ヘア&メイクアップアーティストの山本浩未さんが、オトナのための美容情報を紹介する「メイクのメ」。今回は、ビタミンC美容液で肌の基礎体力を底上げする方法を教えてくれました。

 * * *
 いよいよ本格的に紫外線が気になってきましたね。この時期に投入するコスメといったら、なんと言ってもビタミンC配合の美容液! ビタミンCはおなじみの成分ですし、美容液もいろんなメーカーから出ていますが、どこのを使っても満足度が高いですよ。美白、くすみや毛穴の開き、ざらつきなどマルチに効いてくれるので、私も「なんとなく肌が不調」と感じたら必ず手に取るし、新製品を見たら使いたくなります。

 なかでもおすすめなのが、ドクターケイの『Cコンセントレートオイルセラム』。ドクターケイは、皮膚科医の亀山孝一郎先生が手掛ける、ドクターズコスメです。亀山先生は、美容皮膚科やドクターズコスメがまだ当たり前ではなかった頃から、ずーっとビタミンCの効果にこだわり続けているので、信頼感も高い。このたび、人気のビタミンCオイル美容液がリニューアルして、パワーアップしました。

 普通の美容液のように化粧水の後になじませる使い方でOKですが、洗顔後すぐに導入美容液として使ったり、マッサージオイルとして使ったりもできます。ボディーや髪にもいいそうですが、ちょっともったいない(笑い)。とはいえ、今回のリニューアルで30ミリリットル・1万1000円が20ミリリットル・5940円と手に取りやすくなったところもポイントです。

 もうひとつ、最近の美容業界で注目されている「ストレス炎症」にいち早く着目している点もさすが。ストレス炎症とは、ハウスダスト、紫外線、マスク、コロナなど内外のストレスによって肌内部で発生してしまう微弱炎症のことで、不調や老化の原因になるといわれています。今回、抗酸化・抗炎症効果もアップしているので、ますます期待が高まります!

 紫外線やマスクストレスを感じるいまの時期、まずは1本使ってみて! 肌の基礎体力が上がるのを実感できるはずです。

【プロフィール】
山本浩未(やまもと・ひろみ)/ヘア&メイクアップアーティスト1964年生まれ。「今すぐ実践できる」を発信する、メイクの第一人者。

※女性セブン2021年4月15日号