降圧剤は認知症を予防するのか、むしろその“原因”となるのか──高血圧患者の目の前には、相反する2つの説が並存してきた。いったいどちらが正しいのか、徹底検証した。

 まずこの議論を理解するには、高血圧の進行サイクルを知る必要がある。高血圧の状態が続くと、血液の圧力に耐えるために動脈の血管壁が厚くなる。狭くなった血管は弾力を失って硬くなり、動脈硬化が起こる。そこに血液を流そうとして血圧がまた上がり、さらに血管が狭くなる──という負の循環だ。

 そのサイクルが認知症の約3割を占める脳血管性認知症と呼ばれる疾患につながっていくという。日本脳ドック学会理事長で小林病院名誉院長の小林祥泰氏はこう説明する。

「高血圧を放置すると脳の血管が動脈硬化で狭くなり、脳梗塞のリスクが高くなります。脳血管が詰まってしまうと、その先に酸素などが行き渡らず脳細胞が死んでしまう。その結果として起きるのが脳血管性認知症です。

 降圧剤を飲んで血圧がコントロールできれば、脳梗塞リスクが下がり、その先にある認知症の予防にもつながるということです。

 降圧剤のなかでも、たとえばARBと呼ばれる薬剤は血管を収縮させる物質のはたらきを阻害します。このARBを服用していた人では、認知症の発症が少なかったとする研究結果があり、薬によって脳血流が改善されたことが背景にあると考えられます」

◆「脳に血液が行き渡らない」

 高血圧や糖尿病、肥満などの生活習慣病が認知症につながるというデータは、近年次々と明らかになっており、生活習慣病の治療薬である降圧剤が認知症予防につながるというロジックは確かに、筋が通っているように聞こえる。

 その一方で高血圧患者を戸惑わせるのは、専門家から“正反対の説”―つまり、「降圧剤は認知症をまねく」という説明がなされるケースもあることだ。『高血圧はほっとくのが一番』の著書がある、サン松本クリニックの松本光正院長の話。

「脳へ血を流すには重力に逆らう必要があり、血管のポンプ機能が低下した高齢者が降圧剤で血圧を一気に下げると、脳の末梢部に十分な血液が行き渡らなくなる恐れがあります。それが脳梗塞や認知症のリスクを高めることにつながると考えられます。

 私が知っている70代の患者さんは、血圧が140でとくに高くもないのに他の医師から降圧剤を処方されて飲んでいたところ、2年も経たないうちに認知症を発症してしまいました」

 こんな研究データも存在する。イタリアで認知症を扱う2つのクリニックが、高齢の軽度認知症患者172人を約9か月経過観察し、血圧と認知機能の低下の関連を検証した。その結果、降圧剤で血圧が低くコントロールされた患者ほど、認知機能が低下したというのだ。北品川藤クリニックの石原藤樹院長が解説する。

「この研究では、日中の血圧の平均値を『128以下』『129〜144』『145以上』の3グループに分けて比較検討しています。その結果、『128以下』のグループでは他の2グループに比べて認知機能の低下が有意に大きかったのです」

 薬で血圧を下げると認知症を防ぐのか、まねくのか。両説とも説得力があるように聞こえる。

◆危ないのは「下げすぎ」

 ポイントは“下げ方”にありそうだ。イタリアの同研究では、薬を飲んで「128以下」まで血圧を下げた患者に、認知機能の低下が顕著だった。石原氏が続ける。

「このイタリアの研究は例数が多いとはいえず、断定的に結論を導き出せるほど信頼度が高い研究というわけではありませんが、問題が“過度な降圧”にあることを示唆した結果ではあります。

 血圧コントロールと認知機能低下の関連を調べた研究は少なく、さらなる研究が待たれるところですが、いくつかの条件に当てはまる人は薬による過度な降圧には注意が必要でしょう。たとえば、すでに軽度の認知症と診断されていたり、急性脳梗塞を起こした後の患者さんの場合、脳内に辛うじて血流が保たれている箇所があり、薬で血圧を下げるリスクが大きくなると考えられます」

 年齢も重要なファクターだ。年齢によって望ましい血圧水準は異なる。前出・小林氏の解説。

「健康な若い人であれば、血圧が多少上下しても、“脳の自動調節機能”によって、脳の血流を一定に保つことができます。しかし、動脈硬化が進んでその機能が衰えてきている高齢者の場合、調節機能が不十分になり、降圧剤で血圧を下げ過ぎると脳に血が行き渡らないリスクが高くなる可能性があります。75歳以上になったら、血圧が150くらいあってもそれほど気にしなくていいと考えるべきでしょう」

 当然ながら、急激な血圧低下は薬の効能としてもたらされるものだ。つまり、「薬に頼らずに適度な運動や食事制限など生活習慣の改善で血圧をゆるやかに下げる方法を取れば、認知症リスクを避けることにつながる」(医療経済ジャーナリスト・室井一辰氏)という点も、忘れてはならない。

※週刊ポスト2016年12月23日号