《女のパンツは心のプロテクター》――小泉今日子(51才)は、2009年「戦う女パンツ編」の中にそう書いた。パンツ→パンティー→黒いレース→四角いパンツ→Tバック…と年齢とともに変化するパンツと女心の機微を綴ったが、それはブラジャーにもいえること。

 スポーツブラを卒業した20代はリボンや小花などワンポイントがついたかわいいもの、TPOに合わせて着けるものを毎日変える30代になると、これでもかとレースが施されたインポートもののブラジャーの存在を知る。40〜50代になってくると華やかな装飾だけでは通用しなくなり、体形がキープできる機能面を重視しなくてはいけなくなる。

 そんなブラの境界線をひょいと飛び越えるのが『ユニクロ』の『ブラトップ』である。キャミソールとの一体化、SMLのサイズ展開で締めつけ感が全くないことによるストレスのなさ、おまけにおっぱいの大きさなど気にせず「ありのままの胸でいい」と謳ったブラトップは、どの年代にとっても「待ってました!」の商品だった。

 しかしブラトップがもつ長所は、一方で女性に罪悪感をぐさぐさと植えつけた。東京都在住の主婦・松田亜美さん(仮名・54才)が話す。

「一緒に同年代の友達4人と温泉旅行に行ったときのこと、脱衣所でぎょっとしました。だって全員ブラトップを着けていたから。前は『いかに凝った高そうなブラジャーを着けているか』でマウンティングさえしていたのに、と思うにつけなぁ〜んか後ろめたい気持ちになりました」

 胸の奥底で『このままじゃいかん』と思ってはいたものの、やめられない『ブラトップ』。そこに登場したのが「ノンワイヤーブラ」だ。ワイヤー独特のしめつけがなく、金属ではない独自の技術できれいな胸の形が維持できるという魔法のようなアイテムに女性たちは飛びついた。

 昨年末から各下着メーカーが徐々に発売したにもかかわらず、20代〜70代300人に聞いた本誌のアンケートでも、ワイヤーありブラジャー65.6%に次ぐ、55%もの人がノンワイヤーブラを使用していた。

 ワコールの『SUHADA』やトリンプの『ワンダーメイク』はブラジャー界の“サードウェーブ”と呼ばれているほどだ。ちなみに第1次は1969年にブラが今の原型として登場した時。第2次はバブル期の“盛り”ブーム。

 とはいえ、女心は複雑。ここ最近毎日ノンワイヤー派だったと話す岸あかねさん(主婦・48才)がタメ息をつく。

「この前第2子を産んだばかりのママ友のノースリーブの脇からブラひもが見えたんです。きれいなパステル系のブルーに、赤い花があしらわれていて、それがセクシーなブラだってことは、ブラひもだけでもわかりました。

 正直、女として打ちのめされました。私はパートとか家のことを理由についつい楽な方に流されますが、彼女は手のかかる子供が2人もいて、家事もちゃんとやってて、すごく大変ですよね。それなのにちゃんとしたブラをしてるんですからスゴい…」

 昨年の5月、松田聖子(55才)が出演したトリンプのCMのあまりの美しさはニュースになった。40・50代向けの『FLORALE by Triumph』は、しっかりとワイヤーが入り、きらびやかな装飾が施された艶やかなブラジャーだったが、目を奪われた人も多いだろう。

『10歳若返るインナーの魔法!』の著書があるインナーウェアコンサルタントのおぬまともこさんはこう話す。

「楽なブラジャーもいいですが、ワイヤーなどの補正機能があるブラジャーはやっぱりメリハリがついてラインがきれい。緊張感を出したい日はしっかりとしたブラジャーを着けた方が背筋も伸びて、若々しくスタイルアップして見えます。きっとチャンスもめぐってきますよ」

 ブラジャーで楽するも、気を引き締めるもあなたしだい。さて今日はどんなブラジャーで出かけますか?

※女性セブン2017年6月22日号