コロナ禍にあって、私たち日本人の同調圧力や“世間”との付き合い方がクローズアップされてきました。第3波が猛威を振るう今、一人で外を歩いているときでさえ、マスクを外すことに躊躇してしまいます。

「実はダイエットも、それと同じ心理なのかもしれません」と言うのは、SNSで10万人超のフォロワーを持つフィットネストレーナーのSunnyさん。はてコロナとダイエットには、「コロナ太り」のほかに、どんな共通点があるのでしょうか。

 ダイエット志向を生む「過干渉と監視」

「私たちの多くが、どうしてこんなにまで「痩せたい」と思うのか。それは太った人より痩せた人のほうが美しく、優れていて、スリムであることが豊かさの象徴やステータスになると現代社会で流布されているイメージに捕らわれているからなんです。その背景には島国日本ならではの国民性があるのではないでしょうか」(Sunnyさん)

 日本人はとかく“普通”“標準”“平均”を大事にします。そうして周囲に同調することで、社会に溶け込みやすくし、安寧を保ってきました。しかし、そんな国民性が人の目を気にしやすい気質、他人への過干渉を生んでしまったとSunnyさんは続けます。

「実際、日本は先進国の中で最も肥満率が少ないのに、世界一肥満に厳しい国なんですよ。十分スリムなのにもかかわらず、体型コンプレックスを持つ人がこれほどまでに多いのも、他人への過干渉や監視社会から来ているのだと思います」(Sunnyさん)

コンプレックスが強すぎて自尊心が底辺に

 Sunnyさんはもう一つ、日本人の「他人や世間に完璧を求める潔癖社会」の負の側面を指摘します。真面目さ、丁寧さ、民度の高さなどが世界から評価される半面、その完璧主義がゆえに他人の過ちを許さず、不祥事が起これば袋叩きにする。他人の容姿や体型に干渉したりジャッジしたりするのも、根っこは同じです。

 本来は個人の自由であるはずの体型に対し、他人から「太り過ぎ」ととやかく言われる社会。そこで育った私たちは、とかく自分の容姿を変えることで、他人から認められ、好かれたいと思いがちです。痩せていると評価され、太っていると評価が下がる。そうした“世間”の目を気にするあまり、太るだけで自己評価を下げてしまう人が多いのだとSunnyさんは言います。そんなSunnyさん自身も、かつては自尊心が底辺になるほど自分の体型にコンプレックスを抱いていました。

「私が思春期のころよく見ていた雑誌に、モデルさんの体重から体型まで細かに採寸した数字が載っていたんです。当時も自分の数字と、美しいとされる彼女たちの数字を比べては、悲しくなっていました。その後ますます太って、どん底まで落ちて、やっと気が付いたんです。遺伝子や体質が全く異なる人間の体重や体脂肪が同じ数値になったら、同じ人間になれるのか。その数字に到達したからといって、どれだけ痩せたって、他人になることはできません。私は私でしかないんです。なのにモデルさんと同じ体重を目指して、数字の奴隷になってはいけない、と」(Sunnyさん)

思考→習慣→体の順に変えてみると……

 今、「痩せたい」と思っている人は、「自分がなぜ痩せなければならないのか」をもう一度考えてほしいとSunnyさんは言います。ダイエットサプリやジムの広告に踊らされていませんか? あるいは友達や異性の目を気にして、誰かと自分を比べて、「痩せたい」と思っていませんか?

「“こうでなきゃいけない”とか“こうあるべきだ”と決めつけているのは、いつも自分自身。他人によく思われるために本来の自分を見失い、自分自身を愛せなくなったら、いったい誰の人生を歩んでいるのかわからなくなってしまいますよ」(Sunnyさん)

“数字の奴隷”になることに終止符を打ったSunnyさんが選んだのは、ダイエットではなくボディメイクという概念でした。痩せることを目的とせず、思考を変え、習慣を変え、体を変える。ボディメイクのゴールは痩せることではなく、自分が好きな自分になること。一生なれない他人を目指すより、自分にしかない長所を探し、自分が心地よくてハッピーな体型をつくるのです。

 その経緯は、著書『ダイエットの終焉。』(小学館)にまとめられています。そのなかでSunnyさんは、痩せたこと以上に、メンタルが強くなり、自己肯定感が上がり、生きやすくなったことが嬉しいと述べています。

「まずは、姿勢を正してみましょう。胸を張り、背筋を伸ばして腹式呼吸で常に腹圧をかけるようにして腹筋に力を入れ、骨盤を立てることを意識するだけで、美しい姿勢になります。しかも、この姿勢を保つには意識と呼吸、インナーマッスルが必要。だから姿勢改善が一番身近で日常的にできるトレーニングなんです」(Sunnyさん)

 Sunnyさんによるとダイエットは短期決戦ですが、ボディメイクは一生もの。一度自分に合ったやり方を覚えれば、長い人生、ずっと理想の体を維持できます。

「もう、毎日体重計に乗って一喜一憂する必要はありません」(Sunnyさん)

◆文/前田恵