夫がちょっと薄くなってきたら「それ、なんとかしたら?」とズバッと言えるのに、いざ自分のことになると悩んでいてもなぜか口にできない薄毛。これまで男性ほど広く知られてこなかった女性の薄毛について、原因や治療法が少しずつ明らかになっている。「クレアージュ東京 エイジングケア クリニック」院長の浜中聡子さんが解説する。

【1】薄毛患者の過半数は50代以上「この10年で2.5倍に急増」

「髪の太さやコシは、恵まれた人でも30代後半がピーク。以降は衰え、特に40才前後で多くの人が急激に実感します」(浜中さん・以下同)と話すように、クリニックを訪れる患者の約9割は40代以上で、過半数を50代以上が占める。

「抜け毛が増える、地肌が透ける、など悩みや程度は千差万別。10年ほど前は薄毛や抜け毛といえば男性というイメージが強く、治療の認知も進んでいませんでしたが、女性が外に出る機会も増え、治療の認識が広まってきたこともあり、患者さんの数は年々増加しています」

【2】「コロナ抜け毛」に悩む人が増えている

 いま相談件数が激増しているのがコロナ抜け毛。

「コロナ禍における髪の毛の変化についての専用相談窓口を昨年10月に設けたところ、設置以来、100件以上のご相談がありました」

 環境の変化によるストレスや、運動不足、生活習慣の乱れ、また感染による後遺症など要因はそれぞれ。ここ1年の抜け毛の原因は、加齢ではなくコロナのせいかもしれません。

【3】複合要因が絡み合う「薄毛の原因」

 遺伝の影響を強く受け、男性ホルモンが増加することで毛根を弱らせてしまう男性型とは異なり、女性の薄毛は多くの要因が絡み合う。

「コレという原因がはっきりわかっていないことこそ女性の薄毛の最大の特徴です。あえて2大原因をあげるなら、加齢に伴う“血流の低下”と“女性ホルモン分泌量の低下”です。血流が低下すると頭皮に栄養が行きわたらず、女性ホルモンが低下すると髪質が悪くなり抜けてしまうのです」

 不規則な食生活や運動不足、出産や加齢によるホルモンバランスの乱れなどが重なり合って起こる女性の薄毛、まずは生活習慣から見直したい。

【4】女性特有の薄毛「3タイプ」

 男性の薄毛と女性の薄毛は原因も異なれば、タイプもまったく違うもの。女性ならではの薄毛の傾向は大きく分けて3つ。ホルモンバランスの影響や、髪形など生活習慣や体質によるもので、“ヘアスタイルでごまかそう……!”と思っているうちに事態はどんどん深刻に。症状を進行させないためにも、思い当たる人はケア&治療を。

(1)びまん性脱毛症

 髪全体が薄くなる症状で、特に頭頂部の頭皮が透けて見えるのが目立つ。「最も多いのがこのタイプ。頭頂部からすだれ状に地肌が透けてきます」

(2)男性型脱毛症(FAGA)

 女性ホルモンの減少とともに、男性と同じようにフロント部分も薄くなる。「更年期や閉経を迎えることで発症するケースです」

(3)牽引性脱毛症

 髪を結ぶ女性に多く、髪に分け目を作り引っ張られることで毛根にダメージが。「髪の毛の分け目を小まめに変えることで予防できます」

取材・文/田名部知子 取材/戸田梨恵 イラスト/きくちりえ(Softdesign LLP)

※女性セブン2021年4月1日号