全国にある神社8万1074社、寺院7万6930寺の大半で授与されている御朱印。正月には限定版の御朱印が授与されることも多い。全国のちょっとレアな御朱印を紹介しよう。

◆岡田宮 福岡県北九州市八幡西区岡田町1-1
【初穂料】1200円
【頒布期間】1月末まで
【授与方法】直書き、書き置き

 松竹梅をあしらった限定御朱印。先着100名には長寿箸のプレゼントも。

◆出雲大社福井分院 福井県福井市渕2-2001

【限定御朱印】1000円
【頒布期間】なくなり次第終了
【授与方法】書き置き(和譲と年月日のみ記帳)

 金地に大国様をあしらう特別限定御朱印。

◆即成院 京都府京都市東山区泉涌寺山内町28

【御朱印代】500円
【頒布期間】なくなり次第終了
【授与方法】書き置き

 カラフルな色紙に銀色の鳳凰が舞う特別御朱印。コロナ対策のため郵送授与も受け付けている。

◆空鞘稲生神社 広島県広島市中区本川町3-3-2

【初穂料】500円
【頒布期間】1月末まで
【授与方法】書き置き

 60年に一度巡ってくる六十干支“辛丑”が揮毫される。

◆釧路一之宮厳島神社 北海道釧路市米町1-3-18

【御朱印代】1000円
【頒布期間】1月末まで
【授与方法】直書き、書き置き

 主祭神の弁天様をあしらう1月限定御朱印。祈願だるまも描かれ、自身で目入れをすることで完成する。

◆金蛇水神社 宮城県岩沼市三色吉字水神7

【御朱印代】300円以上の志納
【頒布期間】なくなり次第終了
【授与方法】書き置き

 金嶺紙に新年の干支が描かれる。コロナ対策で12月15日から頒布されている。

◆宮地嶽神社 福岡県福津市宮司元町7-1

【御朱印代金】1200円
【頒布期間】12月下旬〜節分
【授与方法】直書き、書き置き

 参拝者の安泰繁栄を願って特別にデザイン・揮毫された限定御朱印。

◆伊豫豆比古命(いよずひこのみこと)神社 愛媛県松山市居相2-2-1

【初穂料】500円
【頒布期間】来年に限り1月15日ごろまで
【授与方法】書き置き

 三が日限定。通常の御朱印と違い、黒地に金文字を乗せたもの。

◆豊国神社 愛知県名古屋市中村区中村町木下屋敷

【初穂料】1000円(2枚組)
【頒布期間】500組限定
【授与方法】書き置き

 豊臣秀吉の生誕地に鎮座する神社で三が日限定で頒布。左は境内社の清正公社のもの。

※週刊ポスト2021年1月1・8日号