一時は全国で1日1万人を超える新型コロナウイルス感染者が出ていたが、感染者が激減したことで、少しずつ日常が戻ってきた。

 ワクチン接種を2回終えた人たちが“再開”していくと考えられるのが「通院」だ。昨年11月、産経新聞と大阪病院が、全国の中高年の男女3118人に行なった調査では、コロナ禍における「体調の変化や不安、気持ちの変化」に対して、50.4%が「特に何もしなかった」と答えている。

 そうやって受診を控える間に、コロナとは別のリスクが私たちの体を蝕んでいる。ナビタスクリニック川崎の谷本哲也・内科医が指摘する。

「欧米では自粛生活で体重が増えた患者が激増して、肥満のパンデミックが大問題となっています。日本でも日々の診療のなかで体重が増え、様々な検査値が悪くなっている方は少なくありません」

 コロナが落ち着いた今、体の不調を治すため通院を再開する人は多いが、このタイミングで気をつけたいことがある。新潟大学名誉教授の岡田正彦医師が語る。

「医療が複雑化した現代では、同じ症状でも医師や病院によって診断や治療が異なるケースが多く、医療サイドの能力次第で、重要な病気が見落とされたり、患者が不必要な治療を施されるリスクが生じます。だからこそ通院を再開する前に、適切な医療を行なう医師や病院を見極めることが大切です」

「それはストレスが原因ですね」

 ではどのように「いい病院」「いい医師」を見分ければいいのか。本誌・週刊ポストは岡田医師監修のもと、見分けるためのチェックリストを作成した。岡田医師が見極めの際の指針としてあげたのが、「医師が患者の人格を尊重するか」「過剰医療はないか」「環境の整った病院か」の3つだ。以下にそれぞれのポイントを紹介していく。

■医師に「詳しい質問」をすると不機嫌になった

 患者の人格を尊重するかを知る手がかりは、「医師の態度」にある。最近はネットも発達し、メディアの医療特集などから情報を得て、治療や検査の疑問点を医師にぶつける患者が増えた。

「患者に難しい質問をされて不機嫌になる医師は避けたほうがいいと考えます。わからなく不安で質問する患者に、誠実に対応しない医師から安心感は得られません」(岡田医師)

■問診の際に「ストレス」という言葉を多用する

 病気の原因などの説明が丁寧でない医師にも注意したい。

「患者とコミュニケーションを取らず、『ストレスのせいでしょう』の一言で片づける医師も避けたほうがいい。医学的にストレスで症状が出るケースはありますが、苦しくて病院を訪れた患者に対して、『ストレス』の一言で片づける医師は説明が足りず、患者の人格を尊重しているとは思えません」(岡田医師)

■「セカンドオピニオン」に否定的は時代遅れ

 セカンドオピニオンへの対応も医師を見分けるバロメーターだ。

「主治医とは別の医師の意見を聞くセカンドオピニオンは、現代の医療界では当たり前の行為です。いまだに他の病院への紹介状を書くことを嫌がる医師はあまり信用できません」(谷本医師)

 谷本医師は「複数の選択肢」を提示するかどうかをポイントにあげる。

「たとえばがんの場合、自分のやりたい治療法のみを説明するのではなく、手術、抗がん剤、放射線など複数の選択肢を丁寧に説明する医師は信頼できます。クリニックなどで自身の専門では対処できない場合、すぐに紹介状を書いて他の専門医につなぐ医師も好感が持てます」(谷本医師)

スリッパに履き替えてませんか?

■薬を出すだけで「生活習慣改善」の指導がない

 2つ目の判断基準は、過剰医療の有無だ。高血圧や糖尿病などで受診する場合、「生活習慣の改善」の指導がポイントとなる。

「最近の研究で、生活習慣病の患者は薬に頼るだけではなく、同時に食事や運動などの生活習慣を改善したほうが長く健康に生きられることが判明している。

 診察時に生活習慣の指導をしない医師は基本的な勉強が足りず、長く付き合うには不安が残ります。投薬治療のみに依拠するような医療は避けたい」(岡田医師)

■すぐに「レントゲン検査」をしようとする

 投薬と同様に、どういった検査をやろうとする医師かも確認したい。

「なかでも注意すべきはレントゲン。たしかにレントゲンが必要な症状もありますが、風邪っぽくて喉が痛いだけでも『ではレントゲンを』と言うような医師は過剰医療の傾向が強い」(岡田医師)

■「スリッパ」に履き替える必要がある病院

 3つ目の判断基準は、環境の整った病院であるかどうか。まずポイントになるのが「清潔性」だ。

「院内を見れば、経営者や医師が医療に向き合う姿勢が見て取れます。特に今は感染症に気をつけるべきなのに、入り口でスリッパに履き替えさせる病院はウイルスや菌への対策が十分とは考えられません。このご時世に院内感染を意識しない病院は避けるべきでしょう」(岡田医師)

■看護師や受付の態度が丁寧でない

 患者とのコミュニケーションが問われるのは医師だけでない。

「看護師や受付の態度を見れば、経営者がスタッフをどう指導しているか一目瞭然です。予約などの電話対応ひとつで、その病院の姿勢が推察できます」(岡田医師)

■ホームページが1年以上更新されていない

 病院がホームページなどを開設していればそれも判断材料になる。

「ホームページが1年以上更新されていない中規模以上の病院は、患者への対応や情報伝達がなおざりな印象があります。逆に頻繁にHPを更新していて、医師の顔写真などが載っている病院は信頼感がある」(岡田医師)

 信頼できる「名医」と、いい加減な「駄医」の見極めは、あなた次第だ。

※週刊ポスト2021年10月29日号