コロナ禍でマスク生活が当たり前となっているが、これをチャンスとマスクで隠れた部分に手を掛け、いまのうちに若返って見せようという美容術が注目を集めている。「人中」(じんちゅう)と呼ばれる、鼻と唇の間にある縦の溝の長さが見た目年齢を左右するというのだが、若く見せるためにはどうすればいいのか。総力取材した。

 毎年、ウェブサイトや各女性誌が「女性が選ぶなりたい顔ランキング」を発表しているが、昨今は、そのラインアップに大きな変化が生じているといわれている。

 というのも、いわゆるこれまでもてはやされてきた正統派の美人顔より、石原さとみ(34才)や新垣結衣(33才)といった、キュートでかわいらしい印象の女優やタレントが、数多くランクインする傾向にあるのだ。

 特に石原さとみは、美容雑誌『美的』(小学館)が選ぶ「なりたい顔」で殿堂入りを果たすほど、女性から厚い支持を得ている。

 キュート系の顔が好まれる傾向を、美容ジャーナリストの倉田真由美さんはこう分析する。

「人中が短い顔立ちは、若々しくエイジレスな印象があります。昨今のトレンドが全体的にカジュアルな方向に流れていることもあり、いわゆる面長で涼しげな美人顔より、石原さんのような、コンパクトでかわいい顔に憧れる女性が増えています。

 たとえば赤ん坊は人中が短く、唇がぷっくりしていますが、こうした顔立ちは、真顔でいてもハッピーフェイスに見え、多くの人から好感を持たれる傾向にあります」

 タレントの指原莉乃(28才)も、自身のYouTubeチャンネル『さしはらちゃんねる』で、人中を短く見せるメイクテクニックを披露している。

 世間でこれだけ人中が注目されるようになった理由は、SNSの発達も影響していると倉田さんが続ける。

「SNSで自分の顔写真をアップする際に、客観的に自分の顔を見る機会が増えました。それにより、これまであまり気にとめなかった顔全体のバランスにも意識が向かい、人中といった細かい部分まで、気にするようになったのです」

加齢で人中が長くなり老けて見える原因に

 マスク生活で口元が隠れているときは美人に見える人が、“マスクをとったら鼻の下が間延びして別人のようだった”という話をよく耳にする。それだけ人中の長さは、顔立ちの印象を左右するということだろう。

 生まれつきそうというわけではない人でも、年々、人中が長くなってきたと感じるのは、加齢で表情筋が衰えることに一因がある。

 メイクアップアーティストのレイナさんは、最近のマスク生活それ自体が、人中を長く見せる要因を作り出していると指摘する。

「マスクをしたまま声を抑えて会話をすると、表情が乏しくなってしまいます。それにより表情筋が衰え、鼻の下が長くなったと悩む人が増えているのです」(レイナさん・以下同)

 では、手っ取り早く人中を短く見せるにはどうしたらいいのか。オーバー40にも簡単にできるメイク術を教えてもらった。

「ポイントは、唇をオーバー気味に描き、鼻の下と上唇の間を短く見せること。リップライナーはマットなもので明るめのピンクベージュを選ぶと、よりふっくら感が出せます。

 さらに、パール入りのグロスなどで上唇の中央に輝きをプラスすると、ぷっくりとした唇に」

 また、リップを描く前に口元にフェイスパウダーをつけておくと、リップライナーが落ちにくくなる。

加齢で伸びた人中の短縮手術も人気

 さらに、美容に関心の高い人たちの間では、美容クリニックで人中を短縮させる施術が注目されている。もともとは韓国で人気の施術だったが、近年は日本のクリニックでも希望する人が増えているというのだ。

 石川・金沢にあるeクリニック院長の円戸望さんによると、ここ3年で、施術の希望者が4〜5倍に増えたという。

「これは『人中短縮術』といい、皮膚や口輪筋を切除して人中を短くし、若々しい顔立ちに変えることができます」(円戸さん・以下同)

 具体的にはどんな施術なのか。

「鼻の下のラインに沿って切開し、皮膚を短縮させて再び縫合することで人中を短くします。

 鼻の下が長いと、いわゆるチンパンジーのような盛り上がった印象になりますが、この施術では、全体のバランスを見て人中の厚みを変えながら盛り上がりを改善したり、口や鼻とのバランスを整えたりすることもできます」

 術後は1〜2週間ほどで腫れが引き、鼻下の輪郭に沿って縫合するため、傷はほとんどわからなくなる。その後は皮膚や筋肉の拘縮(こうしゅく。皮膚や筋肉などの動きが、一定方向に制限される状態を指す)があり、傷が硬く赤くなることがあるが、それも徐々に改善していく。

      *

 新型コロナウイルスのワクチン接種が浸透し、マスクなしの生活に戻れるまであと少し。いまのうちにこっそり若返ってみては?

簡単メイクテクで鼻と唇の間をキュッと短く見せる!

【1】上唇を実際よりもややオーバーに描く

リップライナーで形を描く。実際の口角よりも少し外側からスタートし、上唇を本来よりも1〜2mm大きめに描く。

【2】口角と下唇のラインを自然につなげる

上唇に合わせるように、口角の外側から下唇のラインを自然につなげ、上下の唇を塗りつぶす。

【3】上下の唇の中央に

上唇の中央の縁と、下唇の中央にパール入りのペンかグロスで輝きを加えて、唇に立体感を出す。

教えてくれたのは…

レイナさん。幅広い年齢層の女優やタレントのヘアメイクを手がける。メイクアップサロン『クリスタリン』を主宰し、プライベートレッスンも人気。

eクリニック院長・円戸望さん 大手美容クリニックで経験を積み開院。術後の美しさが評判となり、全国から患者が集まる人気院に。

※女性セブン2021年7月29日・8月5日号

eクリニック院長・円戸望さん。大手美容クリニックで経験を積み開院。術後の美しさが評判となり、全国から患者が集まる人気院に。石川県金沢市駅西本町1-14-29 サン金沢ビル1F