親が認知症になっていちばんつらいのは、コミュニケーションが取りにくくなることではないだろうか。自分がよく知るはずの親の変化は理解するのも受け入れるのも難しい。一生懸命やっているのに甲斐なくすれ違ってしまう。

「ユマニチュード」はそんな認知症ケアの困難を解決する技法として注目されている。そこに貫かれた哲学は家族に大きな気づきをくれる。日本ユマニチュード学会代表理事の本田美和子さんに聞いた。

うまくいかない原因 キーワードは “不安”

「人は不安があると、とても落ち着かなくなるものです。認知症のある人が同じ質問を繰り返したり、急に怒り出したり、むやみに拒否したり、ケアする人が困った状況になるときの多くは、本人が不安を感じているときなのです」と言う本田さん。

 認知症は脳細胞が変化して、記憶障害や判断力の低下、時間や場所、言葉の意味がわからなくなることもある。このような機能低下で不安になるのは想像に難くないが、実は家族などケアする人の何気ない言動が不安を増幅させ、困った状況の引き金になることも少なくないという。

「たとえばこんな事例があります。料理をたくさん作って並べたけれど、老親がまったく食べてくれない。原因はたくさんの情報(料理など)が処理しきれなくなっていて、混乱したせいでした。目の前のお皿に一品だけ出されれば安心して食べられる。表面的には気づきにくい場合も、原因は必ずあるのです」

 ほかにも、認識できる視野が狭くなるため正面以外から声をかけても気づきにくくなったり、理解や判断に時間がかかるようになるため、矢継ぎ早に話しかけられると混乱したりする。家族にとっては当たり前のことが、当たり前でなくなっていると気づくことがスタートなのかもしれない。

「機能が低下しても本人が穏やかに生活できるよう、またケアの困り事を解決するためにも、できるだけ〝不安”を取り除くことが大切です。しかし認知症の出方は人それぞれ、タイミングによっても変化しますから、何が不安か、原因を探るのは簡単ではありません。その手掛かりを見つけるためのコツがユマニチュードの中にあるのです」

“あなたが大切”と伝える 4つの柱と自己決定権

 ユマニチュードはフランスの体育学の専門家イヴ・ジネストとロゼット・マレスコッティが考案したケア技法。約40年にわたり医療、介護の現場で、介護がうまくいくときといかないときの違いを見極め、技術を開発したという。

「具体的な技術は500を超えるほどありますが、基本は【見る】【話す】【触れる】【立つ】の4つの柱。ケアをする/されるというかかわり以前に、“あなたが大切です”という気持ちを、認知症のある人にもわかるように届けるための技術です」

【見る】は本人の視野に正面から入って近づき、水平に、ある程度の長い時間、しっかり視線を合わせる。相手に対し正直、親密、平等、好意を伝える技法だ。

【話す】落ち着いた低めの声でゆっくり話す。ケアの場ではつい指示や命令になりがちだが、前向きな提案や励ましの言葉に置き換えて。言葉の意味が理解されない場合も、やさしい声や話し方がメッセージとして伝わる。

【触れる】言葉によらないメッセージの1つ。つかまないことが大原則。下から支える位置で、触れる面積を広くすると安心感が生まれる。

【立つ】人は立って歩くことで生理学的にも健康が保たれ、またその人らしさや尊厳が守られる。できるだけ寝たきりでなく、立つ、体を起こす時間を持つように心掛ける。

「一方で技術だけを身につけるだけではだめで、相手や状況に合わせてタイミングよく繰り出す観察力や工夫も重要です。ユマニチュードは“人間らしさを取り戻す”という意味です。

 ケアの場面では無意識に強制しがち。大切な親のために一生懸命なあまり、よかれと思うことを命令してしまうのです。でもそれが、本人が自分で決める自由を結果的に奪っていることになるかもしれません。

『どうしたい?』と常に聞く姿勢を忘れないで。状態によっては『今日着る服、これはどう?』と聞いてイエス/ノーの答えを聞くだけでもよいのです。最後まで自分の人生を決めていける状況を支えるのが本来のケアです」

老親が活躍した時代への タイムスリップに伴走!

 老親介護でコミュニケーションがうまくいかず困ったとき、家族だからこその“切り札”があると本田さんは言う。

「元気で立派だった親を見てきている子世代は、いまの衰えを嘆いて叱咤激励し、事態を悪くすることがあります。でも不安にさいなまれる老親の救いになるのも、まさに “立派に活躍していた頃”の思い出だったりします。人生の中でいちばん輝いていた頃。それは最近の楽しい出来事ではなく、おそらく30?40年前、親自身が充実していたときのことです。

 たとえば当時の写真を一緒に見ながら“このときのこと、教えて”などと聞いてみてください。現在の不安な気持ちから離れて、機嫌よく話してくれると思います」

 親の喜びを子世代目線で考えると、自分が連れて行った旅行や孫の成長など、最近の思い出ばかりが浮かんでしまうが、不安を吹き飛ばすようなワクワクは、老親の現役時代にある。そこへ子供の方から歩み寄る。これも家族だからこそ共有できることだ。

「親が要介護になったらひとつの区切りがついたと気持ちを切り替える必要があります。しかしあきらめてはいけないのはコミュニケーション。たくさん昔話をして、親の好きなこと、うれしいことを探しておきましょう。それが何より得難い絆になるはずです」

【プロフィール】
本田美和子さん/一般社団法人日本ユマニチュード学会代表理事。筑波大学医学専門学群卒。内科医。亀田総合病院などを経て米国コーネル大学老年医学科などを経て、日本でのユマニチュードの導入、実践、教育、研究に携わり普及を牽引。国立病院機構東京医療センター総合内科医長、医療経営情報・高齢者ケア研究室長。本田さんが監修した3枚組DVD『優しい認知症ケアユマニチュード』は、NHK厚生文化事業団の福祉ビデオライブラリーで無料貸し出しが可能。また、日本ユマニチュード学会が監修する、家族介護のお悩みを解決するiPhone向けアプリ『Carewiz(ケアウィズ)』は無償提供中。

取材・文/斉藤直子 イラスト/鈴木みゆき

※女性セブン2021年1月21日号