音声SNS「Clubhouse」(クラブハウス)が流行している。日本向けのサービスは1月下旬に始まったばかりで、まだAndroid版はなくiOS版しかないものの、芸能人や文化人、インフルエンサーも多く参加しており、それをきっかけにテレビの情報番組でも取り上げられるなど大きな注目を集めている。他の多くのSNSと同様、無料サービスなのだが、一部で金銭が介在するやりとりが発生するなど、ユーザーたちの間で不穏な気配がちらほら見える。SNSの利用実態とトラブルに詳しいITジャーナリストの高橋暁子さんが、Clubhouseの利用実態とリスクについて解説する。

 * * *
 秘密のラジオ番組を聞いたり、作ったりしているようだという感想が参加者から聞こえてくる実名制の音声SNS「Clubhouse」に参加するには、電話番号を利用した招待をされる必要がある。

 この招待制度だが、当初は1ユーザーにつき2名までしか招待できないなどの限定性がプレミア感を増幅させ、非ユーザーたちの使いたい気持ちを刺激した。こういった純粋に特別な空間への憧れから興味を持つ人だけでなく、インフルエンサーとなって先行者利益を得ることを狙った層もいっせいに参加を始めたところだ。今まさにClubhouseはバブル状態となっているのだ。

「見知らぬ相手から購入」で個人情報悪用も

 Clubhouseは炎上の心配がないSNSだと言われている。それは何よりも、ユーザーが匿名ではないこと、身元保証のようなものがあることが要因だ。プロフィールに誰が招待して加わったのか、何月何日から参加しているのかが必ず表示される。この招待者と紐付けられていることが身元保証のような効果をあげており、登録ユーザーへの信頼性を高めている。

 さらに、音声チャットが交わされる場所、トークルームでの会話が穏やかに交わされるだけで進行することも炎上と無縁だと言われる理由だろう。ルームを主催する人にスピーカー、つまり話し相手として呼ばれれば誰でも直接、話してトークに加わることができるが、逆に言えばスピーカーに呼ばれない限りコメントもできないので、そのルームは荒れにくいようになっている。

 ここまで穏やかに運営されているClubhouseの特徴ばかりあげた。しかし問題が起きないわけではなく、始まったばかりのSNSサービスらしく、むしろ色々なトラブルが起きている。

 フリマアプリのメルカリでは、サービスや権利など実体がないものの売買が禁止されており、現在は削除対象となっている。ところが、Clubhouseの招待枠が1万円前後で販売されていた。既に販売済みとなっていた出品も複数あったが、言うまでもなくこれは非常にリスクが高い行為だ。前述のようにClubhouseへの招待は電話番号を紐付けさせねばならないため、信用できるかどうか分からない人に電話番号を渡すことになる。その後、悪用される怖れは決して小さくない。

 売買されるだけでなく、招待詐欺も起きている。Twitterでは、

「やばい、支払いしたのに招待されないしブロックして逃げられた。電話番号も教えちゃったしどうしよう」

 と嘆くユーザーが複数、出現している。

 このように、SNSで招待枠を売る口約束をした上で、支払いを受けてから相手をブロックして逃げるという詐欺が起きている。被害を訴える人がいる一方で、いまもTwitterでは「Clubhouse招待枠売ります」「招待枠再入荷しました #Clubhouse」「Clubhouse招待枠プレゼント」などの書き込みが相次いでいる。

 もし、確実に招待されるためなら買ってもよいと考える人は、前述のリスクを思い出して、落ち着いて欲しい。既にユーザーは増えており、招待枠が増えて余るようになっている人も多いので、周囲の信頼できる人に招待されるのを待つべきだろう。また、米「ビジネスインサイダー」誌で同社のデイビソンCEOが「できるだけ早く招待制からすべての人が参加できるようにしたい」と話しているので、招待を待たずとも登録できる日はそう遠くないだろう。

未成年には出会い系被害のリスク

「夜中に覗いたら高校生ばかりのルームがあって、高校生と直接話せた。普段の生活とか使っているサービスとか色々聞いてしまった。楽しかったけど、悪い大人が入り込んでいたらやばかったんじゃないかな」

 最近、Clubhouseでトークを聞いたり、トークルームに参加するのが日課になりつつある40代男性は、自分が参加したルームの内容に首をかしげる。一応、利用規約で18歳以上対象とされているサービスなので、まさか子供たちばかりの場所があるとは想像していなかったからだ。若い子たちは動画のほうが好きだろうから、音声だけのSNSなんて見向きもしないだろうと思い込んでいたということもある。子供たちとのトークは思いのほか楽しかったが、危うさも感じたと続ける。「別のルームで、初めて会った同士で盛り上がって、『明日会おう』と約束しているのを聞いてしまった。既に出会い系に使われているようだし、事件につながらないといいけど」

