近年、高齢者に「出会いの場」を提供する業者が急増している。本誌記者が潜入したのは“業界最高齢”となる68歳以上限定のイベント。

 真夏日を記録した7月のある平日の昼下がり。大阪・梅田のオフィスビルの一室に白髪交じりの男女19人が集まっていた。今回は「68歳以上の男性」が参加資格の出会いパーティーだ(女性は年齢制限なし)。

 主催するのは、50歳以上の独身者を対象とした会員制クラブ『森羅倶楽部』だ。このクラブは様々な出会いの場をシニアに提供しているが、「68歳以上限定」は前例がなく、“業界最高齢”だという。パーティーの開始直前、『森羅倶楽部』代表の阪本英嗣氏はこう説明した。

「4月に初めて68歳以上限定のパーティーを初開催したところ、男女合わせて26人の参加がありました。各年代のイベントで男女各10人程度を定員としていますが、すぐに埋まってしまう。独身の方々に人生の終幕を幸せに過ごしていただくことがコンセプトです」

 参加者は3万円からの入会費を払った会員が中心だが、参加料3500円を払えば非会員も参加できる。

 この日は最高齢80歳の参加者を含む男性9人と、57〜70歳の女性10人が参加。開始前の参加者からは、独特の緊張感が漂う。女優の萬田久子を思わせるスレンダーな60代女性は参加動機をこう語った。

「熟年離婚してから6年になりますが、一人暮らしだと気持ちの落ち込みも激しい。そんなときに一緒にいてくれるパートナーがいるかどうかは、老後が寂しく枯れたものになるか、幸せで豊かなものになるかの分岐点だと考えるようになったんです。爽やかで楽しい男性が希望ですね」

 次に話を聞いたのは、水沢アキ似の華やかな雰囲気を持つ60代女性だ。

「夫と離婚して24年。憧れだった田舎での一人暮らしは気楽ですが、周囲に知り合いもいなくて寂しくなって……。真剣に交際相手を探しています。こうした会には何度か参加していますが、“最初の一瞬”が大切ですね。人間性を見る前に、口臭や加齢臭がしちゃうとガッカリ。“次はないな”と思っちゃう(苦笑)」

「見た目」や「臭い」など、第一印象を大切にする女性参加者が多いようだ。女性たちは自らの服装にも細やかに気を配っていた。白いブラウスに細身のスラックスを合わせるなど、清潔感を感じさせる着こなしが中心だ。

 一方、男性陣のファッションは人それぞれ。Tシャツやポロシャツというラフな装いが多いが、ジャケットを羽織っていたり、ハンチング帽やサングラスでキメている洒落者も。とはいえ若作りをしている人は少なく、「年相応」という印象だ。

 プロフィールカードに、趣味、職業、好きな本・音楽、休日の過ごし方などを記入した後、自己紹介タイムへ。男女が隣り合って座り、2人きりで会話する時間が4分ずつ設けられる。

 最初は緊張からか、「お住まいはどちら?」「こうしたパーティーは初めて?」と他人行儀に話す参加者が多かったが、2人目、3人目と話すうちに“男女の話”になっていく。

 女性陣の関心が高いのは、「前妻との別れ方」だ。「奥さんとはどういう形で別れたんですか? 離婚? 死別?」と、直截的な質問が飛ぶ。ある男性が、「性格が合わずに離婚しちゃって……」と答えると、女性は「私も。死別は亡くなった相手に愛情が残るっていうけど、離婚は大丈夫っていいますからね」と相槌を打った。別れ方に性格や考え方が滲み出ると考えている女性は多いようだ。

「相手が再婚を求めているかどうか」は男女共通の関心事だ。70代男性が言う。

「再婚となれば、『相手の家族からどう思われるか』が大きな問題になる。私は再婚希望ですが、この会への参加は子供に告げていませんし、一緒に老後を過ごしたい女性と出会うまでは言う必要もないと思っています。意中の女性がいても、再婚の希望を伝えると『家族に白い目で見られたくない』と断わられることもある。なかなかうまくいきませんね」

 再婚を望む参加者は、「お子さんはいらっしゃる?」「再婚についてご家族はどう考えていますか?」と繰り返し質問していた。

 一方、資産や貯蓄など「カネの話」や、健康状態に関する話題はほとんど聞こえてこない。「老老介護とか色々聞きたいことはあるんですが……。初対面でそこまで話すと暗くなってしまう。まずは楽しい時間を過ごしたい」(前出・萬田久子似の60代女性)

「この歳になって、相手の細かいことを根掘り葉掘りして“小さい男”と思われたくない」(70代男性)などというのが本音のようだ。

 自己紹介の回数を重ねるにつれ、パーティーは熱を帯びてきた。4分間の終了を伝えるベルが鳴っても席を移動しない参加者も現われ、司会者が急かす場面もあった。

 パーティーの途中で、司会者が「暑いですか?」と聞いた時のこと。すかさずひとりの男性が、「暑い、暑い。今日は美人ばかりだから特にね」とジョークを飛ばすと、女性陣から「お上手!」と合いの手が入り、ドッと笑いが起きた。そうした軽妙な会話術やユーモアも当然ポイントとなってくる。

 また遅刻していたある男性参加者が遅れて到着した時の様子も興味深いものだった。彼が長身のロマンスグレイだったためか、女性陣が一瞬ザワついたのである。やはり何歳になっても「見た目」はアドバンテージであると実感せざるを得なかった。

◆70にしてファッションを変えた

 そしてパーティーはいよいよ佳境へ。1対1の自己紹介を終えると、司会者に「好印象シート」を提出。特に好印象を持った異性2名以上記入する。主催者側から参加者それぞれに「自分に好評価をつけてくれた異性」がこっそり教えられ、「脈アリ」の異性が誰か分かる仕組みになっている。

 さらにお茶を飲みながらのフリートーク、1人1人がパーティーの感想を述べる時間へと続く。全てのスケジュールが終了すると、アンケート用紙に「最終候補」を3名まで選んで記入する。

 この結果、最終的に男女の「最終候補」がマッチングすれば、後日主催者から連絡が入り、1対1で会う機会が設けられる。これはトラブルを避けるための配慮だという。

「当日はマッチング発表だけでなく、個人的な連絡先交換も禁止しています。会の終了後もまず女性の方に先に帰っていただき、10分後に男性の方に帰っていただくようにしている。会場外での“出待ち”行為や、即日連絡を入れることなどによるトラブルを防止するためです」(阪本氏)

※週刊ポスト2017年8月4日号