「定期健診で軽度の糖尿病との診断を受けて、そのまま病院に通うことになったのですが、気がかりなのは中年男性の担当医師のことです」

 千葉県に住む会社員の岩田麻美さん(53才・仮名)はそう言ってため息をつく。

「毎回予約時間から30分以上待たされるうえ、私の顔も見ずパソコンをたたく。診察室では『同じお薬を出しておきますね』だけで、ものの2分で終了。食事内容など聞きたいことは山ほどあるのに、忙しそうで相談しにくい。コロナ感染のリスクを押して通っているのに意味があるのかしら、とモヤモヤします」

 岩田さんのような“モヤモヤ”を感じた経験を持つ人は少なくない。

 患者本位の医療を求めて活動を行う認定NPO法人「ささえあい医療人権センターCOML」理事長の山口育子さんによれば、コロナ禍のいまも多くの患者から電話相談が寄せられているという。

「緊急事態宣言で受付時間を短縮しているにもかかわらず相談件数は減っておらず、たくさんの人が医療に悩んでいることを実感しています。いま多いのは、『入院中の家族とコロナの影響で面会できない』ことへの不安です。

 なかには『やっと面会できたとき、違和感を覚えて寝具をめくったら、全裸の上にパジャマをかけているだけで、着せてすらもらえていなかった』という、絶句してしまうほどひどい状況の人も。病院も逼迫しており、全面的に責められない部分もありますが、限度を超えています」

 医療を取り巻く状況が大きく変化する現在、そこに身を任せるばかりでいると、意図しない結果を招く可能性も少なからずあるのだ。

 医療の専門家によれば、そもそも身を任せるに値しない医師の割合は少なくないという。

『医者が教える「ヤブ医者」の見分け方』の著書がある松寿会病院理事長の金子俊之さんは、世の中の医師のうち3割はヤブ医者だと話す。

「日進月歩で発展する医療の世界で、最新の知見を得ようとしない医師はヤブ医者だといえます。一度取得してしまえば医師免許はよっぽどの不祥事を起こさない限り剥奪されません。資格取得後の勉強がものをいう世界なのにそれを怠る医師はプロ失格です」

専門知識がないのに看板を掲げる医師が

 数多の診療科の中で、金子さんが特に気をつけるべきだと指摘するのは他科と並んで「小児科」と「リウマチ科」を掲げる医療機関だ。

「この2つは高度な専門知識が必要であるにもかかわらず、内科や整形外科の医師が“片手間”で診ていることも少なくない。特に小児科は知識と経験がないと大きな病気の予兆を見逃す可能性もある。医師の間では『子供は小さな大人ではない』という格言があるほどに差があるのです」

 女性患者が多いリウマチ科も同様だ。金子さんは整形外科とリウマチ科を掲げる大阪のクリニックで旧態依然とした古い治療を受けていた患者を診療した経験があると話す。

「『リウマチは痛みがあって当然で、根治は難しい。関節が変形して何度も手術をするのが当たり前』と言われ続けていた30代の女性患者がいました。

 ところが、東京に転居したのを機に私の病院に転院し、最新の標準治療を開始したところ、すぐに痛みが軽減。順調に治癒に向かいました。大阪の医師は専門医でないうえ、情報収集を怠り、標準以下の治療をしていたのです」

 金子さんによれば、医学が進歩し、治療法や薬が細分化されたいま、複数の診療科を専門的に極めるのは非常に難しいのが現状だという。

 つまり、いまでもひとりの医師が多くの診療科を掲げているなら、続けて通うかは一考の余地あり、ということだ。都内の内科医が匿名を条件にこっそり明かす。

「離島などの医療過疎地であれば別ですが、医療機関が林立する地域であれば非専門医に診てもらうメリットはまったくない。医師免許は診療科ごとに分かれているわけではないため、複数の診療科を掲げることはできますが、それは少しでも多くの患者を“釣る”ための手段に過ぎません」

 とはいえ、いかに専門知識が豊富だとしても、冒頭の岩田さんが遭遇したような相談しにくい医師も困りものだ。

「医師という仕事は対患者はもちろん、看護師や技師など多くのスタッフとの連携が不可欠です。診療を受けて、もしその能力に欠けていると感じたら、別の医師に替えた方がいい。昨今、医師の対人能力は問題視されており、多くの医学部でコミュニケーションスキルを高めるカリキュラムが設けられているほどです」(前出・都内の内科医)

医師を替えたい理由は直球では伝えない

 不幸にも“ヤブ医者”に当たってしまい、担当医や病院を替えたいと思ったとき、どう切り出せばいいのか。多くの総合病院で勤務経験のあるみつばち大阪クリニック院長の橋本惠さんがアドバイスする。

「『先生とは合わないから病院を替えたい』と患者に言われてしまえば、医師側も少なからずショックを受けます。初診時に前担当の医師からの紹介状がなければスムーズに受診できなかったり無駄な費用がかかったりする場合もあるため、不満があったとしても『時間帯が合わなくなってしまって』とか『引っ越す予定があって』といった角の立たない理由を出した方がいいでしょう。

 また、何かの事情で、今後その病院に戻るかもしれません。できる限り、関係をこじらせない方がいいでしょう」

 しかし、慢性病による長期入院など転院が難しいケースもある。

「どうしても合わなければ、病院によっては担当医が替えられることもある。医師には切り出しづらいでしょうから、看護師長などに『どうしても相性が合わなくて悩んでいる』と相談してみるのも1つの方法です」(山口さん)

