NHKの朝ドラ『おちょやん』、1月公開の映画『大コメ騒動』、そして2020年最大のブームを巻き起こした『鬼滅の刃』──これらに共通するのは、「大正時代」を舞台にしていることだ。

 都市部を中心に西洋文化が庶民にまで広く普及し、服装も着物から洋装に変わっていって、ファッショナブルな「モダン・ボーイ」「モダン・ガール」(モボ・モガ)が登場。「大正ロマン」「ハイカラ」という言葉に代表される、自由で華やかな雰囲気が社会に満ちていた。15年という短い期間ながら、豊潤な文化が花開いた時代だったのだ。

 大正時代はひと言でいうなら「自由恋愛」の時代だったと、風俗史家の下川耿史氏は語る。

「経済が発展したことで市井の生活に余裕が生まれ、女性の社会進出が大きく進んだ。女性が自分の意思を主張し始めたことで、恋愛や性風俗、そして性愛文化にも、さまざまな変化が見られるようになりました」

 恋愛の舞台となったのが、女性が純白のエプロン姿で給仕する「カフェー」である。谷崎潤一郎の長編小説『痴人の愛』のヒロイン・ナオミが主人公・譲治と出会ったのも、浅草に実在した有名カフェー「ダイヤモンド」だった。大正時代の文学・文化に詳しい東京外国語大学・柴田勝二教授が語る。

「当時のカフェーは、金銭的な余裕のあるインテリ男性が集まる場所で、男性客と女給が親しくなることは珍しくありませんでした。そこから発展して、昭和に入るとカフェーでエロティックなサービスが行なわれるようになっていきますが、大正時代にはあくまで自由恋愛の場でした」

 カフェー以上に“性愛的要素”が強かったのが、映画館だった。明治40年代に日本人の娯楽のひとつになった活動写真が、大正に入って大きく発展。街に多くの活動写真館が開館した。

「活動写真館は、それまでの日本の劇場にはなかった“闇の世界”を生み出しました。女給が客の手を引いて席まで案内する“手引き”が人気で、それを目当てに活動写真に通う男性も少なくなかった。暗闇に乗じて隣席の女性の手を握ったり、話しかけたりすることもあった。着物の袂にラブレターを突っ込む“ぶっ込み”も行なわれました」(柴田教授)

 今でいうところの「ナンパスポット」だったのだ。

“お参り”という名目で

 大正時代になると、江戸時代から続く吉原遊廓にも変化が起きた。明治時代まではショウウィンドウのように格子越しに娼妓たちを座らせ、客に選ばせる「張見世」のスタイルだったが、時代の波が押し寄せる。

「大正に入ると『まるでカゴの鳥。人権問題だ』として警視庁令で禁止され、代わりに娼妓たちの写真を店先に並べる『写真見世』になった。実物を見られなくなり客には不評だったようですが、現在の風俗店の店前に写真を貼り出すスタイルの原型と言えます」(下川氏)

 当時は、いまでは想像もつかない場所が“売春スポット”として栄えていたという。そのひとつが明治神宮周辺だ。

「明治神宮に“お参りする”という名目で、周辺にある連れ込み宿に私娼を連れて入る、というスタイルが流行っていました。本格的に排除されたのは昭和30年代に入ってからです」(下川氏)

 浅草を代表する観光スポットだった展望塔「浅草十二階」(正式名称は凌雲閣)も同様だ。

「真下は『浅草十二階下』と呼ばれ、銘酒屋が並んでいました。そこは働いている女性と一緒に飲食を楽しめる場所になっていて、売春用に酒屋の2階を連れ込み宿として貸している店もあった」(下川氏)

 しかし、大正12年(1923)に関東大震災が発生。浅草十二階は半壊して解体を余儀なくされ、吉原は炎上して壊滅的な被害を被った。そして時代は、モダンとロマンに彩られた大正から、激動の昭和へと移っていく。

「大正は近代に入り、男女とも自己主張したいという気持ちが強く現われた時代であり、性愛はその象徴だったのかもしれません」(下川氏)

 その活力は、令和の時代に生きる我々には少しうらやましくもある。

※週刊ポスト2021年1月15・22日号