新型コロナウイルス感染拡大予防のために、至るところで検温をする機会が増えている昨今、これまで以上に“体温”を意識するようになった人も多いのではないだろうか。

 実は、日本人の平均体温が下がっているのだという。成城松村クリニック院長で産婦人科医の松村圭子さんはこう語る。

「戦前の日本人の平均体温は36.9℃だといわれますが、現代人は35℃台の人も少なくない。その原因として考えられるのは、運動不足による筋肉量の低下や夏場のエアコンによる冷え、冷蔵庫ができたことで体を冷やす食べ物が年中食べられるようになったことなどです」(松村さん)

 平熱が36.5℃よりも低い人は、生活習慣や食事を見直す必要がある。

 最も簡単なのは毎日の入浴だろう。秋津医院院長の秋津壽男さんが話す。

「半身浴や入浴剤で体を温める人は多いですが、血管が拡張したまま外へ出ると、熱が奪われやすく、逆に体温が下がってしまう。お風呂でよく温まった後は、肘から先の腕や手、膝から下に冷水のシャワーをかけると血管が収縮して熱が逃げにくくなります」

 布団の中で手足の冷えを感じやすい人はぜひ試してほしい。入浴剤も、選び方によって効果が大きく変わる。免疫のスペシャリストで『体温を1℃!上げなさい』(自由国民社)の監修を務める医学博士の飯沼一茂さんはこう解説する。

「おすすめは『重炭酸温浴法』です。重炭酸の主成分『重曹』と『クエン酸』が血行促進ホルモンの分泌を促します。重炭酸の入浴剤を入れた41℃以下のぬるめのお湯に10〜15分つかれば体の末端まで温まります」(飯沼さん)

 重炭酸の入浴剤は市販されているが、購入の際は着色料や香料などが含まれていないものを選ぼう。また、ほかの入浴剤と混ぜると効果が半減するので要注意。

 さらに、人体で最も熱を産出するのは筋肉。男性より女性の方が冷えやすいのは筋肉量が少ないことが原因だ。

「コロナ自粛もあって運動不足の人が増えています。室内でも体を動かすことを意識し、筋肉の材料となるたんぱく質をしっかり食べましょう」(松村さん)

 しかし、運動不足だからといって、食べる量を減らしてダイエットをするのは逆効果になりかねない。秋津さんが言う。

「体脂肪には、熱が逃げるのを防ぐ“断熱効果”があります。体脂肪を減らしすぎると体内の温度を保てなくなる恐れがあるので、やせすぎは厳禁。また、大きな動脈が通っている『首』『手首』『足首』を冷やさないことも大切です。足首が出る服なら長い靴下を履くなど工夫しましょう。かといって、厚着しすぎて汗をかくと体温が奪われるので、上着は前を開けられる服を選ぶなど、外出時は体温調整がしやすい服装を選ぶといいでしょう」

 食べ物によって体の冷えを改善することもできる。薬膳の世界では、「冷え症は体質ではなく病気」と捉えられ、体内から改善することを目指す。管理栄養士の清水加奈子さんが解説する。

「薬膳で『温性』に分類される食べ物は、体を温めて寒さとのバランスを保ってくれる。『温中散寒』と呼ばれるものは、お腹を温めて、内側から冷えを蹴散らすという性質を持ちます。なかでも、しょうがは加熱することで『ショウガオール』という栄養成分が増え、体を温める力がアップします」

 冷えを感じる人は血の流れが悪いだけでなく、「血が足りていない」という考え方もある。その場合、「血を補う」ことが必要とされる。管理栄養士の清水加奈子さんはこう言う。

「特に貧血で冷えやすい人は、レバーやほうれん草といった血液を作り補う『補血』効果がある食べ物を積極的に摂りましょう。一方、更年期の『ほてり』は、冷え症と逆の考え方。余分な熱は肺を乾燥させるので、ウイルスに弱くなる。適度に冷やし、潤いを保たなければなりません」(清水さん)

 ちょっとした生活改善で体温をコントロールできれば、病気やウイルスに負けない体をつくることが可能だ。ただし、コロナ禍のいまは敏感に体調を観察することも忘れてはいけない。平熱が上がったらその理由を考える必要がある。

「特別な生活改善をしていないのに体温が0.5℃以上高くなった場合や、具合が悪いときは疑うことも必要です。体温を毎日測っていれば、自分で異変に気づくことができるはず」(飯沼さん)

 検温結果に一喜一憂するのではなく、自分に合った体温のコントロール法を身につけることが、この冬を健康に乗り越える近道だ。

※女性セブン2020年12月10日号