 文字だけのやりとりよりも、直接、話すことで相手と仲良くなりやすくなることは否定できないだろう。また、ライブ(生)での会話だと、どうしても個人情報を漏らしやすいし、相手に好意を感じたり信頼したりした結果、誘い出されるリスクも高くなる。

 繰り返すが、Clubhouseは利用規約で18歳以上が対象とされている。しかし、特に年齢を確認する仕組みなどはなく、実際には未成年も利用することができる。筆者も「中学生」と名乗るユーザーなど、未成年を何度も見かけたことがある。

 肉声でライブチャットをすると、相手との距離が近づきやすいと前述したが、子供だとその傾向がなお強い。最近では、未成年ユーザーがオンラインゲームのボイスチャットで親しくなった結果、相手に誘い出され、誘拐や性被害に遭う事件が続いている。保護者は、未成年が見知らぬ他人と話すリスクを知り、子どもの利用を見守るべきだろう。

情報商材ビジネスや犯罪の温床になる可能性

 繰り返しになるが、Clubhouseでは知らない人と直接、ライブで自分の声で話せる上、会話は基本的に録音されず保存もされない仕組みだ。それ故、この中で犯罪につながる会話がされたとしても、たどることができない。最近の犯罪には、やり取りがサーバーにも保存されず復元が難しいメッセンジャーアプリ「テレグラム」が利用されることが多いが、似たような目的で使われる恐れもある。

 既に米国では、Clubhouseは情報商材の販売にも使われている。米国のあるトークルームに参加していたユーザーは、スピーカーとして活躍するうち信頼を勝ち得て自分もそのルームのモデレーター権限を獲得。仲間を呼び集めてもとのモデレーターを追い出し、ルームを乗っ取ってフォロワーを増やし、Clubhouseを情報ビジネス拡大のためのツールにしてしまった。

 外に情報が漏れない秘密の会話を聞ける、参加できることそのものにユーザーが価値を感じると、そこで得られた情報に、実際の内容以上に高い評価をつけてしまいがちだ。その特徴を、トークの主導権を握るユーザーが承知したうえで、わざと偏った情報を与え続けたらどうなるか。実際に米国では、一部のカルト宗教が信者集めにClubhouseを利用していると指摘されている。こういった、情報商材ビジネスなどと親和性が高い点は、世界中のどこであっても注意が必要だ。

 実際に懸念される会話が交わされているのは、米国のトークルームだけではない。 日本では、セクシー女優とスカウトマンがモデレーターを務めるルームで「ギャラ飲み」の話が交わされていたが、そこの盛り上がりと会話のゆくえが危ういものだったと指摘されている。そのルームにはセクシー女優を目当てに男性ユーザーが次々と入ってきており、ギャラ飲みに興味を示している人もいた。トークが盛りあがった末にリアルイベント、この場合はギャラ飲みが実行されることそのものは悪いこととは言えないだろう。だが、ギャラ飲みの先の親密なお付き合いについても金額次第で応じさせられると段取りする人があらわれたら、法律を犯す領域に踏み込んでしまう危険が高くなる。

 ルームの中で交わした会話の音声は録音されない、つまりアーカイブが残らないので、ここだけの話としてオフレコの話をしている人は多い。規約上、話したことの録音、記録も禁止されており、それも安心感を高めているようだ。しかし、Instagramの24時間で消えるストーリーズも、実際には保存されてTwitterなどに転載され、ネット炎上することも珍しくない。なのでClubhouseであっても保存ツールが作られてしまう可能性は大きいし、そういったものがなくても、単純にトークを聞くときにスマホへICレコーダーを近づけて録音してしまえば……記録されて流出する可能性はあるので、注意は必要だろう。既に藤田ニコルさんがClubhouseで話した内容が雑誌で記事化されており、保存されないというのはあくまで幻想に過ぎなかったことがわかっている。

 ライブ(生)で聞くこと、話すことにこだわる音声SNSについては、犯罪に関わるまでゆかずとも、単純に中毒性が高く、「時間泥棒」「時間が溶ける」という声も多い。

 コロナ禍にぴったりの楽しいサービスだが、個人情報を漏らしすぎないこと、悪意を持った相手も混じっている可能性があることなどを知った上で、リスクに気をつけながら使うようにしてほしい。