総合病院での勤務経験がカギ

 替える決意ができたら、できる限りいい病院に巡り合いたい。医療問題に詳しいジャーナリストの村上和巳さんが言う。

「まずはホームページを確認することを推奨します。医師の出身大学や専門医かどうかなど、肩書をチェックしましょう。しっかりした専門医であればあるほど質問を嫌がりません。勉強しているから、わからないことがあってもごまかさず『それはいまの医学ではわかっていません』と即答する。熟練の専門医は説明上手で、人間もできている人が多い印象です」

 症例数・手術数をランキングにした病院ガイドブックもあるが、数字だけをうのみにしてはいけない。

「病院の良し悪しにおいて症例数はひとつの指針になりますが、専門医が多数在籍する病院では1人あたりの手術回数が少ないことも。医師の人数も含め、しっかり確認しましょう」(村上さん)

 橋本さんは医師が過去にどんな病院に在籍していたかを確認すべきと助言する。

「できれば若いうちからひとりで開業した医師より、ある程度の年数、大学病院や総合病院など大きな組織で働いた経験がある医師の方がいい。そういった医師は多くの先輩たちと働くことで知識を得て、技を磨いてきている。加えてコミュニケーション上手な人も少なくありません」

あなたの態度が名医をつくる

 ナビタスクリニック川崎の内科医・谷本哲也さんは「通いやすさ」を条件に挙げる。

「糖尿病や高血圧症などの生活習慣病をはじめとした継続した通院が必要な場合は、特に通いやすさが大切になってきます。もちろん、先生との相性もありますから、2〜3か月ほど通って長く継続できそうな場所かどうか判断するのもひとつの方法だと思います」

 病院の場所とともに気を配っておきたいのは、新型コロナ対策の有無だ。

「消毒の徹底はもちろん、このご時世、待合室で何分も待たせるような病院はやめた方がいい。事前予約で密な状況で待たずに診療を受けられるような体制をとっているかどうかも確認するべきでしょう」(前出・都内の内科医)

 村上さんは一部病院の人手不足を懸念する。

「いまの時期、感染症指定医療機関に指定されている病院にかかるのは避けた方がいい。まさにコロナに対して臨戦態勢を敷いており、マンパワーの面で病院全体が手一杯。一般の患者の場合、診察や検査もこれまで以上に時間がかかると推測されるためです」(村上さん)

 これらの条件に合う病院を見つけたら、実際に足を運んでみよう。

「オンライン診療も時限的措置で拡充していますが、実際に行ってみなければわからないことも多い。たとえばインフルエンザなどの予防接種やちょっとした健診を受けに行き、院内の様子を見てみましょう。医師が廊下の真ん中を患者を押しのけるように歩いている、通りがかりの医療スタッフが挨拶をしない、トイレに清掃や消毒をした記録が表示されていないなど、疑問を覚える病院は患者を大切にしてくれない可能性が高い。しっかり確認してください」(山口さん)

 シニアメンタルクリニック日本橋人形町院長の井関栄三さんは“初診”に注目する。

「初診で、どのくらい丁寧に診てくれるかが重要。患者や家族が理解し、納得するまである程度時間を割いて説明してくれる医師なら、不安を感じることは少ないはずです」

 もちろん、医療を受ける患者の態度も非常に重要だ。

「自分の症状を包み隠さずしっかり説明し、わからないことを質問する。当たり前のように聞こえるかもしれませんが、意外と難しい。

 たとえば、副作用で手にしびれが出る治療法を提案された場合、仕事や家事に支障が出そうで懸念があるならば『手先を使う仕事をしているからできればしびれが出ない方法がいい』と理由を添えて相談すること。患者から説明しなければ、医師はその背景を想像することは難しい。また、自分はどんな医師に診てほしいのか、考えをはっきりさせておくことも必要です。白黒はっきり話してくれる人がいいのか、物腰が柔らかい人がいいのか、相性の合う医師は千差万別です。誰もが納得するような“理想の名医”はいないのです」(山口さん)

 選んだ医師を名医にするかどうかは、私たちにかかっているのかもしれない。

いい病院に巡り合うための5か条

【1】ホームページをしっかりチェックする

 医師の経歴や手術数、治療法の多寡などは特に重要。総合病院など多くのスタッフの間で働いてきた経歴がある医師はコミュニケーション能力が高い傾向にあり、手術数は1人あたりどのくらいかをチェック。治療法の少なすぎる病院は避けた方がいい。

【2】まずは足を運んでみる

 オンライン診療も拡充しつつあるが、特に初診は足を運んでみることが重要。医師の態度やしっかり時間を取って診てくれるかなどに加え、受付のスタッフの対応やあいさつの有無、廊下の真ん中を医師や看護師が歩いているかどうかも確認しておきたい。

【3】ウソも方便

 病院を替えたいと思ったとき、医師に理由を正直に伝える必要はない。今後もお世話になる可能性がないとは言えないうえ、紹介状を書いてもらう必要があるため、「遠方に引っ越すことになった」「仕事の都合で時間帯が合わなくなってしまった」などそれらしい理由を作ること。

【4】新型コロナの影響をチェックする

 現在、感染症指定医療機関では、新型コロナ患者の受け入れでマンパワーが不足しているところが多いため、できれば避けるべし。また、待合室が混まないように予約制にするなど感染対策が万全な病院を選ぶこと。

【5】理想の名医はいないと心得る

 誰にとっても理想の名医はいない。自分が医師に求めるものが何なのかを明確にしてから病院を探すこと。

※女性セブン2021年6月10日号