「5Gの電波が新型コロナウイルスを拡散している」「コロナワクチンを接種すると、5Gの電波に操られてしまう」「ドナルド・トランプが日本人ひとりにつき6億円配布する」……SNS上では、まるでSFや夢物語のような意見を大真面目に語り合うコミュニティが無数に存在する。彼らの現実離れした主張は「陰謀論」と呼ばれ、時に揶揄の対象にもされているが、本人たちは「真実を語っているせいで攻撃されるのだ」とさらに陰謀論にのめり込んでいくようだ。

 もともとインターネットとは怪しげな言説がつきものの場であるが、新型コロナウイルス感染拡大、昨年のアメリカ大統領選挙を通して、その勢いはさらに増してしまった。トランプ前政権の内部情報を持つという「Q」なる人物が、事実無根の情報をSNSなどで拡散し始めたことで世界的な話題となった集団「Qアノン」は特に有名だ。彼らがインターネット上で展開した主張こそ「陰謀論」だった。

 コロナ禍でいっそう先の見えない時代だからこそ、荒唐無稽な主張に囚われてしまう人も現れるのだろう。また、新技術への漠然とした不安によるものだろうか。陰謀論において「5G」がひとつのキーワードと化しており、昨年春、イギリスでは、5Gとコロナの関連性を信じる人々によって、通信設備が放火などの標的にされた。事態を重く受け止め、YouTubeは陰謀論に関する動画に厳しく対応していく方針を示した。Google、Facebook、TwitterなどもQアノン対策に乗り出すなど、各プラットフォームにとって陰謀論に基づくデマ・誤情報の拡散は悩みのタネなのだ。

 そんな中、SNS上で「身近な人間が陰謀論にハマってしまった」という悲鳴が上がっている。「友達に『コロナは政府が仕掛けた茶番』とお説教をくらわされた」「夫が『コロナワクチンは危険だ』という思想に染まったせいで、自分は接種できないかもしれない」「『ワクチンを打ったら身体に磁石がくっつくようになる』という動画を母親から見せられた」といった体験談は多く、「そのせいで相手と距離を置いた」「絶縁した」という声もある。

 もしかすると、「陰謀論のせいで疎遠になった相手がいる」というのは、もはや珍しくない出来事なのかもしれない。しかし、親しい友人や家族が相手となると、なかなか距離を置くのも難しい。身近な人が陰謀論にのめり込んだら、どう接するべきなのか。

 近著に『こんなに怖いコロナウイルス 心の病』(かや書房)などの著書がある精神科医の和田秀樹氏はこう指摘する。

「精神科医として言えるのは、現時点での定説を疑う態度は重要ですし、いろいろな事象についていろいろな可能性が考えられるのは、むしろメンタルヘルスに良いということです。対応としては、あくまで『相手の主張が正しい可能性はゼロでないが、ほかの可能性もある』というスタンスで接することです。そのように普段からいろいろな可能性を考える習慣をつけておくと、自分も陰謀論にはまるリスクが低減すると言えるでしょう」

 ただ、あまりに荒唐無稽な主張をしているようだと、メンタルに不調を抱えている可能性も存在するという。和田氏が続ける。

「『電磁波がコロナを拡散している』『ドナルド・トランプが日本人ひとりにつき6億円ずつ配る』というように、ほぼありえない情報を信じている場合は注意が必要です。これを精神医学の考え方では『了解可能性』と言うのですが、通常の感覚で了解できないようなレベルの陰謀論を信じているようだと、それは妄想に近いということになってしまいます。

 もうひとつ、どの程度その情報を信じているかもポイントです。(そうではない)ほかの可能性が考えられない(ほど信じている)とすれば、やはり妄想に近いものと考えられます。陰謀論を主張する相手にこれらの条件が当てはまっていれば、精神科医に見てもらったほうがいいかもしれません。

『精神科にかかったほうがいい』と言われて逆上する人も出てくるでしょう。本人としては妄想レベルの思い込みを完全に信じているので、自分が病気と思う人は少ないです。身内や会社の同僚など、治療してもらわないと問題が生じる相手を除けば、もう妄想は治らないものと割り切って接し、否定するよりさりげなく話題を変えるというのが、相手がエスカレートするのを防ぐために無難な対応と言えます」(和田氏)

 正論をぶつければ、相手が目を覚ますとは限らず、むしろ関係性がただ悪化するだけの結果にもなりかねない。身近な人間の発言に違和感を覚えたときは、自分ひとりで対応するのではなく、早めに専門家にアドバイスを求めたほうがよさそうだ。

●取材・文/原田イチボ(HEW)