【今回紹介する書籍】『思考の整理学』/外山滋比古・著/ちくま文庫/本体520円+税

【著者プロフィール】外山滋比古(とやま・しげひこ)1923年愛知県生まれ。お茶の水女子大学名誉教授。英文学者、評論家、エッセイスト。『知的な老い方』(だいわ文庫)、『新聞大学』(扶桑社)、『乱読のセレンディピティ』(扶桑社文庫)など著書多数。

 近年、東大・京大で最も読まれている文庫本が、思考の方法について綴ったエッセー、外山滋比古著『思考の整理学』(ちくま文庫)。1983年に刊行されて以来売れ続け、昨年累計200万部を突破した、大学生やビジネスマンのバイブル的な本である。

 一方、今春刊行され、同じく今東大・京大で最も売れている単行本が、千葉雅也著『勉強の哲学来たるべきバカのために』(文藝春秋)。〈勉強とは、自己破壊である〉に始まり、勉強の本質を原理的に深く考察し、その実践手法まで紹介した本だ。

 気鋭の哲学者はロングセラーのバイブルをどう読むか。また、?知的武装術?の本や歴史本のブームをどう見るか。

(インタビュー・文 鈴木洋史)

──『思考の整理学』を読んだ感想はいかがですか。

千葉:学部生の頃か院生になったばかりの頃に初めて読み、その後も手に取ったことがありますが、当時は今ひとつ内容に実感が湧きませんでした。若い自分はシャープに、図式的に方法論を示してほしいのに、これは達人の大家が方法ならざる方法を書いた、和風というか東洋的というか、フワッとしたエッセーですから。しかし、今読むと言いたいことがわかるし、味わい深い本だと思います。

──そのように変わった理由は?

千葉:外山さんが示す方法論的核心のひとつは、常に能動的に思考し続けるのではなく、ときには思考を「放っておく」「寝かせておく」「忘れる」ことが大切だ、そうすると何かが発酵するように新しい考えやブレークスルーするアイデアが浮かぶ、ということです。

 若いとその感覚がわからないし、「放っておく」のが怖いので、早く結論を出そうと焦るのですが、苦しみながら多くの文章を書くことを経験すると、実際に時間が解決することがあるんですね。

 僕も、思考が意のままにならないこと、そして無意識の作用で思考が出来上がってくることのリアリティを、30代後半になって感じるようになりました。今はよく「考えを冷蔵庫に寝かせる」とか「考えをマリネする」という言い方をします。そうすると、翌日の朝、考えが出来上がっていたりする。

 本の帯に〈“もっと若い時に読んでいれば……”そう思わずにはいられませんでした。〉と宣伝文句が書いてありますけれど、実践経験の乏しい若いときにはこの本はわからないと思いますよ。

──30年以上前に書かれたこの本と、千葉さんの本との間に意外な共通点もあるのでは? たとえば本書は知識を捨てることで思考を活性化させることの大切さを語り、千葉さんの本では「勉強の有限化」の必要性を言っています。

千葉:ネットのある今の時代はただでさえ情報過剰になりがちで、立ち止まり、何かに焦点を絞り、じっくりと考えることが難しい。そのためなおさら意識的に、範囲を区切って考えることが必要なのです。

 他にも、外山さんはセレンディピティ(何かを探しているとき、思いがけず他のものを発見すること)の大切さを言っていますが、僕の本でも似たようなことを書いています。三日坊主的に複数の関心分野を行ったり来たり横断的に勉強するうちに、違う分野の知識がシナジーを起こし、自分なりの教養が形成される、というのがそれですね。そのためのEvernote(メモを作成し、管理するアプリ)などの使い方も紹介しています。

──その方法論が本書にはないモダンなところですね。

千葉:いや、外山さんが披露している手帖とノートの使い方を見ると、本質的には今の時代のやり方と変わりません。外山さんは常に手帖を持ち歩き、何かを思いついたら、すぐにその場で書き留め、番号と日付を入れておくと言っていますが、それはメモ代わりの「ひとりツイッター」でしょう。そして、その中から脈のありそうなものは後日、別のノートに書き写し、さらにその中で発展しそうなものを別のノートに移して詳しく書いていく。

 今はアプリを使ってクラウド上でやっているようなことを、外山さんはアナログ的にやっていたわけです。外山さんの本の前に出版され、ベストセラーになった梅棹忠夫さんの『知的生産の技術』(岩波新書、1969年刊)でもカードの使い方やスクラップの方法が提唱されていますが、それなども同じです。

 外山さんや梅棹さんの本を現代的に解釈して読むと面白いし、今の時代に役立つ発見が多いのです。

──ベストセラーになっている“知的な武装術”の本はこれまでに何冊もありますが、千葉さんが今回の本を書いた理由は何ですか。

千葉:自分は今まで理論的なことを書いてきたので、今度はいかに生きるかの実践哲学を書こうと思っていました。特に今の日本は同調圧力が強いので、それに巻き込まれず、いかに創造的に生きるか。その方法を提示したかったんですね。一般の自己啓発本は世の中に適応するためのノウハウを提供しますが、僕の本は世の中に反抗しよう、周りのノリに合わせないようにしようと提唱する「不良の哲学」です。

──今、歴史本もブームですね。

千葉:本来、歴史記述では、仮説形成と検証を続けなければなりません。しかし、今一般の人が歴史本を求めるのは、単に本当はどうだったのかを知りたいということでしょう。それは、世の中が不安で、日本や世界はこうなっているんだと、わかったつもりになって安心したい欲求が強いからではないでしょうか。だとしたら、いかがなものかと思いますよ。

 自分はなぜ、今、ここにいるのか。これは人間が抱える根本的不安で、どこまでいっても解決しません。その解決不能状態に耐えて、仮説を吟味し続けることが大事なのですが、今の日本人はそうした知性の強靱さを欠いているような気がしますね。

【PROFILE】ちば・まさや/1978年栃木県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。立命館大学大学院先端総合学術研究科准教授。本文紹介以外の著書に『動きすぎてはいけない──ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』、『別のしかたで──ツイッター哲学』(ともに河出書房新社)。

※SAPIO2017年8月号