結婚はしてもしなくてもいい時代になった。そんな中でも、ネットをはじめとする婚活サービスを利用する男女は増えている。新型コロナウイルスの感染拡大によって、恋愛・結婚の意向がさらに高まった割合は約4割という調べもある(婚活実態調査2020、リクルートブライダル総研調べ)。その婚活において、女性が重要視するといわれるのが男性の「年収」だ。とはいえ、スペックだけで人を判断する時代でもないはずだ。婚活を始めた年収1000万以上の男性──婚活「強者」に起きたことをリポートする。

※ ※ ※

「10年愛」を実らせて結婚したものの、離婚した理由

「バツイチの40歳。中年太りで見た目は平凡。婚活は難航すると思ってたんですが、やってみたらモテ期? というほどで、嬉しいやら困るやら……。ただ、肝心の結婚には至っていないというか、むしろ遠ざかっているんですけど」

 と、苦笑いする夏樹(なつき)さん(仮名)。コロナ禍のなか、昨年から婚活を始めた。きっかけは、地元で暮らす母親が倒れたこと。3兄弟の末っ子で、これまで独身で気ままにやってきたが、老いていく母の姿を見て自らの将来を考え、家族が欲しいと思うようになったという。

 行動力はあるほうだ。婚活サイトに登録し、オンラインの婚活パーティーにも参加するようになると、女性からのアプローチが来るようになった。

「いいね、とか、お誘いのメールが、一日10通とか20通とか。もちろん、とりあえず押してみた、くらいの適当な人もいるんですけど、けっこう若い女性からも来るんですよね。さすがに20代はいないんですが、30代前半とか、いますね。で、写真見るとみんなけっこうかわいいんですよ。えっ? 俺でいいの? って(笑)」

 というのは、夏樹さんは、モテるタイプではなった、という自己認識があるからだ。夏樹さんの恋愛遍歴を振り返ろう。

 京都で生まれ育った夏樹さんは、関西の有名私立大学を出て、関西で就職、高校時代の同級生と25歳で結婚した。彼女は、夏樹さん曰く“クラスで一番の美女”で、10年愛を実らせての結婚だった。夏樹さんは高校・大学とサッカーに打ち込んできたスポーツマンであると同時に、実家が飲食店ということもあって、料理の腕はプロ並み。一生懸命に尽くして、初恋の相手とゴールインした。

 にもかかわらず、離婚することになったのはなぜか。

結婚したら仕事を辞めたい、と言われて

「彼女は保守的で、家庭的な幸せを望む子だったんです。マイホームを建てて、子供を3人産んで、自分は専業主婦で、って。自分の両親とも仲がよくて、地元が好きだった」

 一方、夏樹さんは働きだすと、野心が芽生えた。就職したのは不動産関係の中小企業だったが、取引先の大手企業の人に声をかけられ、転職を考え始める。転職すれば年収はアップするものの、東京勤務になる。地元が好きな妻は反対した。

「当時はそんな言葉はなかったですが、いまでいう、嫁ブロックですよね。彼女に、あなたは大企業には向いていないとか、東京に行ったら生活が苦しくなると言われ続けてギスギスするようになり、最終的に、転職するなら離婚! と切り出されたんです。もともと俺たちの関係って彼女が上だった。さすがにプライドが傷ついて、ああ、そうかと。別れるなら早いほうがいいだろうと、28歳のときに離婚しました」

 彼女との思い出を振り切るかのように上京し、転職。東京での新しい生活が始まった。だが、夏樹さんは、自分が思っていた以上に離婚を引きずったという。

「仕事は充実していたんです。働き方改革、なんて言葉もない時代だったから、徹夜も多かったけど、そのぶん認められもして、今は年収1000万以上あります。プライベートではフットサルのチームにも入ったし、スキーやゴルフ仲間もできた。ただ、彼女のことをなかなか忘れられなかった……と思います」

 別れた妻がお見合いをして再婚し、出産した、という噂を風の便りで聞いたのは30代も半ばになるころだった。自分も前に進もうと、離婚後、初めて付き合った。飲み会で知り合った、見た目が好みの同世代の女性だったというが、再婚には至らなかった。

「彼女がすごく結婚願望が強くて……、まあ、それはいいんですが、結婚したら仕事を辞めたい、僕を支えたいっていうんですよね。前の奥さんのこともあったので、俺は、もう少し自立した女性がよかった。自分が料理も家事も一人でできるほうなので、お互い、それぞれ好きなことをやりながらパートナーになれたらなと。俺は、スポーツでたとえると、マネージャータイプの女性より、一緒にプレーを楽しめる女の子が好きなんですよ。でも、どうも、マネージャータイプに縁があるんですよね」

