台風や大雨など、水害が多い日本列島。天災による自宅への被害を防ぐには、何が「壊れる家」で、何が「壊れない家」なのかを知ることが重要だ。

 特に台風の場合は、突風で窓ガラスが割れたり、最悪の場合、家屋が倒壊する事例も報告されている。暴風に関する注意点は何か。

●「南向きの窓」が多い家のリスク

 まず知っておきたいのが、台風では「南からの風」が強くなることだ。元気象庁主任予報官の永澤義嗣氏が解説する。

「台風による風は、進行方向の右側のほうが、左側に比べて強く吹く傾向があります。北上する台風では経路の東側で南からの風が強くなり、北東に進む台風では、経路の南東側で南または南西からの風が強くなります」

 そのため、南向きの窓ガラスは突風で割れやすく、家屋への被害が広がりやすくなる。実際、9月の台風10号では福岡県の県庁舎で窓ガラスが割れる被害が起きたが、「割れた窓はすべて南向きだった」(県庁職員)という。

 災害危機管理アドバイザーの和田隆昌氏が指摘する。

「住宅は外からの強風には強いですが、内圧には弱いため、窓ガラスが割れて屋内に強風が入ると倒壊しやすい。南側に大きな窓があり、塀などの遮蔽物が設置されていない家は危険です。窓ガラスの飛散防止フィルムを貼るなどの対策をしてください」

●「四方を住宅に囲まれた家」の“後遺症”

 暴風で屋根が飛んだり、壁が壊れたりすると、雨が屋内に入り込む。そうしたケースでも、屋根や壁が修復できれば住み続けられるが、カビが発生すれば取り壊さなければならなくなり、明暗が分かれるという。

 不動産コンサルタントの長嶋修氏は、昨年9月に千葉・房総半島を直撃した台風15号の通過後、現地を視察した。

「千葉県館山市では、屋根や壁が崩壊して雨に晒された家が多く見られました。その中でも、四方を住宅で囲まれた家では、風通しが悪いためにカビやキノコが発生し、家主が『建て替えるか、解体するしかない』と嘆いていた。屋根や壁は修復できますが、カビやキノコだらけになれば、住み続けられません」

●「半透明パネル」のベランダの落とし穴

 お隣なのに、ベランダが壊れた家と壊れなかった家があった──そんなことが起こるのは「ベランダの素材」が原因の可能性がある。

「ベランダの囲いに半透明のパネルを採用している家があります。落下防止の観点から手すりだけよりも安全で、壁と同じ素材を使うよりも開放感があるため多く採用されていますが、これは強風の煽りを最も受けやすい。突風が吹いてパネルが外れると、ベランダの手すりが変形したり、自分の家や近隣家屋に飛んでいき破損させてしまう可能性があります」(長嶋氏)

※週刊ポスト2020年10月9日号