結婚の「分岐点」をレポートするシリーズ。今回は、婚活中の亜美(あみ)さん、34歳の場合。顔も年収も学歴も気にしない。だが、彼女には譲れない条件がある。理想を追求するか、現実的になるか。未婚化、晩婚化が進むなか、悩めるアラサー婚活の胸のうちに迫る。

* * *

◆“サブカル女子”の理想の相手

 都内のIT系企業で働く亜美(仮名)さん34歳。コロナ禍でもオンラインを駆使するなど婚活に励んでいるが、いまだ良縁に恵まれず、焦っていると話す。女優の高畑充希に似た容姿に加え、兄が2人いる3人きょうだいの末っ子という甘え上手なキャラクター。「正直言ってモテてきた人生」にもかかわらず、恋愛や婚活では、ある“落とし穴”にはまりがちだった。

「前に付き合っていた人は、バーで一人で飲んでいるときに隣りになって、話しかけられた男性でした。5歳年上で、大好きな小林賢太郎さん(ラーメンズ)の話で盛り上がって、こんなに話があう人っている?! って思ってめちゃくちゃ盛り上がって、その日は金曜だったから、3時くらいまで飲みました。で、翌日も、その翌日も会って飲んで、流れであっという間にそういうことになったのですが……、既婚者でした。最初は隠してたんです。出会って3ヶ月くらいして、私が結婚という言葉をよく出すようになったら、実は、と。もうびっくりして、ショックで、なかなか立ち直れなかったですね」

 それが1年ほど前のことだ。亜美さんの好みは「面白い人」。具体的に言えば、趣味や話の合う人が譲れない条件だという。簡単そうでいて、容易ではない。だから彼女にとって面白い人に出会うと前のめりになってしまうそうだ。

「友達には、サブカル女子って言われてきました。福井の出身なのですが、すごく田舎で、娯楽がぜんぜんなくて、テレビは家に一つしかなくて、なかなか好きな番組が見られない。唯一の娯楽が雑誌で、愛読していたのが『TV Bros.(テレビブロス』。学校ではちょっと浮いてたけど、別に気にしませんでした。お笑いとか映画とか舞台とか……、こういう世界が東京にはあるんだなと憧れて、頑張って東京に出てきたんです。だから、ある程度、自分と趣味が合ったり話しが合ったりする人でないと、好きになれないんですよ」

 亜美さんの男性の好みはリリー・フランキーと綾野剛。なかなかにハードルが高そうだ。そもそも「面白い」という基準は感覚的で曖昧だ。とはいえサブカル好きな男子も、しかるべきところには存在するだろう。

「荒川良々さんやクドカンも好きですね。私、お笑いと舞台と雑誌が好きなんです。能町みね子さんにも憧れています。頭がよくてお洒落で。でもこういう人って、仕事柄、私の周りにいないんです。場所の問題もあるかもしれません。今、勤務地に近いという理由で、二子玉川に住んでいるんです。だから、わざわざ下北沢とかに飲みに行って探しているんですが……、面白い人って、ある程度、喋らないと判断できないから時間がかかるんですよね。顔とか年収とか学歴とか、男性をスペックで見る女性って非難されがちですが、私から見たら、そうできたらラクだろうな、うらやましいなって思います」

◆「負けず嫌い」で、仕事はキャリアアップ

 実は亜美さん、既婚者と付き合うのは始めてではなかった。20代で知り合って、恋に落ちた人も既婚者だった。

「10歳くらい年上の人でした。友達と飲んでいるときに、まあ、ナンパされたんです。お笑い番組を作ってるテレビ関係の人で、芸人に詳しくて、いろいろ教えてもらって、相性もよかったと思うんです。が、私は結婚願望があったので、5年くらい付き合って、諦めて別れました。結局、年上で面白い人って、だいたい結婚してるんですよね……」

 話の合う面白い人は友達にして、結婚相手は別のタイプを探すというわけにはいかないのだろうか?

「うーん。頭ではそういうことも考えたりするんですが……実際、面白い人と結婚できてる人もいるわけじゃないですか。それなのになぜ自分は諦めなければいけないのか、っていう発想をしちゃうんです。負けず嫌いなので」

 負けず嫌い──。亜美さんは、「進学校ではない田舎の県立高校」から名古屋の大学へ入り、友人のほとんどが中部地方か地元に戻って就職するなか、単身、東京に出てきた。新卒で入社した会社は「かなりブラックで、面白い人が一人もいなかった」ため、スキルアップを重ね、転職をし、現在は3社目。収入も増えた。興味のある仕事ではないが、苦労して自分の手でつかんだキャリアを大事にしたいという思いも強い。一方で、プライベートは趣味や自分の憧れで満たしたい。

 ゆえに、仕事で知り合った人に口説かれてもほとんどなびかず、たまに付き合うことはあっても、長く続かなかった。

「IT系の人って真面目で、頭がよくて、堅実。こういう人と結婚したら、浮気しないだろうし、失敗はないだろうなって思う。だから弱ってるときは、こういう人でいいのかなって思うんだけど……、そう思ってると去年の既婚者みたいな理想の人に出会ってしまって、心が乱されてしまう」

◆「絶対、普通の人とは結婚しないよね」

 話を聞くうちに、面白い人にこだわるのは、亜美さんの好みであると同時に、プライドでもあることが見えてきた。

「地元の友達に、『亜美の結婚相手が楽しみ』って、ずっと言われてきたんです。『亜美は絶対、普通の人とは結婚しないよね』と。その期待に答えなくちゃという気持ちも、少なからずあるのかもしれません」

 地元の友達の多くは、堅実な結婚をしている。幼い頃からの同級生、あるいは地元の公務員をつかまえて、20代のうちに結婚。マイホームを建て、2、3人の子供に恵まれ、昼はスーパーでパートなどをしながら、夜は家族団欒を楽しむ。そういう生活を「平凡で刺激がなさそう」と、どこか蔑む気持ちもあるが、同時に、「旦那さんはみんな優しそうで、正直、うらやましいとも思う」と吐露する。

 だが、自分はそういう安定の道を選ばなかった。だからこそ亜美さんは、自分の選んだ道を全うしなければという思いになるようだ。

「兄2人も地元で結婚していて、私だけが独身で東京にいるので、家族には心配をかけています。でも、見方を変えると、出来るやつと思われてもいる。あとは結婚できたら、家族を安心させられるんですけど。

 もちろん、このまま結婚できなかったらどうしようっていう不安もあります。でも冷静に考えたら、私が望んでいるのって大げさなことではなくて、同じような趣味の人と出会って、一緒にライブに行ったり、テレビ見て笑い合いたいだけなんです。もちろん、お笑い芸人なら誰でもいいわけではなくて、OKな範囲というのはあるんだけど、でも私の趣味って、わりと王道だから、狭き門でもないはず。第7世代はそうでもないけど、ダウンタウンとか、王道も好きですしね」

 かくして亜美さんは、婚活に励むのだ。

「今後は、いいな、と思ったら、既婚者かどうかを最初にチェックする。それは気をつけようと思っています。それから年下も視野に入れようと、思い始めています。コロナが終わったら、下北とか、好きなエリアに引っ越そうかなとも。やれることは全部やって、理想の相手を見つけたいですね」