患者を服薬のストレスやリスクから解放する“断薬”。だが、「やめたいけど、なにをどうすればいいのか」と疑問を持つ患者は多いだろう。そこで今回は高血圧治療で使われる降圧剤について、「断薬に至るプロセス」を専門医に詳しく教えてもらった。

 高血圧は“全身病”として知られ、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞、狭心症など数多くの病気のリスクを高める。いざ、降圧剤をやめようと思っても躊躇してしまい、服用している人も少なくない。

 しかし、徳島県の坂東ハートクリニックは、2003年の開院以来、数多くの患者を「脱・降圧剤」に導いてきた。坂東正章院長はこう言う。

「来院した患者から『降圧剤をやめたいのですが、何をすればいいか』と訊かれますが、まずは『正しく血圧を測ることが第一』と答えます。正しい計測法を知らなかったことで高血圧と診断され、不要な降圧剤を飲んでいる患者もいます」

 自宅で計測した家庭血圧が実態に近い数値になるという。血圧計は上腕式を使用し、椅子に座った状態で、腕帯は心臓の高さにし、血圧計に正面を向いた無理のない姿勢で計測する。家庭計測のガイドラインには測定する時間帯も記載され、朝なら起床後1時間以内で排尿後、朝食前が条件とされている。

「よく訊かれるのが『起床1時間以内ならいつ測定してもいいのでしょうか』ということ。しかし、測定前に犬の散歩や庭の草抜き、朝食の用意など負荷のかかる作業をしたり、ニュースを見て腹を立てると血圧が変動します。毎日、同じ条件で計測することが大事なので、起床して排尿したら測るようにしましょう」

 測定回数の質問も多いという。高血圧ガイドラインには「1日2回測定して平均を出す」「1回計測は高くても低くてもその値を記載」と定められている。

「家庭計測は長期間、同じ条件で測定しないと意味がないので、『1日何回測るべきですか』と訊かれた場合、患者の性格によって選択してもらっています。2回計測のほうがより確かな値になりますが、毎日継続できる人は限られます」

食生活の見直しも求められる

 正しく血圧を測定できてから「脱・降圧剤」のアドバイスが始まる。

「『どれだけ血圧が下がったら降圧剤を減らせるか』と訊かれますが、患者ごとに目標は異なります。たとえば、家庭血圧が135/85未満が目標なら、上の血圧130未満が3日間続いたら薬を減らします。当然、自分で調整するのではなく主治医の判断に従ってください」

 いきなり服用をゼロにはできないため、「いつ降圧剤を飲めばいいでしょうか」という質問も多い。

「家庭血圧計測結果を確認して、朝の血圧の下がりが強いときには夜の降圧剤を減量し、夜の降圧が強いときには朝の降圧剤を減量するという方針で対処します。降圧剤ごとに効き方のピークがあり、そのピークの時間帯をうまく利用して処方しているので時間と容量を自己判断で変えてはいけません」

 血圧は生活習慣のバロメーターで、容易に変動する。「薬を減らしたら、血圧が上がってしまった。どうしたらいいか」という悩みも寄せられる。

「変動があった場合は問診で原因を探ります。必ずしも薬を減らしたことが原因とは言えません。旅行や家庭内のストレスなどで一時的に上がることはありますが、これが続くようなら1日の塩分摂取量の目安とされている6gを超えた食生活を続けていたり、睡眠不足で生活習慣が乱れていないか確認します」

 知らないうちに塩分を過剰摂取しているケースが多いという。

「醤油やソース、卓上塩をかけなければ制限できると思っている人は多いですが、食材にも塩分が含まれています。甘い菓子パンでもあんパンには1個あたり約0.7g、クリームパンには約0.9gの塩分が含まれています。

『自分の食事のどこに問題があるかわからない』という人も多いので、管理栄養士の指導が必要です。1週間の食事を写真に撮っておき、評価してもらって見直していくといいでしょう。

『お酒は飲んでもいいか』ともよく訊かれますが、アルコールそのもので血圧が上がることはありません。ただ、量が増えると塩分の多いつまみを食べ過ぎてしまい血圧が上がってしまう。厚労省が定める1日のアルコール適正量(ビール中瓶1本、日本酒1合)の範囲で楽しんでください」

 最終的には「血圧がどれくらいまで下がれば、完全に降圧剤をやめられるか」という疑問にたどりつく。

「血圧ガイドラインでは120未満が理想とされていますが、中高年だと、めまいやふらつきを訴える患者が多い。当院では家庭血圧の降圧目標が135/85未満の人であれば無投薬で130未満を継続できれば服薬中止を指示しています」

【プロフィール】
坂東正章(ばんどう・まさあき)/1953年生まれ。徳島大学医学部医学科卒業。元心臓血管外科専門医(循環器科・心臓血管外科)。2003年、徳島県で『坂東ハートクリニック』を開院。著書に『血圧は下げられる、降圧剤は止められる』など。

※週刊ポスト2021年7月30日・8月6日号