歳を重ねるごとに基礎疾患が増え、あちこちの病院にかかることで薬が増えていく――これは多くの人が「多剤処方」に苦しむ一因とされるが、理由はそれだけではない。

 厚生労働省「社会医療診療行為別統計」(2020年6月)によると、1レセプト(診療報酬明細書)あたりの薬が「7種類以上」だった患者は、75歳以上では入院などの「院内処方」で18.8%、外来などの「院外処方」で24.2%を占めた。

 高齢者ほど多剤処方が顕著になる現状を受け、銀座薬局代表で薬剤師の長澤育弘氏は、医師による「漫然処方」「知識不足」の問題を指摘する。

「忙しい医師ほど、短い問診で済ませて細かく診察せず、漫然と薬を出すケースが多い印象です。一部の慢性疾患の外来診察には“薬だけ出す”無診療処方に近い実態もある。また、何かあった時に『責任を取りたくない』と主疾患の薬に加え、副作用の恐れなどを理由に胃薬や痛み止め、睡眠薬などを“念のため”だとして処方する医師も多い」

 一石英一郎医師(国際医療福祉大学病院消化器内科予防医学センター教授)も、「医師に起因する多剤処方がある」と語る。

「医療の細分化が進み薬理の相互作用が複雑化するなか、医師が薬を横断的に把握するのは非常に困難です。医師不足による忙しさも手伝い、知識が不足することはあるでしょう。他で処方された薬は患者さんの自己申告に頼るしかないのでコミュニケーションが重要になりますが、全ての医師が丁寧に聞くわけではない。情報共有が不十分だと多剤処方が放置されることになります」

 問題はそうした多剤処方のなかに、「薬の危険な飲み合わせ」が含まれる恐れがあることだ。実際にそうした事例は多数報告されている。

原因は〈処方医の知識不足〉

 まず参照したいのが、公益財団法人日本医療機能評価機構が公表する「薬局ヒヤリ・ハット事例」だ。全国4万超の薬局から危険な処方の事例を収集しまとめている。同機構の医療事故防止事業部担当者が解説する。

「調剤に関するヒヤリ・ハット事例のほか、処方医への疑義照会や情報提供に関する事例なども対象としています。薬剤師が『おくすり手帳』を見て飲み合わせ(併用注意、併用禁忌)を検討した結果、患者さんの健康被害を防ぐことができた事例が多数報告されています」

 各事例では、「なぜ起きたか」も分析されている。ある70代男性患者は、抗凝固薬(ワルファリン)を服用中に、「併用禁忌」である抗リウマチ薬が処方された。両剤の併用でワルファリンの作用が増強され、重篤な出血の恐れがある。薬剤師が処方医に疑義照会をして抗リウマチ薬の処方が削除されたという。

 報告書では、本ケースの発生要因を〈処方医の相互作用に対する知識不足。他病院での処方内容の確認不足〉と指摘する。

 そのほかにも、上掲したリストにあるような「併用注意」の組み合わせが処方された実例がいくつもある。以下、「薬局ヒヤリ・ハット事例」に記載された症例を見ていく。

 もともと、降圧剤のカルシウム(Ca)拮抗薬とその他10種類の薬を服用中だった80代男性のケース(別表症例)。

 その後の受診で別のCa拮抗薬が重複して処方され、28日間の服用後、さらに降圧剤のサイアザイド系利尿薬が追加処方され3種類となった。ここから再び28日間服用した後、薬局で薬剤師が重複処方に気が付いたという。

「降圧剤のCa拮抗薬同士やサイアザイド系利尿薬との併用によって、降圧作用が増強され低血圧になる恐れがあります。高齢者が低血圧になると、脳への血流が減少し、めまいや立ちくらみ、失神などで転倒事故のリスクが高まる。命に関わります」(一石医師)

 なぜ危険な処方がされたのか。事例集では〈処方箋が4枚になっており、しっかり確認できていなかった〉と薬剤師のミスも指摘するが、そもそも処方したのは医師である。

「血圧が下がらずに薬が追加され、処方箋が何枚にもなることは少なくありません。医師が忙しさのために重複の確認ができず、薬剤師からの問い合わせで気付くことはあると思います」(一石医師)

※週刊ポスト2021年10月1日号