やせたいのはウソじゃないけれど、運動なんてしたくないし、食べるのをがまんするなんてもっとムリ。みんなそう思っているからこそ、売れているのは、本当においしくて、安くて、結果が出る「ダイエット食品」。おなじみのあの商品から次世代食品まで、人気の健康食を紹介する。

 国内最大級のダイエット商品専門クチコミサイト「ダイエットカフェ」を運営する福田尚広さんによると、満足度が高い商品は、体重が減るだけではなく、コスパもいいと話す。低価格で続けやすく、しっかり効果を実感できるものが、いま人気のダイエット食品の共通点だ。

いつものご飯に“やせる栄養素”を足す

 腹持ちのいい食品の代表選手は、白米に混ぜる『マンナンヒカリ』。こんにゃく精粉などでできた、お米そっくりの“低カロリー・低糖質ご飯”だ。本物のお米に混ぜて炊くだけで、ご飯のカロリーや糖質を減らし、さらに食物繊維がプラスできる。管理栄養士の菊池真由子さんもすすめる。

「精製された白い炭水化物は、糖質が多く、血糖値を急上昇させて、結果的に体に脂肪がたまりやすくなる。白米はその代表です。一方、精製されていない玄米や雑穀米は、代謝を高めるビタミンB群や食物繊維が豊富でダイエット向き。しかし、独特のにおいと食感があるものもあり、続かないという人が多いのです。『マンナンヒカリ』は、見た目も食感も白米にとても近い。おいしさを損なわずに、無理なく糖質をカットできます」(菊池さん・以下同)

 このように、白米に混ぜることで、糖質量をコントロールしながらダイエットに必要な栄養素を補える食品が人気。

 たとえば『サプリ米』は、白米1合に対し、小さじ1杯くらいを混ぜて炊くことで、栄養を強化できる。

「精米時に特殊な技術で栄養素をコーティングしたもので、現代人に不足しがちな5種類のビタミンと鉄分を補給できるもののほか、カルシウムや葉酸を補えるものもあります。不足しがちな栄養素を補うことで、やせやすい体づくりに役立ちます」

 ダイエットに不可欠な栄養素といえば、腸内環境を整える食物繊維。特に、腸の中で水分を吸ってゲル状になり、腸の“大掃除”をしてくれる水溶性食物繊維は、意識して摂取したい。

「水溶性食物繊維の大麦β-グルカンが含まれている『大麦効果』は、腸内環境を整え、コレステロール値を下げるのにも役立ちます」

 テレビCMでよく目にする『からだすこやか茶RW』には、水溶性食物繊維の「難消化性デキストリン」が含まれている。「脂肪と糖の吸収を抑える」とうたっているのは、水溶性食物繊維の働きによる。

「これは特定保健用食品(トクホ)で、いわば国のお墨つき。効果も安全性も確認済みです」

 ただし、継続して飲み続けないと、効果を実感しにくいとも。パッケージでは、食事ごとに1回350mlを飲むのを目安として表記している。ちなみに、トクホの効果と安全性は「3か月間、毎日連続して摂取し続ける」ことが前提になっている。

「今日は揚げものを食べたから飲んでおこう」などと、ランダムに飲むだけでは、ただのお茶と同じということ。

 ダイエット食品も「継続は力なり」のようだ。

おやつが食べたいなら「置き換え系」を駆使

 福田さんによると、特に人気が高いのは、「置き換え系」のダイエット食品だという。

 定番は、『フルグラ』などのグラノーラを使った商品。菊池さんも、グラノーラの食物繊維が腸内環境を整えて便秘を改善し、ポッコリお腹の解消に役立つと話す。

 とはいえ、注意が必要な商品もある。

「『DHCプロティンダイエット』シリーズは、スムージーからリゾットまで種類が豊富で人気。栄養素もよく考えられていて、ビタミンや食物繊維が豊富です。ただし、おいしくするために糖質や脂質の量が多いものも。成分表を確かめてから購入した方がいいでしょう」(菊池さん・以下同)

『カロリーメイト』や『1本満足バー』も、たんぱく質や鉄分、食物繊維、ビタミンなどのバランスがよく、ダイエット中に最適のおやつ。しかし、これも「これさえ食べていればやせる」というものではない。

「食べる量が少なすぎると、体は自動的に省エネモードになり、その状態で糖質や脂質を摂ると、かえって太りやすくなります。置き換えダイエットは長期間続けないのがポイントです」

新時代のダイエットに「完全食」がくる!

 福田さんが注目する次にくるダイエット食品は「完全食」と呼ばれるもの。

「一食で体に必要な栄養素を適切なバランスで摂ることができ、しかも低糖質、高たんぱくで太りにくい。忙しい人でも手軽に栄養バランスを整えてダイエットを目指すことができます」(福田さん)

 たとえば一食で1日に必要な栄養素の3分の1が摂れるという『BASE FOOD』。パンは4種類、パスタは2種類あり、月に1度自宅に届けてくれるサービスもあり、巣ごもり生活の強い味方だ。

 菊池さんは、健康的にダイエットするには、日頃の食事が最も重要と説く。たんぱく質やビタミンB群が豊富な牛肉、豚肉、鶏肉、卵などを積極的に食べることを推奨する。

「急激に体重を落とすのではなく、〝現在の体重の5%を減らすこと〟がダイエットの目安です。そして、やせたらその体重をキープすることがゴールです。無理な食事制限や極端な置き換えはせず、あくまでも食事をベースに、ダイエット食品は補助程度に食べるようにして」(菊池さん)

 ダイエット食品をうまく使って、ストレスなく理想の体重を目指したい。

※女性セブン2021年4月29日号