10月1日から全国で順次開始されるGo Toイートキャンペーン。新聞やテレビ報道を見ているだけだと「やり方がよくわからなくて面倒臭そう……」と最初から諦めている人もいるのではないか。少しの手続きとコツさえ掴めば、家族との食事や会社の飲み会など、様々な場面で得することになるのだから、まずは知らなきゃもったいない。

 Go Toイートキャンペーンの利用方法には、地域の販売窓口で「プレミアム付き食事券」を購入する方法と、飲食店のネット予約で「オンライン飲食予約ポイント」を貯めて使う方法の2つがあるが、ここでは支払い方法に関する素朴なギモンをQ&A形式で解消していく。

【ワリカンとまとめ払い、どっちがお得?】
 どんな支払い方法でも予約した幹事にポイントがまとめて付与される。ただし予約時にポイントを使った場合、割引きされた金額でワリカンすると、幹事が多めに払っていることになる。

【複数店ハシゴしたら、2軒目以降はどうなる?】
 2次会の店でもネット予約してあればポイントが稼げる。つまり、1軒で長酒をするよりもハシゴ酒したほうがポイントは多くもらえる。1次会の店に加えて、事前に2次会、3次会の店を予約しておくのがベストだが予約時に行く時間を指定するため、時間の融通が利かなくなるのがネック。

【当日キャンセルしたらどうなる?】
 来店人数でのポイントになるので、ポイントはもらえない。

【1人飯でもポイントはもらえる?】
 来店して1品以上注文すればOK。

「支払いの下限額はないので、1000円以内の注文だとしてもポイントはもらえるが、各サイトがこれから利用条件をつける可能性はあります」(消費者問題研究所代表・垣田達哉氏)

【バーでお酒を飲むだけでもいい?】
「お酒を出すだけのバーでもポイントはもらえます」(農水省)

【いわゆる「夜の街」でもポイントはもらえる?】
「風営法上の接待を伴う店は対象外。スナックやキャバクラ、ガールズバーも対象外です」(農水省)

【ダーツバーやマジックバーは?】
 客を遊ばせる「特定遊興飲食店営業」は対象外。

【相席居酒屋は?】
「店の人が接待するわけではない相席居酒屋は、『接待飲食等営業』に該当せず、風営法6号営業の『出会い系喫茶』とも異なるので、対象になるかもしれない。自治体ごとの判断になるでしょう」(外食Webコンサルタント・岩田信吾氏)

【カラオケでご飯を食べたら?】
 カラオケボックスやカラオケを提供する飲食店ではポイントはもらえない。

「カラオケのある飲食店は、カラオケサービス提供を止めない限り対象店にはなりません。これはGo Toイートの『感染症対策』条件に基づくものです」(農水省)

【ネット予約でもテイクアウトは利用できる?】
 店で飲食し、残り物をテイクアウトにするならポイントは付与されるが、テイクアウト専門店はネット予約ができないことが多い。予約できるサイトであれば、ポイントをもらえる可能性はある。

【同じ店に何度行ってもその都度ポイントはもらえる?】
「何度通ってもポイントはもらえる。ただ、『食べログ』の場合、同じ店で付与されるポイントの上限が1か月で2万円分という制限があり、今後、グルメサイト側でそういった制約を設ける可能性はあります」(岩田氏)

【家族でポイントをまとめることはできる?】
 分かれているポイントはまとめられない。

※週刊ポスト2020年10月9日号