基礎疾患を持つ高齢のなかには、“よくわからないけど毎日たくさんの薬を飲んでいる”という人も多いだろう。そして、「薬を減らしたいが、どうしたらいいか分からない」との悩みを抱える人の参考になるのが、実際に薬を減らせた人の事例だ。日本病院薬剤師会は2018年2月に『多剤投薬の患者に対する病院薬剤師の対応事例集』を公開。同会は多剤投薬の実態調査の一環として、全国48の病院から対応事例を集積し、内容を精査・厳選したうえで33の事例を詳細に紹介している。

 この事例集には〈漫然投与に対する対応〉というテーマ分類もある。つまり、医師が“なんとなく処方”を続けているケースだ。そういった事例を紹介する、

 肺炎で入院した80代男性(別掲図の症例)は、過去に脊柱管狭窄症や逆流性食道炎にかかり、医師から処方された鎮痛薬(貼付剤)や胃腸薬などを数年にわたって使い続けていた。これらの疾患による疼痛や症状はすでになくなっていたので、入院を機に断薬に踏み切った。銀座薬局代表で薬剤師の長澤育弘氏が言う。

「この男性のように、医師が症状の悪化を恐れて、“前も出したから”と漫然と処方するケースは多い。男性が処方されていた鎮痛薬には依存性や転倒、頭痛や傾眠といった副作用があるため、意図のない処方にはリスクがあります」

 減薬を続ける一方、入院中に鉄欠乏性貧血が見つかり、新たに貧血治療剤が処方された。不要な薬を中止して必要な薬に置き換えると、12種類あった薬は6種類になった。

 過去に急性汎自律神経失調症や食道狭窄、総胆管結石などを患って複数の医療機関を受診していた80代男性は、免疫治療の目的で入院した際に「30種類」もの薬を服用していた。

 なかには危険な「飲み合わせ」も見られた。内科医の谷本哲也医師(ナビタスクリニック川崎)が解説する。

「似たメカニズムの降圧剤であるARBとACE阻害薬が併用されていました。この飲み合わせは高血圧学会の治療ガイドラインでも推奨されておらず、高カリウム血症や腎障害などの副作用が生じる危険性があります。複数の病気で異なる医者にかかった結果、こうした危険な処方になったと考えられます」

 この80代男性は、便秘症状に対して4種類の大腸刺激剤が投与され、体が薬に慣れてしまった可能性も指摘された。

「このケースでは複数のビタミン剤、胃腸薬、抗アレルギー薬など、対症療法として出されるような薬がどんどん増えていったとみられます。これは原因の特定されない訴えの多い患者に対し、多くの医師が行ないがちな多剤投与のプロセスです」(谷本医師)

 降圧剤を減薬しても血圧が上昇しないなどの結果が得られたが、男性が睡眠薬などの服用継続を望んだこともあり、減らせた薬は8種類だった。それでも副作用リスクや医療費の軽減にはつながったはずだ。

 こうした漫然投与を避けるには、患者自身が声を上げる必要がある。

「まずは患者が薬を飲む理由を理解したうえで、『胃の不快感がなくなった』『痛みがまだある』など自らの状態を医師に伝えることが大切です。そうした意思表示がなければ、医師は漫然と同じ薬を処方し続けます。

 また複数の医療機関を受診している患者は、薬を受け取る薬局を一つにまとめることをお勧めします。そこで『かかりつけ薬剤師』を作れば、必要に応じてその薬剤師が医療機関に連絡し、薬の減量や中止を提案してくれます」(長澤氏)

 最後に日本病院薬剤師会の和泉氏が総括する。

「患者自らが薬の効果や副作用などの情報を知ることは、服薬忘れや副作用の重篤化を防止することにもなり、適切な薬物治療を行なううえで非常に重要です。特に高齢者は生理機能の低下に伴って薬を体外に排出する能力が低下するため、多剤併用時に薬による有害事象が起こりやすいことを知る意義はあります」

 ぜひ減薬の第一歩を踏み出してほしい。

※週刊ポスト2021年9月10日号