新型コロナウイルス感染リスクを避けるため、家で椅子に座ってテレワーク。しっかりたんぱく質を摂って、頭痛や生理痛には薬を一錠──。こんな「普通の生活」が腎臓に負担をかけているかもしれない。“沈黙の臓器”腎臓の声を聞く方法を徹底取材。

 8人に1人……これは日本における「慢性腎臓病」の罹患者数だ。この数は生活習慣病の代表格であり、「国民病」といわれて久しい糖尿病よりも多い。筑波大学腎臓内科学教授の山縣邦弘さんが言う。

「2005年には1330万人だった国内の罹患者は、2015年に私たちが調査したところ、1480万人に増加していました。その数はいまも右肩上がりであることが予想されます」

 実際、医学雑誌『ランセット』の2020年の報告によれば現在の患者数は2100万人だともいわれている。山縣さんはその最大の原因は高齢化にあるという。

「腎臓は血液を濾過して老廃物を体外に排出する働きをする、生命の維持に欠かせない臓器です。しかしその働きは加齢とともに徐々に衰えていきます。慢性腎臓病は機能が正常の6割以下に低下している、またはたんぱく尿が出るなどの腎障害が3か月以上持続した状態をいいます。

 罹患率は50代から増え始め、60代では15%、70代では30%、80代に至ると約半数が当てはまります。つまり、年を重ねることそのものが発症リスクを上げるのです」(山縣さん)

 この傾向に拍車をかけるのが、コロナ禍における巣ごもり生活だ。

 大阪大学の研究グループが2006年から12年にわたって行った追跡調査によれば、デスクワークが多い業務体系の人はそうでない人よりも腎臓病の症状の1つである「たんぱく尿」が出るリスクが1.35倍高かった。

「実際、筑波大学に通院する慢性腎臓病患者の1日の活動量を調査したところ、座っている時間が37%で最も多く、次いでベッドなどで眠っている時間を指す臥床時間が34%。1日の最も長い時間を座って過ごしていました。有酸素運動のような、体に負荷がかかる動きに至っては4%で、1日1時間にも満たなかった。

 もちろん体調が悪いゆえに座っている時間が長い人もいましたが、“座りすぎ”が発症リスクを上げることは間違いありません」(山縣さん)

 大手健康機器メーカー・オムロン ヘルスケアが行った調査によれば、コロナ禍で座っている時間が増えたと実感する人は多く、今後、罹患者数はさらに増えることが予想される。

高血圧の日本人女性は特に注意

 座りすぎ生活と並んで腎臓病のリスクを上げるのは、高血圧や糖尿病、肥満などの疾患だ。

「腎臓は細かい血管が塊になって成り立っている臓器で、糖尿病や高血圧などの疾患によって細い血管の硬化が進み、機能も落ちてしまう。

 このため、慢性腎臓病の患者が心筋梗塞や脳卒中を併発して、そのまま亡くなるケースも非常に多いのです」(山縣さん)

 思わず、巣ごもり生活でテレビの前に寝そべる夫のお腹まわりを確認してしまう人も多いだろう。しかし、まず気をつけるべきはあなた自身かもしれない。

 生活習慣病の専門クリニック・AGE牧田クリニックの院長で『医者が教える最強の解毒術』の著書がある牧田善二さんは「特に高血圧の日本人女性は気をつけるべき」と警鐘を鳴らす。

「2016年に中国の北京大学が過去に世界中で行われた血圧に関する7つの研究を分析し、発表した論文によれば、収縮期の血圧が120〜139mmHg、拡張期の血圧が80〜89mmHgの高値血圧レベルの人の慢性腎臓病の発症リスクは、正常値の人に比べて1.28倍高くなることがわかりました。

 しかもこの傾向は、東アジア人女性に特に強くみられた。つまり日本人女性は、軽度であっても高血圧の人の腎臓病リスクが上がると考えられます」(牧田さん)

