もはや誰が新型コロナに感染してもおかしくなくなり、もし感染しても「無症状」「軽症」で済むなら不幸中の幸いと考えている人が多いことだろう。だが、油断は禁物。このウイルスは軽症者を一気に死に追いやることがあるからだ。

「昨年末、新型コロナに感染し、軽症と診断されてホテルで療養中だった50代の男性が亡くなりました。その日も普段通りに朝食をとり、電話で担当者と話し、大きな異常もなかったようですが、電話を切った直後に容体が急変。亡くなるまでわずか数時間だったそうです」

 そう話すのは、自治医科大学附属さいたま医療センター副センター長の讃井將満医師だ。

 新型コロナ治療の最前線で闘い続け、ウェブサイト「ヒューモニー」で軽症からのコロナ突然死について警鐘を鳴らしてきた讃井氏は、「普通に会話することができた患者が、わずか1〜2時間で急変、亡くなるケースは珍しくありません」と言う。

 目下猛威をふるう「第三波」の収束の気配は窺えない。厚労省は1月8日、新型コロナ患者の病床使用率を公表。東京、大阪、兵庫など11都府県で病床稼働率が50%を超え、政府の対策分科会が示すステージ4(爆発的感染拡大)の指標に達した。そのため、無症状・軽症者の多くは、自宅での療養が増え、その数は全国で1万7451人(1月6日時点)にのぼる。

 自宅療養でも、病院や市区町村の担当者との連絡で健康状態を確認してもらえるため、安心しがちだが、発熱、倦怠感、味覚や嗅覚の異常といった症状のみで、息苦しさがないまま経過し、急激に症状が悪化し、医師の処置も間に合わないまま急死するケースが報告されている。

 1月6日には、横浜市で自宅療養中だった一人暮らしの60代男性が亡くなっているのが発見された。男性に基礎疾患はなかった。1月3日に新型コロナ感染が確認されたものの体調もよく、本人の希望もあって自宅療養に。翌日夜、県の担当者との電話でも会話ができていたというが、その後、連絡が取れなくなり、家を訪ねた親族が倒れている男性を発見した。

 神奈川県の黒岩祐治知事は「安否確認の強化に取り組むなかで痛恨の極みで、心からおわびする」と謝罪している。

 記憶に新しいのが、昨年12月27日の羽田雄一郎参院議員(享年53)の死去だ。数日前から発熱や倦怠感といった症状が続き、PCR検査を受けるため秘書の運転する車で病院に向かう途中で突然、呼吸が荒くなった。「俺、肺炎かな」と口にした直後、意識を失い、すぐに救急搬送されたが、搬送先の病院に到着する前に死亡した。

 羽田議員には糖尿病や高血圧といった基礎疾患があったが、まだ50代で精力的に働く現職議員。軽症であったにもかかわらず医師が処置する間もなく重症化、そして死に至ったことは強い衝撃を与えた。

 こうした軽症患者が急激に重症化する事例について、呼吸ケアクリニック東京理事長の木田厚瑞医師(呼吸器内科)はこう説明する。

「一連の報道から推測するに、羽田議員は『ハッピー・ハイポキシア』に陥っていた可能性があります」

スマホで会話していたのに

 聞き慣れない症状だが、「サイレント・ハイポキシア」とも呼ばれ、和訳すると「幸せな低酸素血症」、「沈黙の低酸素血症」となる。

「身体を流れる血液中の酸素の濃度が低下した状態は低酸素血症、さらに進んだ状態は呼吸不全と呼ばれ、通常は息切れなど強い呼吸困難が発生します。

 しかし、新型コロナの感染症で、強い低酸素血症であるにもかかわらず、呼吸困難が起こりにくい人がいる。そのため、本人も周囲も気づかないまま重症化してしまい、最悪、急死するケースが多数報告されています。重症化するまでは苦しくないことから『ハッピー・ハイポキシア』と呼ばれますが、医師としてはとても幸せな症状とはいえません。

 振り返れば、昨年3月に亡くなった志村けんさん(享年70)も、かかりつけ医に肺炎と診断されて病院に搬送され、入院翌日には意識を失うほど重症化し、あっという間に亡くなった。

 現在は、コロナ感染を防ぐために遺体のCT検査を行なわないため、心筋梗塞や肺塞栓症などの可能性も否定できませんが、すぐに意識を失ったということは入院前から重度の低酸素血症だった可能性はあります」(前出・木田医師)

 前出の横浜市の60代男性の場合も血液中の酸素濃度は正常値より大幅に低く、入院相当の値だったが、担当者との電話で男性の応答に問題はなかったため、県は機械の誤測定と判断して経過観察としていた。

「新型コロナ感染症ではハッピー・ハイポキシアの患者が多い。急死の原因は心臓発作や脳卒中もありますが、多くはハッピー・ハイポキシアの状態から急激に肺炎が進行した可能性が高い」(前出・讃井医師)

 この症状は、昨年、米ウォールストリートジャーナル紙(5月11日付)がいち早く報じ、同紙が「ハッピー・ハイポキシア」と命名。8月1日には、著名な呼吸生理学の研究者であるマーチン・トビン氏らの研究チームが、米国胸部学会(ATS)の学会誌に論文を発表したことも相まって、米国では広く認知されているという。

「論文にはいくつかの新型コロナ患者の症例が出ていますが、58歳の男性患者の例では、血液中の酸素濃度は人工呼吸器やECMO(体外式膜型人工肺)を使わねばならないほど低かったにもかかわらず、息切れなどの呼吸困難の症状はまったく見られなかった。平然とスマホで会話をしていたというのです」(前出・木田医師)

 自覚症状がないとはいえ、血液中の酸素が不足しているため、身体は酸素を求め、無意識に呼吸は激しくなっている。

「大きな呼吸や速い呼吸を続けてしまうと、肺を傷つけ、肺炎の進行を早めてしまう。運良く助かったとしても後遺症として記憶力や注意力などの認知機能の低下、うつやPTSDの症状が起きうる」(前出・讃井医師)

※週刊ポスト2021年1月29日号