バラの花びら、純金、つぶした真珠……クレオパトラは、贅の限りを尽くして美しさを保ったという。だが、いまはお金や手間をかけなくても、美しさが手に入る時代。あなたをもっときれいにする名品コスメは、いつものドラッグストアに並んでいる!

 正しく肌をケアできていないと、シミが増えるほか、肌がごわついたりくすんだり、乾燥が悪化したりする恐れがある。夏の間、しっかりケアをしていた人は、秋に肌状態が落ち着いてくる。しかし、これまで女優やモデルをはじめ、5000人以上のヘアメイクを手掛けてきたメイクアッププロデューサーのSHOKOさんは、「手を抜いていた場合は、これからの季節、肌荒れが激しくなる恐れがある」と言う。

「まず、洗顔が要です。朝起きて肌がベタつく場合は余分な皮脂を落とすために、夜だけでなく朝も洗顔フォームをしっかり泡立て、汚れをオフすること。ただし、ダブル洗顔不要をうたっている洗顔フォームも増えてきたので、注意書きの確認をお忘れなく。一方、肌がカサついて敏感になっている場合は、ぬるま湯で洗う程度にとどめ、その後、しっかり保湿ケアをして。保湿成分配合の洗顔フォームで洗うのもおすすめです」(SHOKOさん)

 乾燥対策には、やはり肌に水分を与える化粧水は欠かせない。とはいえ、化粧水だけでは不充分。せっかく化粧水で水分を与えても、水分の蒸発を防ぐ乳液やクリームを使わなければ効果は半減してしまう。SHOKOさんをはじめ美容賢者らが化粧水後につけるものとしてすすめるのが、『ミノン アミノモイスト モイストチャージ ミルク』と、『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』だ。

「低刺激ながら、圧倒的な保湿力が人気のミノンシリーズ。気温や湿度の影響で不調に陥りやすい、季節の変わり目のいわゆる“ゆらぎ肌”を優しく整えてくれます。キュレルのクリームは、セラミド配合で乾燥性敏感肌にぴったり。乾燥した肌がマスクでこすれて肌が荒れているときでも安心して使えます」(SHOKOさん)

美白商品は超高機能化!

 美容研究家の上田祥子さんが言う。

「夏の疲れた肌を放っておくと、その影響は見た目に顕著にあらわれます。メラニンの蓄積によりシミができるのはもちろん、角質が厚くたまってごわつき、くすみも出てくる」(上田さん・以下同)

 シミ対策には、当然ながら入念な紫外線対策が基本。夏のダメージが残っている秋こそ、日焼け止めは欠かせない。

「日焼け止めのおすすめは、『ラ ロッシュ ポゼ UVイデア XL プロテクショントーンアップ ローズ』。血色をよくするピンク色で、化粧下地としても優秀です」

 肌のほてりをしずめ、皮膚治療の場面でも利用される、フランスの天然の湧き水を使用しており、敏感肌でも優しいつけ心地だ。受けてしまった紫外線ダメージを改善するのは難しいが、いまやシミ対策は、ドラッグストアコスメでも充分にできる。

 また、『HAKU メラノフォーカスZ』も、美容賢者たちの支持が厚い。1万円台と、ドラッグストアコスメの中では最も高額な部類だが、そのお値段にウソはない。

「発売以来何度もリニューアルされ、そのたびにパワーアップしている気がします。今年3月にリニューアルされ、シミやそばかすを防ぐ効果が各段に上がったと感じています」

 最先端のシミ予防研究から生まれた「抗メラノ機能体」は、2つの美白成分をあわせた、世界初の成分。さらに、肌にうるおいを与える新成分も追加された。一方、『女性セブン』美容ライターは、お手頃な価格帯での商品を愛用。

「『メラノCC 薬用しみ集中対策美容液』は、SNSで性別や世代を問わず評判を集めています。使い始めてから、シミやそばかす、毛穴まで気にならなくなりました。2種類のビタミンと炎症を抑える成分が入っていてこの価格はすごい」(『女性セブン』美容ライター)

 もはやドラッグストアコスメは、美容賢者、美容マニアにとっても、なくてはならない存在なのだ。

※女性セブン2021年9月23日号