近頃、急激に普及しているのが、マッチングアプリだ。20代、30代はもちろん、40代以上の利用者も増加しているという。

 そこで、マッチングアプリ「ティンダー」を使い、多くの“年下男子”との恋愛を経験し、その日々を赤裸々に描いた漫画家・松本千秋さんに、モテるコツと上級者向けのマッチングアプリ使いこなし術を教えてもらった。

 マッチングアプリを始めたきっかけは、価値観が合う友達探しだったと言う松本さん。

「私は初めてつきあった男性と24才で結婚しました。でも、13年間の結婚生活はつまらなかったし、今後の人生、元夫としか愛し合った経験がないというのはどうかと思ったんです。いろんな人と出会いたかったんですよね」

 それで選んだのが、“距離”で相手を探せるティンダー。当時は、人口密度の高い東京都渋谷区に住んでいたせいか、登録後3分で99人以上の人から「Like」をもらった。

「正直、最初は理解できませんでした。実年齢を公表し、顔はスタンプで半分隠して載せていたのに、なぜこんなにモテるのかと……。ティンダーの場合、すぐに会って遊ぶことを目的とした登録者が多かったから、気軽に『Like』を送るんでしょうね」

 とはいえ、松本さんは相手を厳選したという。

「私は20代のイケメン狙いだったので、顔が好みなのが大前提でした。いいと思ったら、相手の写真を見て、過度な画像補正をしていないかをチェック。そして会う前に、相手の実名をインターネットで検索。学生なら大学名が、モデルや俳優の場合は所属事務所がわかる人と会いました。何かあったら所属団体に問い合わせようという自衛策です」

 イケメンとは、ただ話していても楽しかったという。自分の条件を最優先するのが、相手探しをするうえで重要なのかもしれない。

おごらせ上手は年下男性にモテる!

 そしてもう1つ、ティンダーで恋愛をするうえで決めていたルールがあったという。

「それは、相手が大学生だろうと、ホテル代を出してもらうこと。あくまで私の経験なのですが、男性は身銭を切った女性を大切にします。自分の方が年上だと、つい払ってしまいそうになりますが、そこは、“おごらせ上手”になった方がいい。あとは年上風を吹かせて説教をしないことも心がけていましたね」

 松本さんは、パリコレのモデルやドラマにも出演している俳優など、約4か月で15人以上の20代イケメン男性と恋愛を楽しんだ後、一度退会した。しかしその後再開し、1年間に47人の男性と会ったが、いまは休止している。

「やめた理由は仕事が忙しくなったからなど、さまざまありましたが、考え方が変わったことも大きいですね」

 漫画にもこうある。

《誰かを大切にしたり大切にしてもらったりする日っていつかは来たりするのかな(中略)そもそもひとって特別な存在と愛で繋がっていないと生きていけないのだろうか》

 ひとりで生きるのは寂しい。マッチングアプリを使えば、一生の伴侶とも、一瞬の満足を与えてくれる人とも出会える。

いずれにせよ、心の空白を“思い出”で満たすきっかけを与えてくれるはずだ。

【プロフィール】
松本千秋さん/漫画家・イラストレーター。1980年生まれ。東京都出身。映像制作会社勤務を経て、専業主婦に。その後、銀座でホステスを経験し、イラストレーターに転身。『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』(幻冬舎)は、2000年にドラマ化も。

取材・文/前川亜紀

※女性セブン2021年4月8日号