現在、全国に約470店舗を展開している「カルディ」こと、「カルディコーヒーファーム」には、こだわりのオリジナルコーヒー豆30種類をはじめ、世界約50か国からの食品が並んでいる。今年3月19日にオープンした「イオンモール鳥取北店」で、ついに全国を制覇し、その人気はさらに拡大中だ。世界中から選りすぐりの食品を集めるカルディだが、本場の味が手軽に作れる料理キットやレトルト、インスタント食品も豊富にある。

 旅行の楽しみといえばご当地グルメを味わうこと。コロナ禍により渡航がままならないいま、自宅で海外の料理を再現し、旅行気分を味わいたいという人が増えている。

 しかし、本場の味を知らなければ、おいしく仕上げるのは至難の業。そんなときにもカルディが大活躍だ。

 たとえば、韓国料理でおなじみの「トッポギ」。これは、トックと呼ばれる餅をコチュジャンや砂糖を使って甘辛く煮込んだものだが、食べ慣れなければ、調味料の微妙なバランスがわかりにくい。

 ホームページで公開されている海外の味を再現できるようにアレンジしたレシピをベースに、スパイスや調味料を少し加えれば、さらに本場の味に近づけられる。

 そこで、カルディマニア歴20年という料理家の「たれみ〜な」こと澤田美奈さんが厳選した、カルディの調味料を使った世界9か国のお手軽料理&ちょい足しアレンジを紹介しよう。

◆スペイン・好みの魚介で作るアヒージョ

『オリジナル アヒージョシーズニング』 20g(10g×2袋) 163円

 スペインの代表的なタパス(小皿料理)のアヒージョが、簡単にできる粉末調味料。煮込んだオイルに軽く焼いたバゲットを浸しても美味。余ったオイルを野菜炒めに使うのも〇。

 1袋分をオリーブオイル200mlと混ぜてから好みの食材を入れ、弱火で10分加熱する。「『エルブ・ド・プロバンス』というミックスハーブを加えて煮るとさらに風味がアップ」(澤田さん・以下同)。

◆スイス・こんがり焼くポテトのパンケーキ

『スイスデリス ロスティ(スイス版ハッシュドポテト)』 500g 428円

 じゃがいもを細切りにし、表面がカリカリになるまで焼くスイスの伝統的な料理。朝食、おやつ、おつまみのほか、料理のつけ合わせにも活用できる。

 袋の上からよくもみほぐしてからフライパンに入れ、じっくり焼くだけ。「塩味がついているので、味変するならフレーバーオイルがおすすめ。『白トリュフオイル』をかければ、贅沢な味わいにハリッサの辛みも合う」。

◆イタリア・レモン風味の爽やかパスタ

『オリジナル 塩レモンパスタソース』 30g 124円

 にんにくベースにレモンの皮と果汁を加えた、すっきり爽やかなパスタソース。夏の冷製パスタにもおすすめ。肉の下味や、ゆでた魚介などと和えてマリネにしてもおいしい。

 ゆでたパスタにパスタソースとオリーブオイルを混ぜれば完成。「さらに、さばをレモンバジルソースで味付けした『岩手県産 サヴァ缶 国産サバのレモンバジル味』と合わせれば、栄養バランス◎」。

◆モロッコ・電子レンジでクスクスが作れる!

『オリジナル クスクスソースハリッサ風味』 100g 151円

 地中海生まれの辛み調味料・ハリッサの風味に仕上げたオリジナルソース。小麦粉から作った粒状のクスクスは、通常蒸して作るが、これなら電子レンジ加熱でOK。

 ソースと乾燥クスクスを耐熱容器に入れてよく混ぜ、電子レンジで約2分加熱するだけ。「乾燥パクチーを少量加えれば、エスニック風味が増します。焼き野菜や肉を添えると、味も見た目も本格的に」。

◆シンガポール・炊飯器で作る海南鶏飯(ハイナンチーハン)

『オリジナル 海南チキンライスの素』2合用 205円

 シンガポール風の炊き込みご飯が簡単に作れる調味液のセット。甘辛いしょうゆベースの「黒だれ」、しょうが入りのシンガポールチリソース「赤だれ」付き。

 2合の米と水を炊飯器に通常通りセットし、炊き込みだれ、鶏もも肉1枚を入れて炊く。「パクチーをたっぷり添えて食べます。好みでベトナムのえびラー油『サテトム』を添えても美味」。

◆インド・カレーに添えたいインド風漬けもの

『オリジナル アチャールの素 インド式漬物』 20g 182円

 インドでよく食べられている野菜の漬けもの。クミン、パプリカパウダー、レモンパウダー、ウコン、ジンジャーパウダーなどのスパイスがたっぷり入っている。

 アチャールの素10gと酢大さじ3をよく混ぜたものと野菜や豆を和え、冷蔵庫で冷やせばOK。「マスタードのピクルス『プチプチマスタード』の甘酸っぱさがアチャールの辛みとよく合います」。

◆タイ・具材と煮込むだけでグリーンカレーに

『ロイタイ グリーンカレー』250ml 198円

 タイでも高評価を得ているグリーンカレー。ココナッツミルクや魚醤、ハーブをブレンドしたスープのみ。好みの具材と煮込んで。

 鍋にグリーンカレー1箱分を煮立てたところで鶏肉、好きな野菜の順に加え、具材に火が通ればOK。「ただ煮るだけで、味も香りも決まります。ご飯をジャスミンライス(タイ米)にすれば◎」。

◆韓国・ほどよい辛さがクセになる

『オリジナル トッポギセット』 150g 216円

 米粉で作ったトッポギ(餅)と、コチュジャンのきいた甘辛ソースのセット。辛さの中に旨みを感じられるため、辛いものが苦手でもおいしく食べられる。

 フライパンに湯を沸かし、トッポギを約2分ゆでて湯を捨て、玉ねぎスライス1/2個分とソースを加えて中火で煮込む。「糸唐辛子を添えて盛れば、辛みが引き締まり、彩り鮮やかに」。

◆中国・黒酢と紹興酒の香りの本格煮込み

『オリジナル 黒酢香る 上海風スペアリブ』 140g 383円

 スペアリブ(豚骨付き肉)を、黒酢と紹興酒を使った特製だれでじっくり煮込んだ、カルディオリジナルの缶詰。遊び心のあるパッケージもかわいいと人気。

 耐熱容器に缶の中身を移し、ラップをかけて電子レンジで温めるだけ。「ゆでた青菜を添え、濃厚なたれをかけるのが◎。食前に『鎮江香酢』を追いがけすると、さっぱり感が増します」。

◆輸入食品がとにかくいっぱい!

 カルディには、世界各国からの輸入食品がところ狭しと並んでいるが、特にアジアの食材が充実している。韓国のトッポギは、ここで紹介した「トッポギセット」に加え、電子レンジで作るカップのトッポギのバリエーションも豊富。このほか、韓国のりから本格調味料まで幅広くそろう。和風の煮物にコチュジャンや韓国産ごま油を少量加えると、たちまち韓国風に変身するので、試してみよう!

【プロフィール】
たれみ〜な(澤田美奈)さん/料理家。YouTube「みなきっちん」でカルディ商品やアレンジレシピを多々紹介している、自他ともに認めるカルディマニア。たれ研究家としても活躍中。

取材・文/山下和恵 料理/澤田美奈 撮影/菅原拓

※女性セブン2021年4月29日号