読書の秋。とはいえ、高齢になると細かな文字を追うのも億劫になるものだ。そんなときには「聴く」という手もある。朗読、落語などをCDやインターネット配信で楽しむオーディオブックだ。

 2015年には配信会社と大手出版社が連携し、オーディオブック普及などを図る日本オーディオブック協議会も発足し、耳で楽しむ作品の幅もどんどん広がっている。また、集中して聴くことで脳も活性化するという。加齢の衰えに負けず、耳をしっかり使い続けることをすすめる川越耳科学クリニック院長・坂田英明さんに聞いた。

意識的に聴こうとする姿勢が脳を刺激する

「音が耳に入ってきて聞く のは英語で“Hear”。どちらかといえば受け身。意識して聴くのは“Listen to”と、方向を表す前置詞がついて目的が明確、能動的です。音楽でも人の話でも聞き流すとあまり刺激になりませんが、能動的に聴くと脳が活性化し、心身にも好影響があります」

 と坂田さん。耳から入ってくる音は電気信号になって脳幹を通り、記憶の倉庫である海馬や情動を司る扁桃体がある大脳皮質に至る。ここに蓄積されている情報と照らして分析され、初めて入ってきた言葉の意味や音の情感が認識されるという。“能動的に聴く”とは入ってくる音に集中し、聴き込むこと。これが繰り返されることによって脳血流も促されるのだ。

「聴覚は特に脳幹と密接なかかわりがあります。脳幹はどこから聞こえるかを感じる方向感を司り、背後から来る危険を察知したり、騒々しい場所でも特定の人の話を聴き取ったりすることもできます。また呼吸や睡眠、血液循環など重要な機能も担うので、しっかり聴くことで体を整え、記憶・集中・理解・発想などの能力も高めます。年を重ねるとどうしても聴力は衰えてきますが、補聴器なども利用してぜひ“よい聞こえ”を維持してください」

 ちなみに3〜4人が気ままにしゃべる井戸端会議は格好の聴力トレーニングだという。

興味をそそる朗読や落語 “聴く読書”のすすめ

 聴く効用を生かすのにもよいのがオーディオブックだ。興味はあってもとっつきにくかった古典文学から話題の小説まで、ナレーターや有名俳優などの朗読で聴ける。

「音の三要素、高低・強弱・音色のほかに、人の語りには間の取り方や抑揚などそれぞれの個性が表れ、聴くのが心地よかったり強烈なインパクトだったりと、さらなる刺激になります。書籍と同様、次の展開にわくわくして朗読を追いかけるように聴き込んだり、頭の中で物語の情景を思い描いたりと、脳活性には非常に有益です。慣れ親しんだ昔話なら、記憶をよみがえらせる回想法の効果も期待できるでしょう」

 本の文章を目で読むことに比べると、人の声による朗読、物によって効果音や音楽なども盛り込まれたオーディオブックは、入ってくる情報量がはるかに多いという。またなんといっても楽なのが魅力だ。

「ほかのことをしながら楽しめるのも利点ではありますが、脳活性の効果を期待するならゆったりと静かな環境で、ヘッドホンやイヤホンを使って音声に集中するのがおすすめ。心地よい秋の一日、読書を存分に楽しんでください」

【プロフィール】
坂田英明さん/埼玉医科大学卒。ドイツ・マグデブルグ大学耳鼻咽喉科研究員、埼玉県立小児医療センター耳鼻咽喉科副部長などを経て、2016年より現職。目白大学保健医療学部言語聴覚学科教授、埼玉医科大学客員教授、昭和女子大学客員教授も務める。

※女性セブン2020年10月22日号