら食事券を支払いに使えます。ただしテイクアウト専門店は参加登録ができないので、利用できない」(垣田氏)

 同じからあげ専門店でも、店内に飲食スペースがある場合は適用内、持ち帰りしかない場合は適用外ということになる。

【デリバリーは?】
「デリバリーの専門店ではなく、『店員がデリバリーをする飲食店』という条件を満たしていれば使えます」(同前)

 つまり宅配ピザはNG、町のそば屋の出前はOKということだ。

【フードコートは?】
「フードコートでの食事は“外食”にあたるので、Go Toイートの対象になる」(農水省)というが、例外もあるようだ。

「キャンペーン登録店でないと使えないので、フードコート内でも店によって使えたり使えなかったりする」(垣田氏)

【屋台では?】
「屋台やキッチンカーは、キャンペーン対象外の『移動店舗』に該当するので、使えない」(農水省)

 ただし、「博多にある屋台街などは固定されていて店内飲食に近いので、認められる可能性はある」(外食Webコンサルタント・岩田信吾氏)。

【いつまで使える?】
 販売期限は2021年1月末までで、有効期限は2021年3月末まで。1回で購入できる上限は2万円(2万5000円分の食事券)。

※週刊ポスト2020年10月9日号