歳を重ねればいつかは訪れるの“もの忘れ”の不安。加齢によってもの忘れが多くなるのは不自然ではないが、認知症は脳の異常が要因で、忘れた自覚すらない。

 認知症にはアルツハイマー病、血管性認知症などの種類がある。このうちアルツハイマー病は、アミロイドβというタンパク質が脳の神経細胞に沈着して引き起こすが、発病の20年前からリスクを検出する検査が存在する。

日本で唯一の「健脳ドック」で認知症発症を予防する

 現時点でアルツハイマー病の発症リスクを検出する最も有効な検査が、アミロイドPET検査だ。

 認知症の予防・治療の第一人者、新井平伊医師が院長を務めるアルツクリニック東京は2019年、世界に先駆け、アミロイドPET検査を含む「健脳ドック」を導入した。

「この検査はアミロイドβに取り込まれる性質を持つ放射性製剤を投与し、MRIなどには写らない沈着を画像で確認できます。日本で普及している脳ドックはMRI検査が中心で脳動脈瘤、血管性認知症などの発見には有効ですが、アルツハイマー病の早期発見には十分な検出能力はありません」(新井医師)

 最先端の検査薬が高額な上、健康保険適用外のため、健脳ドックの費用は税込で66万円。新井医師は診断や治療に役立つことを広め、健康保険の適用を目指したいとしている。

【1】MRI:強い磁場の中で人体に電波を当て、どんな方向からでも形態の画像を得ることができ、脳の萎縮や出血の程度が詳細にわかる 【2】SPECT:脳の血流から、ダメージを受けた部分を調べる。MRIよりも初期の病変を見つけられ、機能が低下している箇所がよくわかる 【3】アミロイドPET:脳の中にあるアミロイドβの沈着を調べ、発症前にアルツハイマー病を発見できる。左側が「正常」、右側が「異常」

アミロイドPETで救われた“若年性アルツハイマー患者”

 日本国内でドックとしてアミロイドPET検査を受けられる施設はまだ10か所未満とされ、認知症専門医が担当し、対策や治療を包括的に行なっているのは同クリニックだけという。

 他の病院のMRI検査やSPECT検査(脳の血流からダメージを受けた部分を調べる)で若年性アルツハイマー病と診断された50代女性患者がアミロイドPET検査によって同病ではなかったことが判明したケースも。PET検査ではアミロイドβが溜まっておらず、正常という結果だった。

 この患者は毎晩ワインを飲んでいたことから、新井医師はアルコール性健忘症と診断。酒を控えて生活習慣を改善したところ、元気に仕事にも復帰できた。

※週刊ポスト2021年5月21日号

新井平伊 (あらい・へいい):1953年生まれ。順天堂大学医学部名誉教授。1984年、順天堂大学大学院医学研究科修了。アルツハイマー病の基礎と臨床を中心とした老年精神医学が専門。順天堂大学大学院医学研究科精神・行動科学教授などを経て、2019年からアルツクリニック東京院長。最新著は『脳寿命を延ばす 認知症にならない18の方法』(文春新書)