仇討ちは個人的な復讐にとどまらない。歴史を動かした重大事件も、元を質せば仇討ちと言えるものが少なくないからだ。仇討ちは日本の歴史を動かす原動力だった。作家・歴史家の加来耕三氏が解説する。

 * * *
 日本人にとって仇討ちは真に縁の深い現象だといえる。元禄赤穂事件(忠臣蔵)を持ち出すまでもなく、仇討ちを題材にした小説や映画、テレビドラマが国民の支持を得たのは、日本人の琴線に触れるものがあったからだ。昔も今も、日本人が大切にしていることそれは、「自分が大事にしているものに対する面子」であろう。

 鎌倉時代以降の武家社会において、武士の面子といえば、「人から笑われないこと」だった。自分の主君や父親が討たれたのに、何もしないでいることは、面子丸つぶれで嘲笑のネタになる。周囲の人間から軽んじられれば、武士としての処遇にも影響する。人から笑われることは、武士にとっては死活問題だったのだ。

 日本人の多くは、仇討ちは主君や親に対する忠義によった行動だ、と思うかもしれない。しかし、それは誤解だ。例えば赤穂浪士のうち、重臣は大石内蔵助以下2〜3人だけであり、三分の二の人々は、主君・浅野内匠頭に会ったことさえない下級武士だった。

 平安後期に武家が台頭して以降、武士の根底にあったのは面子を維持しながら、伸し上がっていく己れの欲である。平将門に父・平国香を殺され、何度も戦った末に、執念で打倒した平貞盛(生没年不詳)の仇討ちは、子孫の平清盛による平家政権を生み出すきっかけとなった。

 平治の乱で敗北した父・義朝の無念を晴らして、平家を滅亡させた源頼朝(1147〜1199)は、鎌倉に幕府を開設し、史上初の武家政権を樹立した。本能寺の変で主君・織田信長を葬った明智光秀を、山崎の戦いで討って、天下を統一した羽柴秀吉(1537〜1598)も、いわば仇討ちを遂げたと言える。

 父親や主君に対する忠心がないとは言わないが、あくまで根底にあるのは、自らの上昇志向である。その結果としての「仇討ち」が、いつの世も歴史を動かしているのである。

◆日露戦争も“仇討ち”だった

 仇討ちの根本は、感情論だと言っていい。封建社会は「君君たらずとも臣臣たらざる可からず」であって、臣としては仇討ちをしなければならなかった。どんな暴君相手にも、臣は臣として振る舞うことが奨励されたのが武士の世界である。

 そこに理はないから、仇討ちの方法は問われない。日本三大仇討ちと言われる、「忠臣蔵」「曾我兄弟の仇討ち」「鍵屋の辻の決闘」も、ことごとく不意打ちで相手を殺めている。卑劣だからと言って、面子が立たないなどということはなく、「勝てば良し」なのだ。そこに「耐え難きを耐え」という注釈がつくと、仇討ちの正当性が補強される。

 例えば、「曾我兄弟の仇討ち」は、兄弟が17年にもわたって父親の仇敵を追い続け、幾多の困難を乗り越えて、ついに本懐を遂げる。この「耐え難きを耐えた」物語は特に好まれる。

 近代に目を移せば、国家間においても、「耐え難きを耐え」という感情が高じて戦争に至った歴史がある。1904(明治37)年に始まった日露戦争だ。

 朝鮮半島の統治をめぐって、日清戦争が勃発。この戦いに勝利して、清国の手を朝鮮半島から引かせたものの、日本の台頭を快く思わない欧米列強のうち、ロシア、ドイツ、フランスから圧力がかかる。この三国干渉によって日本は、遼東半島の領有権を放棄させられ、国民から不満が噴出することになった。

 ここで何もしないのは男が廃る。そこで中国の故事「臥薪嘗胆」をスローガンとして、月日を耐え忍び、我慢に我慢を重ねた末に、討って出たのが日露戦争だった。

 ロシアの南下を食い止めるためという大義名分はあったものの、日露戦争は三国干渉で煮え湯を飲まされたことへの仇討ちだった。だからこそ、当時、どれだけ戦費が膨れ上がっても、国民は文句を言わなかった。耐え難きを耐えたからこそ、勝った時には、国民は大いに溜飲を下げたのである。

 後になって合理的に考えれば、その後の太平洋戦争に踏み出す選択肢はあり得なかったのかもしれない。しかし、日清戦争から続く高揚感の中で、感情に任せて一歩踏み出してしまった。そうした傾向は、古来より一貫して変わらない、日本人の特性であるように思う。そう見ると、日本の歴史は仇討ちでしか動かない、とさえ言えそうだ。

【PROFILE】加来耕三●1958年大阪市生まれ。奈良大学文学部史学科卒業。『歴史研究』編集委員、中小企業大学校講師、内外情勢調査会講師。著書多数。近著に『真田と「忍者」(しのび)』(講談社+α文庫)などがある。 ?

※SAPIO2017年1月号