蚊やゴキブリなど、さまざまな害虫がいるなか、特に怖がられているのが、ハチだろう。

「蜂には花の蜜を吸う種類と肉食の種類がいて、人を刺すのは後者の『スズメバチ』『アシナガバチ』です」

 と話すのは、フマキラー開発研究部基礎科学研究室室長の佐々木智基さんだ。

「体が小さいアシナガバチは毒の量が少なく、刺されても大したことはありませんが、怖いのはスズメバチ。刺されるとアナフィラキシーショックを起こす恐れも。蜂に刺されて死亡したケースの多くは『キイロスズメバチ』によるものです」(佐々木さん)

 キイロスズメバチ、コガタスズメバチ、ヒメスズメバチは、住宅街でもよく見かけるので注意が必要だが、蜂の巣は一年中あるわけではない。害虫防除技術研究所所長・白井良和さんはこう話す。

「巣は春から秋にかけて大きくなります。越冬した蜂が春先に出てきて巣づくり&産卵を開始。晩夏に羽化するため、個体数が増えるのは秋。蜂の数が多いほどエサの奪い合いになるため、活動が活発になります。ほかの巣を狙うなど凶暴化する傾向もあり、人を襲うこともこの時期に増えます」

 夏から秋にかけては、特に防蜂対策が必要だ。では、蜂の巣はどうやって見つけたらいいのだろうか。

「1匹飛んでいるだけではわかりませんが、自宅周辺で2〜3匹見るようになったら近くに巣があると思ってください」(佐々木さん)

 蜂が住宅街に巣をつくる場合、雨がかからない軒下を選ぶ。近くに公園などがあれば、木の中や根元も危ない。

「家の周りに使わない木材などを置いていたり、雨除けになる場所があれば、そこに巣をつくられてしまう可能性はあります」(白井さん)

 近年増えている空き家も、蜂の巣づくりにはもってこいの環境だ。

スズメバチは専門家へ 巣から離れて刺激しない

 では、実際に巣を見つけたらどう対処すべきか。

「アシナガバチの場合は、刺されないように注意しながら専用の殺虫スプレーで撃退することも可能です、スズメバチの場合は、迷わず役所に連絡するか、害虫駆除の専門家を呼んでください。蜂の姿は見かけるが巣の場所がわからないというときには、駆除エサや蜂の捕獲器などを設置しておくのも有効です」(佐々木さん)

 蜂は本来、巣を攻撃しない限り襲ってこないという。刺すのは防衛のためで、襲うまでにも、警戒音を出したり威嚇行動をとりながら、何度か「刺しますよ」と忠告をしてくるという。

「ただし、スズメバチは短気。威嚇してから刺すまでの判断が早いので要注意です」(佐々木さん)

 臆病なのか大胆なのか……。触らぬ蜂に祟りなし。見かけたら、まずは静かに巣から離れることを優先しよう。

スズメバチに対抗する方法

「蜂は“黒”を見ると攻撃してきます。これは、熊など天敵となる動物の急所(鼻など)が黒だからとされています。黒髪や黒服は狙われやすいので、帽子をかぶり白い服を着ましょう」(佐々木さん)

 万が一刺されたら、傷にはできるだけ触らず清潔にし、氷をあてて冷やすこと。動悸、めまいなどの症状が出たらすぐ病院へ。

そっくりだけど毒性は大違い!アシナガバチとの見分け方

 どちらも人を刺す蜂ではあるが、毒の量や攻撃性が異なる。見分け方は、スズメバチはオレンジ色で寸胴。体長40mmほどで素早く真っすぐに飛ぶ。一方のアシナガバチは黄色っぽく、くびれがあって細身。体長26mmほどで足を垂らしてフラフラと飛ぶ。巣を攻撃しなければおとなしい性格なので、見かけても慌てず落ち着いて行動しよう。

●スズメバチ
攻撃性:人を襲うまでに段階はあるが、攻撃スイッチが入るまでの時間は短い。
飛び方:羽音が大きく直線的。スピードも速い。
巣の形:巣の出入り口は1つで表面がマーブル状。最大で直径80cmにもなる。

●アシナガバチ
攻撃性:巣を揺らすなどの攻撃をしなければ、近寄って巣に触れることもできる。
飛び方:足を長く伸ばして飛ぶ。スピードはそれほど速くない。
巣の形:複数の出入り口があるシャワーヘッドのような楕円形で直径15cmほど。

取材・文/番匠郁 イラスト/藤井昌子

※女性セブン2021年9月9日号