本格的な秋の訪れを感じるようになり、肌寒い日も増えた。季節の変わり目には気温や湿度の低下によって、肌も敏感になりがちだ。特に秋は“秋の肌枯れ”ともいわれるほど夏のダメージが遅れてやってくる要注意な時期。実際、2018年にドクターシーラボが行った調査によれば、「秋冬に肌トラブルを起こしたことがある」と回答した人は約7割に及んだ。加えて、いまは“マスクによる肌荒れ”の可能性もある。

 あいこ皮フ科クリニック院長の柴亜伊子さんは「今年の秋は、例年よりも肌の不調を感じやすい」と指摘する。

「これまでと違って、マスクをつけて過ごさなければいけないので注意が必要です。ただでさえ空気が乾燥するうえに、マスクの刺激が加わって肌トラブルが起きやすくなることが懸念されます」

 一口にトラブルといってもさまざま。前出のドクターシーラボの調査によれば、最も多いのは「かゆみ」で、悩んでいる人は8割以上もいるという。

 多くの場合、肌のかゆみは一時的な肌荒れや不調のことが多い。しかしその陰に、命にかかわる病が潜んでいることがある。

 誰でも皮膚にかゆみを感じることはあるが、その原因のほとんどは、体に合わない化粧水などを使っていることで起きる“慢性的な炎症”だ。

 柴さんは「皮膚や髪につけるものをすべて疑う」と話す。

「シャンプーや洗顔フォーム、ファンデーションなどのコスメが原因で、炎症を起こしているケースがほとんどです」(柴さん)

 これからの時期は乾燥しやすくなるため、症状が肌に出やすい。亀谷診療所院長で総合診療医の亀谷学さんが言う。

「皮膚が乾燥すると、皮膚の表面が傷つき肌の感覚が過敏になり、かゆみを感じやすくなります。水仕事をする女性は、乾燥に洗剤の刺激が加わり、皮膚は肥厚し、強いかゆみを訴える手湿疹になることがあります。アトピー性皮膚炎も乾燥によって悪化します」

虫刺されかと思ったら肝機能が低下していた

 単なる乾燥や“顔や体につけるもの”に原因が見いだせなければ、いよいよ体の内部からくる病気を疑うべきだ。皮膚そのものに原因があるのではなく、臓器に生じる不調や病が、皮膚に表れることがあるからだ。

黄疸とかゆみは肝臓病か

 きくち総合診療クリニック理事長の菊池大和さんが最初に挙げるのは、肝臓の病気だ。

「かゆみが兆候となる病気で特に多いのが、肝臓疾患です。ウイルス性の肝炎や肝硬変、お酒の飲みすぎによる肝機能の低下など肝臓になんらかの異常があることが疑われます」

 かゆみの原因は、「ビリルビン」と呼ばれる赤血球の主要構成物質だ。

「肝臓の働きが弱まると、血液に含まれる『ビリルビン』の濃度が上がり、かゆみを引き起こすことがわかっています。

 ビリルビンは古くなった赤血球が分解される過程で生まれる物質で、通常は肝臓で処理されて体外に排出されます。しかし、肝臓の処理能力が低下すると、排出されずに体内にたまるため、血中のビリルビンが増えてかゆみを感じるのです」(菊池さん)

 そのかゆみが肝臓疾患由来かどうかを見分ける1つのサインは「黄疸(おうだん)」だ。

「肝臓、胆嚢、膵臓などのがんや、肝炎、肝硬変、胆管炎などで黄疸が出ると、激しいかゆみを訴えることがあります。皮膚が黄色くなるのは柑橘類の食べすぎでも起きますし、良性である体質性黄疸でも白目が黄色くなりますが、病的かどうかは血液検査などでわかります」(亀谷さん)

 ただし黄疸が出ていなくても、かゆみが肝臓疾患のサインだったというケースがある。柴さんが言う。

「虫に噛まれたような発疹が全身にできたので、ダニが原因だと思ってくん煙をたいていた人がいました。ですが検査してみると結節性痒疹という病気で、肝臓の機能低下が原因でした。

 ほかにも、血液検査では肝臓の数値に異常がなくても、実は脂肪肝で、肝臓に負担がかかっていたというケースもあります」

※女性セブン2020年10月22日号