 また、生理痛や慢性頭痛の際に服用する鎮痛剤も腎機能の低下を招く要因になる。

 2012年に厚労省が発表した『厚生労働科学研究』によると、「薬剤性腎障害」の原因となる割合は、鎮痛剤が最も高く、強力な薬であるはずの抗がん剤や抗菌剤をしのぐ数値だった。

 毎日を快適に過ごすための痛み止めをのんでコロナ対策の巣ごもり生活をする──そんな「普通の日常」が腎機能低下のリスクをはらんでいるのだとしたら、これほど恐ろしいことはない。

コロナ重症化リスクは6倍に

「このたび、思いもよらぬ腎臓機能障害の発見により、急遽入院せざるをえない状況となり、プロの俳優として恥ずかしい限りです」

 俳優の佐野史郎(66才)が連続ドラマの降板を発表したのは今年の5月。佐野に腎機能低下の自覚症状はまったくなく、発見に至ったきっかけは発熱により新型コロナウイルスの罹患を疑い、健診を受けたことだった。PCR検査は陰性だったものの腎臓機能障害があると判明したのだ。

「腎臓病が厄介なのは、初期の段階では自覚症状がほとんどないことです。それゆえ腎臓は、肝臓と同様に“沈黙の臓器”と呼ばれます。

 病状が進行し、腎臓の機能が正常な状態の3分の1以上低下した『腎不全』になると、食欲不振や吐き気、手足や顔のむくみ、血圧の上昇、夜間の排尿の回数の増加といった症状が表れることがあります。

 さらに進行すると貧血や疲労感、息切れなども起こる。しかしこの段階で気がついても、すでに透析治療が必要な状態になっていることも少なくありません」(山縣さん)

 腎不全の状態になれば根治は難しい。さらに進行して腎機能が通常の10%未満まで落ちた状態の「末期腎不全」になると、自身の力で体内の毒素を充分に排泄できなくなり、透析療法や腎臓移植が必要になる。

 透析治療には、人工の膜で作られた人工腎臓に血液を通して再び体内に戻す「血液透析」と、自分のお腹の中に管を通して透析液を入れ、腹膜を介して老廃物を透析液に移動させる「腹膜透析」がある。

 前者の場合、1回約4時間の治療を週に3回通院して受けることが必要だ。後者なら通院は月1〜2回ですむものの、透析液の交換を1日に4回行わなければならない。いずれも、生活に大きな支障をきたすことになる。

 透析の医療費は年間500万円程度かかり、大半は公費で賄われるが、個人での負担も大きく、自己負担額の平均は、月1万〜2万円にものぼる。

 生活への制限に加え、恐ろしいのは腎機能の低下がほかの病気も引き起こす可能性があること。特に懸念されるのは激しい関節の痛みを伴う「痛風」だ。痛風・リウマチを専門とし、透析治療を行う両国東口クリニック理事長の大山博司さんが解説する。

「痛風の原因となる尿酸の7割は腎臓から排出されます。つまり、腎臓の働きが悪く排泄機能が低下すれば、尿酸が体内に停滞するようになり、尿酸値が上がる。その結果、痛風になるリスクが上昇するのです」

 尿酸は運動したり臓器を動かしたりするためのエネルギーであるプリン体が分解されてできる物質で、血液中の濃度が上昇すると、関節にたまって結晶化する。それを白血球が処理する際に炎症を起こし、痛みが生じる。

「痛風患者は年々増加していて、2019年には男女合わせて125万人。男性が圧倒的に多いものの、女性も安心はできません。もともと女性は尿酸値が男性より低いため痛風は起こりにくいのですが、尿酸値が上昇した場合のリスクは男性より高いとされています。

 加えて、ダイエットやむくみの解消を目的として利尿剤をのんでいる人がいるのも気がかりです。利尿剤の多用で尿酸値が上がることもあるため、心臓や血圧の病気でない限り、利尿剤をのみ続けるのは危険です」(大山さん)

