不安を和らげるために飲む薬が、新たな不安を生むことも――。よく「歳をとると早起きになる」と言われるが、これは感覚的な話にとどまらない。年齢を重ねると血圧、体温、ホルモン分泌などの睡眠を支える生体機能リズムが若い頃に比べて“前倒し”になるため、健康な高齢者でも早期覚醒や中途覚醒しやすい。そこに心身の不調が重なれば、「不眠症」につながりやすくなる。精神科医の片田珠美医師(フェルマータ・メンタルクリニック)のもとを訪れた60代男性は、役職定年となった50代後半頃から不眠に悩まされていた。

「男性は2種類の睡眠薬を5年ほど飲み続けていましたが、『夜中にトイレに起きた時にフラつく。転倒が怖いから薬をやめたい』と来院されました」

 男性が服用していたのはベンゾジアゼピン系の薬と非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬それぞれ1種類ずつだった。

「フラつきは、睡眠薬の副作用である筋弛緩作用の影響が疑われましたが、急にやめると反動で『反跳性不眠』のリスクがある。そこでベンゾジアゼピン系の睡眠薬の服用間隔を1〜3日開ける『隔日法』で徐々に減らしました」(片田医師)

 睡眠・呼吸器外来専門のRESM新横浜院長の白濱龍太郎医師も、睡眠薬の長期服用のリスクについて注意を促す。

「ベンゾジアゼピン系は長く飲み続けると耐性ができたり依存症状が出たりします。当院を受診された60代男性には、あえてオレキシン受容体拮抗薬(覚醒を維持する脳内物質の働きを阻害する薬)を追加した。睡眠の質を改善した後にオレキシン受容体拮抗薬1種に絞り、最終的には睡眠薬ゼロを達成しました」

 銀座レンガ通りクリニック院長の臼井幸治医師は、「ひどい落ち込みなどに悩まされるうつ病患者は抗精神病薬などの多剤併用になりやすい。日常で生じている無理が解消できるように指導を繰り返すことで、薬を減らしていきます」と語る。

 くどうちあき脳神経外科クリニック院長の工藤千秋医師が事例を明かす。

「パワハラが原因でうつになった男性患者は『前の先生は具合が悪いと伝えると薬が増えるだけだった』と当院を受診されました。うつによる過食で体重が増え、その結果、糖尿病や高血圧の薬まで処方され、結果13種もの薬を服用していました」

 工藤医師は3か月かけて「薬を増やすのではなく、減らすのが治療」と患者に伝えた。

「ただし抗うつ薬は急にやめるとうつ症状のリバウンドが強いため、様子を見ながら10日ごとに1種類ずつ減らしていき、最終的には1日に飲む抗うつ薬を8錠減らすことができました」

 またうつ病患者は、「同じ系統」の薬が複数処方されるケースもある。前出・片田医師が40代後半の男性患者のケースを説明する。

「SSRIという抗うつ薬を2種類、朝と夜に1錠ずつ、計4錠も飲んでいた。同系統の薬を多く飲めば副作用のリスクが高まるうえ、どれが効いているかわからなくなります。実際に男性は目眩や頭痛を訴えていました」

 それでも「薬ゼロは怖い」と言う男性の希望を踏まえ、SSRI1錠のみに減らしたという。

認知機能低下の恐れも

 患者によって“効き方”にも違いがある。たかせクリニック理事長の高瀬義昌医師が語る。

「80代の統合失調症患者は、抗精神病薬や抗うつ薬、睡眠薬など6種が処方されていた。処方通りに飲むと効きすぎて、よだれが出ていた。10か月ほどかけて1種類にしたら病状は落ち着きました」

 認知症患者などの場合、症状の原因がわからず飲み続けることもある。神奈川歯科大学附属病院認知症・高齢者総合内科の眞鍋雄太医師が語る。

「80代の認知症患者(男性)の治療の際、男性は妄想や暴言、暴力などの症状がありました。認知症の薬に加え、抗精神病薬などが処方されていましたが問題行動は改善せず、専門医である当科の受診に至りました。ところが細かく検査してみると、慢性便秘に伴う身体の不調が暴言や暴力の原因ではないかという結論になり、治療の方針を変えたところ、抗精神病薬は全部やめられました」

 岩間洋亮医師(心越クリニック院長)は認知症薬の副作用を懸念する。

「在宅治療中の80代の女性がん患者は軽度の認知症との診断を受け、認知症薬を処方された頃から家でとても怒りっぽくなった。そこで認知症薬の中止を提案したら症状が落ち着き、いまでは一人で歩いてトイレにも行けるようになりました。そもそも認知症薬は治療薬ではなく、症状悪化や進行を抑えるのが目的の薬です。認知症が重度になれば効果はなく、吐き気や食欲不振など副作用だけが目立つようになる」

 前出・高瀬医師もこう指摘する。

「認知症が進行して暴力的な症状などが出ると、それを抑えるために抗精神病薬が処方されることがある。しかし、抗精神病薬が脳内のドーパミン神経の活動を抑えることで、かえって認知機能を低下させてしまうことがあります」

 症状を抑えるつもりの薬が、新たな病気を招くこともある。病状に応じたきめ細かな診察、適切な処方が切に望まれる。

※週刊ポスト2021年8月27日・9月3日号