「睡眠は薬に勝る」──海外には、そんなことわざがある。私たちは1日の約3分の1を寝て過ごす。その時間は生命を維持するために欠かせず、小さな悩みごとなら寝れば忘れてしまう。しかし、休息をとっているはずの時間に、生命の危険に襲われる恐ろしい病がある。例えば急性心筋梗塞は国内で年間15万人が発症し、そのうち約4万人が亡くなっているとされる。

 急性心筋梗塞など、心疾患の原因の多くを占めるのが動脈硬化だ。これは文字通り血管が硬くなることを指す。普段血管は、それ自体のしなやかさを利用して全身にくまなく血液を送っているが、柔軟性が失われると心臓の負担が増大する。さらに、血管の内側がもろくなると粥腫(プラーク)という「こぶ」が血管の壁に形成され、血管の中を狭くしたり、はがれて血管を詰まらせたりすることもある。

 動脈硬化は加齢のほか、高血圧が主な原因とされる。健康診断などで血圧の高さを指摘されている人は普段から塩分を控えるなど生活習慣に配慮したり、薬をのんだりして対処しているだろう。しかし、恐ろしいのは「自分は正常値だ」と思っている人の中にも、実は高血圧の人がいるということだ。内科医の近藤千種さんはこう指摘する。

「通常なら、自律神経の働きによって就寝後、徐々に血圧が低下し、朝の起床時に向けて上昇していきます。しかし、夜になっても血圧が下がらない人もいて、これを『夜間高血圧』と呼びます。

 健康診断でも気づかないため指摘されませんし、本人も自覚症状がないまま、長期にわたって高血圧によるダメージが全身の血管に蓄積されてしまう。最終的には心不全や脳卒中、心筋梗塞など循環器系のリスクを高めることにつながってしまうのです」

 夜間高血圧を含め、高血圧と診断される人の9割ほどが生活習慣などによる原因不明の「本態性高血圧症」というものに分類される。だが近年になり、ある病気と夜間高血圧の関連が疑われていると近藤さんが続ける。

「夜間高血圧は睡眠時無呼吸症候群と関係すると指摘されているのです。そのメカニズムは、無呼吸状態から呼吸が再開される際に脳が覚醒状態になり、本来優位であるはずの副交感神経に代わって、交感神経が働くためではないかといわれています」

 肥満の人のほか、あごが小さかったり、首回りに皮下脂肪がついている人は気道の断面積が小さくなりがちで、睡眠時無呼吸症候群になりやすいといわれる。

 また、いびきをかく、昼間に眠気が強く残る、疲れが取れないなどの症状に覚えがある人は、夜間高血圧である可能性を疑った方がいい。自分が夜間高血圧か確認するなら、こんな測定方法がおすすめだ。

「朝、起きて30分以内の血圧を測ります。上が135mmHg、下が85mmHgを超えるようなら循環器内科などを受診してほしい。『24時間血圧計』という医療機器もあり、医師が必要だと判断すれば保険適用で安価で借りることができます」(近藤さん)

 未治療で自覚症状のない高血圧患者は国内に1400万人もいるとされる。この中には健診や検査で気づかない夜間高血圧の人も多く含まれると推定される。

 逆に、「普通の高血圧」だと思って薬をのんでいたところ、実は夜間高血圧であったことが後々わかったというケースもある。

「降圧剤をのんでも効果がないというので話を聞くと、睡眠時無呼吸症候群の症状があり、夜間高血圧だとわかることもあります。自覚症状のある人はもちろん、家族に血管系の病気がある人は積極的に調べてほしい」

 夜間高血圧と日中の高血圧では、薬をのむ時間帯がまったく変わってくる。ただ薬をのんでいればおさまるものではない。秋津医院院長の秋津壽男さんがいう。

「通常なら日中に血圧が高くなって夜には下がるため、降圧剤は朝いちばんにのむのが基本。昼間に仕事や運動をしたときに血圧が上がりすぎるのを防ぐのが狙いだからです。もし夜間高血圧だとわかれば、主治医と相談した上で、薬を2つに割って朝晩に分けてのむなど、時間差でのむ必要が出てくる。通常なら日中にガツンと効くようにしているものを、一日中薬効が続くように調整しなければならないのです」(秋津さん)

 ただし、降圧剤ののみすぎが「夜間低血圧」のリスク要因となることもある。新潟大学名誉教授で医師の岡田正彦さんが言う。

「夜に血圧を下げる薬をのむと、寝ている間に血圧が下がりすぎてしまう人もいる。血圧は低ければいいというものではなく、ふらつきによる転倒、むくみ、頭痛、疲労感などさまざまな体調不良のほか、脳梗塞を引き起こす恐れもあります」

 脳梗塞も、寝ている間に亡くなっている場合の主な原因となる1つ。脳の血管に血栓が詰まって血流が止まり、その先の脳細胞が壊死してしまう病気だ。詰まる場所によって起きる症状はさまざまだが、太い血管が詰まって、朝まで気づかないと死に至ることもある。

 高齢者と若い世代では、血圧管理の考え方も変えなければならない。

「たとえば80代前後の高齢者になると、家庭血圧が135mmHgを超えていても、服薬によるリスクを考えて杓子定規に投薬はしないケースもあります。ただ、若い人の場合はその後の人生がまだ30〜40年もある。高血圧は放置すればするほど血管をボロボロにしてしまうリスクがあるので、積極的に治療すべきだと思います」(近藤さん)

 直接見ることはできないが、血管という全身に張り巡らされた“命綱”の状態に意識を向けておきたい。

※女性セブン2021年3月11日号