料理をする時間がない時に頼りになるのが冷凍食品。近年はバリエーションが豊富になったうえ、味ののクオリティーも高まっている。しかし、一方で「どれを買ったら良いか分からない」という新たな悩みが生まれている。そこで、“食の達人”たちが、スーパーやコンビニが力を入れるプライベートブランド(PB)の冷凍食品を実食。その評価を公開する。

※価格は編集部調べ。
※試食した商品は撮影時(4月8日)のもので、以降リニューアルしている可能性があります。
※採点は5点満点。

【プロフィール】
Mizukiさん/ 料理研究家。簡単・時短・節約をテーマにレシピ開発を行い、ブログは月間300万PV超。著書多数。

西川剛史さん/冷凍生活アドバイザー。冷凍食品会社での勤務経験を生かし、メディア出演、商品・レシピ開発など幅広く活躍。

小林雄二さん/和食料理人。2019年ミシュラン店「青華こばやし」店主。素材の味を最大限に生かした料理が評判。

岸田夕子さん/料理研究家。「ジャーサラダ」「スキレット」などの食トレンドをいち早く世に発信。著書多数。

(以下敬称略)

●うどん(採点者:Mizuki、西川、小林)

1位:西友『もっちり なめらか 讃岐うどん』(200g×3食入り)162円 13点 

「加工でんぷん不使用だから、讃岐うどんの自然なコシを感じる」(西川)
「もっちりしていておいしい」(小林)

2位:ライフ『讃岐うどん』(200g×5食入り)193円 12点 

「コシはあるがもっちり感少なめ」(Mizuki)
「麺に旨みがある」(小林)

2位:イトーヨーカドー『国産小麦粉使用 ゆで さぬきうどん』(210g×2食入り)105円 12点 

「なめらかでコシがある」(Mizuki)
「かけや煮込みに合いそう」(西川)

4位:イオン『さぬきうどん』(200g×5食入り)278円 11点

「塩分が強め。スープが絡みそうな形状」(Mizuki)
「もちもち食感」(西川)

●グラタン&ドリア(採点者:岸田、Mizuki、小林)

1位:成城石井『大きな海老の 3種チーズグラタン』(200g)430円 13点

「えびが存在感あり」(Mizuki)
「チーズが計算されていると感じた」(小林)

2位:イトーヨーカドー『チーズの香り広がるマカロニグラタン』(210g)278円 12点

「マカロニがたっぷり」(Mizuki)
「シンプルな日本の洋食タイプ」(岸田)

2位:ローソン『大盛りチーズグラタン』(340g)298円 12点

「旨みと甘みがある」(小林)

4位:ファミリーマート『洋食屋仕立ての とろける海老ドリア』(210g)300円 11点

「ケチャップライスとベシャメルソースのバランスがいい」(岸田)

●チャーハン(採点者:Mizuki、西川、小林)

1位:イトーヨーカドー『直火炒め 極上炒飯』(300g)321円 15点

「ご飯がパラパラ。袋のまま加熱できて手軽」(Mizuki)
「ねぎと卵のバランスが最高」(小林)

2位:成城石井『海老と吊るし直火焼チャーシューの炒飯』(250g)355円 12点

「味に深みがないが焼豚は美味」(西川)
「肉とえびのバランスよし」(小林)

2位:ファミリーマート『XO醤香る五目炒飯』(170g)150円 12点

「水っぽいが味のバランスがいい」(西川)
「醤と貝柱の旨みがある」(小林)

4位:イオン『2種類のにんにく油とねぎ油 香味チャーハン』(600g)354円 11点

「香りがいい」(Mizuki)

撮影/鈴木江実子

※女性セブン2021年5月20・27日号