新型コロナウイルスの変異種については、確認された地域の名前ではなく、24文字あるギリシャ文字をつけて呼ばれている。アルファから始まって今は12文字目、ミュー株まで確認されている。いま日本で第5波を引き起こしている5番目のデルタ株は、これまで流行してきた株と比べて子供が感染しやすく、発症や重症化も引き起こしやすいとされる。ライターの森鷹久氏が、保護者と子供の間に立たされた教員たちの困惑と消耗についてレポートする。

 * * *
「デルタ株」の流行により、子供達への感染が拡大する中、夏休み明けの子供達の学校登校についての是非が、あちこちで議論されている。新型コロナウイルスは「子供への影響が少ない」とされていただけに、親や学校が戸惑うことは当然なのだが、一部の保育園や学校ではすでに子供や教師の感染が確認され休校に追い込まれるなどして、親たちが抱く不安は極大化している。そんな親と学校の間に挟まれ苦労しているのが、子供たちと直接向かい合う現場教師たちだ。

「観戦希望の子供達については、7月中には親御さんからの同意書もいただいていて、ほとんど夏休みの予定がないという子供たちも観戦を楽しみにしていました」

 東京都内の公立小学校教諭・藤井朝子さん(仮名・30代)が受け持つクラスは、東京パラリンピック競技の観戦を予定していた。感染対策はもちろん、児童たちの日々の健康観察もマストで、全てをクリアした生徒、教師だけが会場へ行くことができる、という前提で、クラスのほぼ全員の子供達が「観戦したい」と口にした。

「当然、心配な親御さんもいて、参加を見送りたいと相談される人もいました。でも、子供達同士で『なぜ行かないの?』と議論になることも予想されますし、そこは慎重に判断していたんです」(藤井さん)

 ところが、観戦日が近づくにつれ、子供への感染・発症が確認されている「デルタ株」の流行が報じられた。すると、親たち、そして子供たちの心境に、大きな変化があった。

「別クラスで担任を務める同僚が、子供から『先生ってやばいんでしょ、コロナを気にしてない』と言われたそうです。そのクラスには、かなり強い態度で観戦反対を訴える親御さんがいて、そのお子さんだったんですね。かなりショックを受けたらしく、同僚は校長や教育委員会にも掛け合い、どう対応していいのか聞いたのですが『決まったことなので』といわれるだけ」(藤井さん)

 子供の観戦を希望する親からは背中を押され、観戦反対の親たちからは非難を浴び、上司や教育委員会に助けを求めても実質「ゼロ回答」。同僚教師は日を追うごとに憔悴していったという。

 夏休み明けの「学校再開」をめぐっては、子を思う親たちの危機感もより高く、それに伴い追い込まれた教師は少なくない。

「クラスの親御さんだけのグループラインあるのですが、学校再開を前に、どこどこの学校ではクラスターが出た、とか噂話が飛び交い、学校を休校させよ、と議論になっていたようなんです。すると先生はどうなのか? ということになったらしく、そのグループラインに招待されてしまい、そこで意見表明を求められてしまい……。SNSで親御さんと繋がるのは学校も認めていませんし、判断できないとしか言えませんでしたが、先生は無責任だと言われ、収拾がつかなくなってんです」(藤井さん)

 埼玉県内の中学校教諭・豊島博之さん(仮名・30代)も、夏休み明けの子供達の登校については懐疑的だった。もし感染者が出れば、もし発症して重症化する教え子が出たら、そう考えると、親たちが求める「休校」は妥当にも思えた。だが、休校したところで、子供達が自宅学習できるようPCやタブレットの配布は済んでいたものの、ネット環境が整っていない家庭などもあり、万全の体制が組まれているとは言い難い。現実的には、時短授業や時差登校を行ってできるだけ生徒同士の接触機会を減らし、継続した学習機会を子供たちに与え続けることが最適解のように思えた。

 しかし、親たちはグループラインの中で「登校派」と「休校派」に別れて、お互いを罵倒し始めるのである。藤井さん同様、ある親からライングループに無理やり招待された豊島さんは「どちら側に着くのか」と、タイムライン上で吊し上げられた。

「とにかく手洗いうがい、日々の衛生対策をしっかりやってとしか言えませんでしたが、これが悪かったようで、どちらの親からも強く責められることになってしまいました。学校に行くのが本当に辛かったし、子供たちにも合わせる顔がありませんでした」(豊島さん)

 豊島さんの学校では、子供達の登校だけでなく、子供たちへのワクチン接種についても、親たちの間で議論されていた。そして、ここでもやはり「どちら側に着くのか」と親たちから追及されるという。

「ワクチンで子供が死んだ、政府は隠蔽しているという資料とか著名人の書き込みをシェアし、ワクチンを打つべきではないという親御さんもいます。その親御さんが社会的に地位がある人だったりして、他は何も言えなくなったりもする。子供達の中にはすでに自治体の接種を受けている子もいるのですが、そういった子達がかわいそうとも言い始め、大人同士の軋轢が子供に広がってしまわないか、危惧しています」(豊島さん)

 筆者も子を持つ親だ。子供の感染や夏休み明けの登校再開など、心配な点は大いにある。だが、だからと言って「一存ではどうにもできない」立場の人たちを追及することは、余計な混乱が生じるだけだ。教師たちも大半の人がそうであるように、日々の感染対策を続けていくこと以外に、子供達の学習環境を担保する方法はないと感じている。教師たちが葛藤する日々は当分続きそうだが、子を持つ親だからこそ、子供達のための建設的な議論をするように心がけたい。子供は教師や親の一挙手一投足を、見つめ続けているのだ。