日本のシンボルといえる富士山だが、象徴するのは美しさや雄姿だけではない。カメラを向けてシャッターを切ると、その時代時代の社会問題や負の遺産が写り込む。時代が背負う陰が富士山の裾野に押し寄せる光景は、さながら日本の現代社会の縮図といってもよいだろう。

 富士山と麓には、大自然の営みと人間の営みが共存してきた。それは古代から山岳信仰や芸術、文化を生み出してきた一方、近代・現代においては経済活動や生活の利便性追求による自然破壊、景観破壊といった問題も生んできた。

 過去に数々の自然災害に見舞われてきた富士山ならではのジレンマもある。森林を切り開き、砂防施設を整備せざるを得ない状況も近年急増する集中豪雨被害を象徴している。富士山の裾野に広がる景色は、環境問題、少子高齢化問題、エネルギー問題など現代が抱える様々な課題を日本人一人ひとりに問いかけてくる。

 富士山とともにある、諸問題が見える風景をお送りする。

●廃棄物処理場(静岡県富士市)

 富士山の裾野に設けられた、富士市内で発生する産業廃棄物と同市が回収する一般廃棄物を埋立処理する最終処分場。同市内の排出事業者と同市による第3セクターとして1997年に設立された富士環境保全公社が運営。

●富士ケ嶺公園(山梨県富士河口湖町)

 オウム真理教の「サティアン」と呼ばれた教団施設跡(旧・上九一色村富士ケ嶺地区)に整備された約7000平方メートルの富士ケ嶺公園。信者リンチ殺人で犠牲になった人々を慰霊するために園内に建立された碑は、富士山に向いている。

●ほんちょう2丁目商店街(山梨県富士吉田市)

 長いアーケードの先に見える力強い富士山の雄姿とは対照的に、閉店でシャッターが下りたままの店が目立つ商店街。明治時代から織物業など様々な産業で栄え、富士北麓の政治、経済、文化の中心都市として発展してきた富士吉田市でも、全国各地の地方都市の悩みであるシャッター街化が進んでいる。

●山梨県南都留郡のソーラーパネル(富士河口湖町)

 メガソーラーの急増が景観や自然環境を損ねると問題になり、2014年に山梨県自然環境保全条例を改正。富士山北麓世界遺産景観保全地区で大規模な太陽光発電設備(太陽電池モジュール総面積1万平方メートル超)の新築や増築などを行なう場合は、山梨県との協定の締結や届出が必要になった。

●富士山風祭上流遊砂地(静岡県富士宮市)

 富士山麓には「八百八沢」と呼ばれる多くの野渓(渓流)があり、大雨などによる土石流で過去に幾度も土砂災害が発生している。近年は豪雨も多く、富士山南西麓に位置する富士宮市山宮では、土砂災害を防ぐ砂防施設を整備する遊砂地工事が平成から令和にかけて続いている。

撮影/太田真三

※週刊ポスト2021年1月15・22日号