脳疾患に対する手術は、長い間、顕微鏡を使った開頭(骨を外す)手術が行なわれてきたが、脳をかき分けて疾患にアプローチするため、脳だけでなく全身に対する負担が大きかった。一方、脳に対する低侵襲(ていしんしゅう)手術として、カテーテルを利用した血管内治療や内視鏡を用いた神経内視鏡手術も導入されている。

 日本神経内視鏡学会会長で、日本医科大学武蔵小杉病院脳神経外科の喜多村孝幸教授に話を聞いた。

「世界最初の脳外科分野における神経内視鏡手術は、1910年に水頭症の子供に対して行なわれました。日本で本格的に研究が始まったのが1990年代で、内視鏡の画像精度の向上や機器の改良が行なわれ、徐々に普及していったのです。現在は水頭症や脳腫瘍、先天奇形などの疾患に対し、顕微鏡手術に匹敵か、それ以上のレベルでの手術が行なわれています」

 脳の疾患における神経内視鏡手術は、内視鏡内に手術器具を挿入して行なう内視鏡単独手術、内視鏡で疾患を見ながら内視鏡の外から入れた器具で行なう内視鏡下手術、顕微鏡と内視鏡を併用しながら行なう内視鏡支援手術があり、疾患などに応じて使い分けている。

 神経内視鏡手術の導入で、時間の短縮も可能になっている。例えば、脳腫瘍があり、脳脊髄液が滞留し、水頭症を併発している症例では、従来は全身麻酔で水頭症の治療を行なった上で再度、全身麻酔で脳腫瘍の手術を行なわなければならなかった。手術時間も合計8〜10時間と長く、患者にとっては負担だった。

 それに比べ神経内視鏡手術では、内視鏡で水頭症手術を実施し、続けて内視鏡下で腫瘍摘出を行なうことができるため、全身麻酔は1回で済み、所要時間も合計約3〜4時間と大幅に短縮される。

 また、脳の底にある腫瘍に対しては、頭に孔を開けるのではなく、鼻や口からアプローチして内視鏡を挿入するといった発想の転換で、より低侵襲な手術を行なうことが可能となった。

「脳の底の腫瘍に対する顕微鏡手術だと、トンネルの入口から覗き、トンネルの出口の向こう側を治療するようなもので、重要な血管や神経が死角で見えないなどの問題もあります。そのため特殊なナビゲーションシステム等を用いながら、周囲の血管や神経の存在を確認しつつ手術を行なっていました。神経内視鏡手術は、トンネルの出口にあたる患部近くまでカメラが入るので、見えなかった大切な血管や神経を確認しながらの手術ができます」(喜多村教授)

 昨年、脳出血に対する神経内視鏡手術が保険承認された。他にも脊髄の疾患に関しても内視鏡による治療を行なうなど、疾患の対象がいよいよ広がっている。

 神経内視鏡手術は、学会が指定する2日間の研修を受けた脳外科医を専門医として認定している。全国で約750人が専門医の認定を受けている。今後、より高度な専門性と上級技術認定として、2018年度までにエキスパート認定制度が設立される予定だ。

●取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2017年3月17日号