洋服が変われば気分も変わることは理解していても、「何を着たら良いが分からない」という“大人の男性”は多いだろう。では、ファッションにおいてどんな点に気をつければ、若返ることができるのだろうか? おじさんたちが実践すべき買い物方法、コーディネート、着こなしテクニックを紹介しよう。

【1】買い物前にワードローブをチェック!
 買い物へ行く前に、まずは手持ちの服を確認しよう。例えばシャツを買うなら、手持ちのパンツを確認しておけば、コーディネートしやすいものを無駄なく購入できる。似たような服を買うのも避けられる。

【2】お店では必ず試着してから買う
「自分はL」などの思い込みはNG。サイズの合わないピチピチの服やゆるゆるの服を着ていると、スタイルが悪く見える原因に。面倒がらずに試着をして鏡を見て、身体に合っているかどうかを確認しよう。

【3】お気に入りの形や定番服こそ買い換える
 同じチノパンでも、5年前に買ったものと今年のものではデザインやシルエットが微妙に異なる。よく着る定番服をこまめに買い換えれば、無理なくトレンドを取り入れられる。1着買ったら1着捨てるのも忘れずに。

【4】コーディネートは3色が基本
 多色使いはごちゃごちゃした印象になるので、全身で3色に抑えるのがオススメ。メインカラーを決めたら、同系色3色でまとめるのが無難。アクセントがほしい場合は、メインカラーの補色を1色取り入れる。

【5】パンツの裾はロールアップでおしゃれ度アップ

 ボトムの裾の長さが合っていないと、中高年の場合はだらしない印象を与える。ひと手間かけてロールアップすれば、グッとおしゃれな印象に。ジーンズは、細めの幅でクルクルとロールアップするだけで、軽快な雰囲気に。ラフに折るのがポイント。チノパンは3〜4cm幅で折り上げ、くるぶしが見えるくらいの丈に調節すると、パンツのシルエットもキレイに出る。

【6】シャツは袖のまくり技でこなれた着こなしに

 シャツの袖は、まくり方一つで印象がガラリと変わる。上品な雰囲気のミラノまくりは、

(1)カフの2倍ほどの 長さで折り返す
(2)下の部分をもう1回折る。カフに半分重なるくらいを目安に
(3)カフの角を折り下げて完成

 カジュアルな雰囲気のロールアップまくりは、

(1)カフの幅で袖を折る
(2)さらにもう1回折る
(3)折った上側を、下に向かって軽く折り戻してニュアンスを出す

【7】万能着のカーディガンで着回し上手になる
 オンでもオフでも、1枚羽織るだけでおしゃれ度がアップするカーディガン。ジャケットほどかさばらないので持ち運びやすいのもメリット。ベーシックカラーで編み目の細かいものが上品で若々しく見える。

【8】第三者のアドバイスに耳を傾ける
 ファッションにひとりよがりは禁物。人に見られることを意識することが、おしゃれのスタートライン。家族など身近な人の意見を聞いたり、店員にアドバイスを求めたりして、おしゃれをレベルアップしよう。

【9】足し算ではなく引き算で考える
 コーディネートを考える時に、まずはメインになる1点を決めよう。柄物のTシャツを見せたいなら、他は無地にするなど、メイン以外は引き算で考えるのが、スッキリ見えるコーディネートのコツ。

【10】清潔感を心掛ける

 意外に見落としがちだが、毎日の衣類のケアも大きなポイント。クリーニングに出す、アイロンをかける、靴を磨くなど、基本的な手入れをきっちりすることで、与える印象も大きく変わってくる。

※週刊ポスト2021年10月1日号