カラオケボックス、インターネットカフェ、漫画喫茶など、それぞれの客が個室を利用するスタイルの店舗のことを“個室型店舗”という。リモートワークができるというので注目を集めているが、このような店の個室内で被災した場合、どうすればいいのか?

「これまで、揺れている最中の移動は転倒などの危険があるため、しないようにと伝えてきましたが、個室型店舗内に限り、話は別です。唯一の出入り口である扉がゆがんで、閉じ込められる恐れがあるので、個室内にいるときに緊急地震速報を受信したり、地震の揺れに気づいたら、すぐに扉を開け放し、避難口を確保しましょう」

 とは、災害危機管理アドバイザーの和田隆昌さんだ。店舗によって機材の配置や種類など環境は異なるが、特にカラオケボックスには重量のある音響機材やモニター、照明などがある。移動の際は、これらの転倒・落下にくれぐれも気をつけること。バッグなどで頭をガードしながら扉を開けて移動すると安心だ。

避難経路は前もって“2方向”確認する

 移動できるくらいまで揺れが収まったら、火災発生の可能性を考慮して、その場から速やかに立ち去ろう。というのも、カラオケボックスのような個室型店舗は、その独特な店舗構造やサービス形態により、火災が起こると大惨事につながりかねないからだ。

「2007年1月、兵庫県宝塚市で発生したカラオケボックス火災では8人が死傷、2008年10月の大阪府大阪市浪速区の個室ビデオ店では死者16人、負傷者9人という甚大な人的被害を伴う火災が発生しています。個室型店舗では部屋の外で何か起こっても気づきにくいので、火災が起きた際、逃げ遅れるケースが多いんです」(和田さん・以下同)

 さらに、いずれの形態の店舗も、多数の部屋の管理をごく少数の従業員で行っているため、火災が発生しても対応しきれない。

「こういった店の場合、店側管理者の避難誘導などに期待せず、客自身で安全を確保することが重要となります」

 いずれにしても、個室型店舗を利用する際は、まず避難経路や非常口の確認をしておくことが大切だ。その際、必ず2方向の避難経路を頭に入れ、一方向から逃げられなくても予備のルートをとっさに選択できるようにしておこう。

取材・文/鳥居優美 イラスト/大窪史乃

※女性セブン2021年9月23日号