全国にある神社や寺院の大半で授与されている御朱印。そもそも御朱印とは写経を奉納した証とされるが、今日では参拝した足跡を残すという意味合いが強い。中でも正月限定には、ひときわ注目が集まる。その中から、一風変わった種御朱印を紹介する。

◆大口真神社(おおぐちまかみしゃ、武蔵御嶽神社摂社)東京都青梅市御岳山176

【朱印料】500円
【頒布期間】1月3日のみ
【授与方法】コロナ対策のため2021年は書き置き

 大口真神社の祭神である大口真神は、狼を神格化したもの。江戸時代から、病魔、盗難、火難除けの守護神として信仰されている。

 御朱印も、絶滅したとされるニホンオオカミが描かれた、珍しいもの。直筆で書かれた書き置きを授与。大口真神は「おいぬさま」とも呼ばれ、「老いぬ」に通じることから、長寿の神としても信仰を集める。大口真神社祭が行なわれる日に授与される。1月3日以外の授与は、5月15日と9月29日の2日のみ。

■撮影/内海裕之

◆阿佐ヶ谷神明宮 東京都杉並区阿佐ヶ谷北1-25-5

【初穂料】1000円(1枚)
【頒布期間】なくなり次第終了
【授与方法】書き置き

 日本の伝統技術である美濃和紙と繊細な刺繍を重ね合わせた「大和がさね」で作られた特別御朱印。全国的にも珍しい刺繍入りのもので、「宝船」と「扇」の2種類のデザインがある。「大和がさね」で作られた正月限定御朱印は、金色の糸が多く用いられ、刺繍部分の立体的な厚みがほかにないレア感を醸し出す。

 人気の高い御朱印であるため、早々になくなることも多い。新型コロナ感染拡大を防ぐため、郵送頒布にも対応している。

撮影/佐藤敏和

※週刊ポスト2021年1月1・8日号