 牧田さんが懸念するのは新型コロナの重症化リスクだ。

「日本腎臓学会の発表によれば、慢性腎臓病で透析を行う人の新型コロナウイルス感染による死亡率は一般の人より6倍も高いと報告されています。これは腎機能の低下に伴い、免疫力も落ちていることなどが理由に挙げられます」

 山縣さんも声を揃える。

「コロナは気管支や肺だけでなく、腎臓にも影響を及ぼすことが知られています。肺炎が起こると血液中の酸素濃度が下がるだけでなく、血圧が低下して腎臓への血流が減り、腎機能が急速に低下する『急性腎障害』が起こりやすい。

 コロナは血管の内皮細胞に炎症を起こすため、血管が多く集まっている腎臓がダメージを受けやすいことや、腎臓内部の尿をつくる『尿細管』に感染することもわかってきました」

塩分とタンパク質に注意

 知らないうちに忍び寄る腎臓病。その魔の手を振り払うためにはどうすべきなのか。山縣さんはとにかく健診を受けることを強く提案する。

「職場や各自治体が住民に対し行っている一般的な健康診断でも、腎機能をチェックすることができます。注目するのは、血液検査による『血清クレアチニン値』と尿検査による『尿たんぱく』です」(山縣さん)

 クレアチニンは筋肉を動かしてエネルギーを使ったときに発生するもので、血液中のクレアチニンは腎臓で濾過され、尿として排泄される。血液中のクレアチニン値が高いということは、それだけ腎臓の働きが悪くなっていることを示している。

「健診ではクレアチニン値をもとに、腎臓機能を表す値である『推算糸球体濾過量(eGFR)』が算出されます。健康な腎臓は1分間に90mL以上の血液を濾過しているので、eGFRが90以上なら正常。60を割ったら危険信号です。

 尿たんぱく検査は、尿の中に基準値以上のたんぱくが含まれているか否かを判断する検査です。1度の検査では正しい判定が出ないこともあるため、異常があれば、3か月後に再検査することを推奨します」(山縣さん)

 大山さんは尿酸値の重要性を指摘する。

「尿酸値は7.0mg/dLまでは基準値内とされますが、女性は6を超えたあたりから腎臓病のリスクが高くなる。見落とさずにしっかりとチェックしてほしい」

 定期的な健診とともに取り組みたいのは、生活習慣の改善だ。管理栄養士の望月理恵子さんは、食生活での注意点をこう話す。

「気をつけるべきは塩分です。塩分を多く摂ると、血液の浸透圧を一定に保つために血液中の水分が増え、血圧が高くなって腎臓に負担がかかります。

 特に朝は塩分排泄能力が低い状態なので、朝食は減塩を意識すること。しょうゆやソースなどの調味料は、食材の上からかけて使うのではなく、小皿に入れて口に当たる部分だけにちょっとつけるなどするといい。

 酢、レモン、ゆずなどの酸味や、わさび、マスタード、唐辛子などの香辛料、しそやみょうがなどの香味野菜を利用して塩分のある調味料を減らすのもいいでしょう」

 牧田さんが懸念するのはたんぱく質の過剰摂取だ。

「たんぱく質から生成されるアミノ酸は、排出時に腎臓の強い働きを必要とします。多く取り入れすぎると腎臓を疲弊させる原因になる。特に人工的なたんぱく質であるプロテインは推奨できない。実際、私のクリニックでも急に腎臓病に関する数値が上がってしまった患者に話を聞いたら、スポーツクラブですすめられたプロテインをのみ始めたというケースが複数ありました」(牧田さん)

 食事に気をつけつつ、運動も欠かさず取り組みたい。

「運動時間の目安は、1週間あたり2時間30分以上。ウオーキングなら、30分を週5回行えばいい。階段の上り下りなど、日常生活の中で取り入れる形でも構いません」(山縣さん)

 人生100年時代、健康長寿の源は腎臓にあり。

※女性セブン2021年6月17日号