普通の恋愛よりも、婚活はスペックにシビアになる

 破局後は再び仕事や趣味に打ち込み、彼女がいなくても日々は充実していた。職場は男女問わず和気あいあいと仲のいい環境で、むしろ恋愛沙汰からは遠かったとも振り返る。それが、40歳をすぎて心境の変化があったのは前述したとおりだ。

 そうして始めた婚活で、思いがけず、モテを経験する。その理由について、夏樹さんは冷静に分析している。

「プロの意見を聞きたいと思って、今、アドバイザーの就く相談所に登録しているんですが、僕がモテる理由は身もふたもなく、年収だと言われました。あと、40歳を超えると、独身よりも、バツイチがモテることがあるとも。子供がいないことが条件のようですが、40を超えるまでずっと独身の男性って何か問題があるって思われるそうです。女性のほうはどうなのって思いますがね」

 婚活市場において重要なのは、男性は「年収」と「会社名(職業)」、女性は「年齢」と「顔」──この基準を聞くとなんて前近代的! と思われるかもしれない。だが、今のところ、これが“現実”だと、夏樹さんはベテラン婚活アドバイザーに教えられたという。

「といっても、それは“入り口”で、付き合い始めたら気が合うかとか、価値観が合うかとかが大事だと思うんですが、入り口の扉を開けないことには始まらないわけで、そういう意味では、婚活って、普通の恋愛以上にスペックにシビアですよね。始めてみて実感しました。年齢とか年収とか見た目とかで人を差別してはいけないというのが今の社会の価値観だけど、婚活というプライベートな空間になると、とたんに逆になるっていうのが、不思議と言えば不思議だし、そこは個人の好みなので、社会的な価値観とはまた別なんでしょうね」

 夏樹さんはアプローチをもらった複数の女性の中から、数人とメールのやりとりを重ね、オンラインや、緊急事態宣言が解除されている時期には、実際に会ったりもした。アドバイザーの意見を聴きながら、半年ほどかけて、本気で付き合いと思う女性を二人に絞ったという。一人は同世代の建築家。もう一人は、8歳年下の美容師だった。

「どちらも手に職があるのがよかったんです。寄りかかられなさそうって(笑)。建築をやっている彼女はマイペースで、ゴルフとスキーがうまくて、スポーツの趣味が合うタイプ。美容師の彼女は、スポーツには興味がないんですが、おしゃれで僕の服を選んでくれたりと、今までになかった世界を見せてくれる人。僕は年齢にはあまりこだわってなかったんですが……結局、見た目が好みだった美容師の彼女と付き合うことにしたんです」

見た目で選んでしまったのかな、という後悔

 コロナの影響もあって、デートはもっぱら互いの家になった。年下だが、しっかり者で長女気質の彼女は、面白いYoutubeを教えてくれたり、部屋の模様替えをしたり、ベランダで食事をしたりと、“おうち時間”を充実させるのがうまかった。「外に出たいタイプの俺は、彼女のおかげでステイホームできました」と、夏樹さんは感謝する。

 だが、問題が勃発した。付き合って3か月が経った頃、彼女が仕事を辞めたいと言い始めたのだ。コロナが怖いから、当面、家にいたいと。と同時に、結婚を迫るようになってきた。もともと婚活で出会っている二人だ。結婚を前提として付き合っている、という共通認識はあったものの、夏樹さんは3か月では早すぎると感じた。

「コロナが怖いという彼女の気持ちはわかります。僕はリモートワークできていたから、接客業へのリスペクトもあるつもりです。でも、退職と結婚がセットになってるのが気になって……。落ち着いたらまた働くつもりだ、とは言っているものの、疑ってしまったというのが正直なところです」

 次第に夏樹さんの心に広がっていったのは、建築家の彼女にしておけばよかった、という後悔だった。そうなると、もうだめだ。

「結局、見た目で選んでしまったのかな、という後悔が、どこかにありますね……。もちろん見た目も大事なので、まあ、後悔はしているけど、次に生かせばいいかなと。がんばって、また婚活します」

 婚活市場での勝ち組に、真の幸せはやってくるのか。夏樹さんは美容師の彼女に別れを告げ、心機一転、新しいマッチングアプリに登録したと語ってくれた。