新型コロナウイルスの感染拡大による“受診控え”の影響は、歯周病や虫歯などの歯科治療にも及ぶ。ワクチン接種を終えて通院を再開するうえでは、歯を守る最新常識を知っておく必要がある。

「“よく噛む”ことを、“力を込めて強く噛む”と誤解している人が多い。それは完全に間違いです」

 こう指摘したのは、北海道大学歯学部教授の菅谷勉氏。正直に言えば、筆者も強く噛むことは歯に刺激を与えて丈夫にすると思っていたのだが、そうではないらしい。

「強く噛む」ことが歯を失う原因に

 永久歯の抜歯原因として、歯周病、虫歯に次ぐ第3位が「歯根破折」だ(8020推進財団調べ)。

 歯根にヒビが入ってしまうと、抜歯になるケースが多い。歯科医曰く、歯根破折はホープレス(治療しても希望が持てない)と考えられているからだ。

 歯根破折の原因の一つとして、不必要に強く噛むことが関係していると菅谷氏が指摘する。

「よく噛むというのは、回数を多く噛むという意味です。モノをかみ砕くのに、そんなに強い力はいりません。それなのに、上下の歯を接触させて、ぎゅっと力を入れてしまう人が多いですね。骨と違って負荷を与えることで歯が丈夫になることはないので、やめたほうがいい」

 菅谷氏によると、繰り返し負荷がかかると、疲労性の歯根破折が起きやすいという。

 就寝中に無意識の状態で歯を食いしばるケースも同様に、歯根破折の原因になると言われている。この場合、就寝中に「ナイトガード」と呼ばれるマウスピースを装着することで解決できることもある(保険適用)。

歯根破折には「抜歯」しか選択肢がない?

 菅谷氏は歯根破折を接着で治す指導者として知られる。一般的にはホープレスとされる歯根破折だが、ヒビを接着させて回復できるケースもあるという。

「歯根破折の接着療法は、歯根をいったん抜いて接着させてから戻す方法と、根管から接着剤を流し込む方法の2つがあります。

 難易度は決して高いとは思いませんが、ヒビが入っている歯を抜く時に相応のリスクがあります。接着してから10年以上も経過している患者もいる一方、1年もたない場合もあります」

 治療成績が患者によって異なることもあり、歯根破折の接着療法は保険適用になっていない。

根尖病巣があると「抜歯」しかない?

 歯根の先端に膿などが溜まる「根尖病巣」があると、抜歯を勧める歯科医も多い。骨が吸収されて(溶けて)しまうからだ。

 しかし、抜歯する前に検討してもらいたいのが、根管治療である。

「根尖病巣は、根管の中を通る神経が死んで根管に細菌が増殖していることが多いですね。この場合、根管治療で細菌をきれいに除去すると、根尖病巣が消えて溶けた骨も回復する場合があります」(菅谷氏)

根管治療には「マイクロスコープ」が必須?

 歯を守る“最後の砦”のような根管治療だが、最近はマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使う根管治療をアピールする歯科医が増えてきた。

「シンプルな形状をした根管なら、従来の肉眼や拡大鏡でも十分な治療が可能です。ただし、マイクロスコープの治療は情報量が圧倒的に多いことも確かです。根管は複雑に癒合していたり、枝分かれしているものもあるので、そうしたケースはマイクロスコープのほうが良い結果を期待できるでしょう。

 ちなみに、根管治療の専門医はマイクロスコープを持っていないと申請できません」(菅谷氏)

レポート/岩澤倫彦(ジャーナリスト)

※週刊ポスト2021年10月8日号